サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【サカつく2013】 中盤攻略(6年目~)

サカつく2013を時間の合間にコツコツやっています。

J1をなかなか制することができませんでしたが、やっと7年目で優勝。
今作は優勝までは結構苦労しますが、これ以降、前作のような極端な補正はないようですね。
確かに独走に近いチームは出てきますが、こちらも同じように力通り勝ち続けることができるため、理不尽な印象はありません。

WCCはなかなか決勝の壁を超えることができませんでしたが、11年目にして優勝。
前作と同様に、ここでエストデーラが出てきてWPS(ワールドプレミアシップ)への誘いが。
これ以降、JリーグカップやACLがなくなりWPSへ移行します。

まだここまでしか進んでいませんが、中盤の攻略、ポイントをいくつか挙げておきます。
コンプリートガイドも出たので、今更ですが・・・。

◎チーム強化
 ◆選手獲得
 序盤では未所属選手や他のJリーグチームの若手を揃えて行きましたが、中盤からは多少様相が変わってきます。
主にスカウトの若手発掘若い年齢で転生した有力Jリーガーの獲得がメインになってくるでしょうか。

私の場合、前者ではGK 三神尚紀、OMF 平塚浪馬、OMF ラゴス武威などを獲得。
後者ではCDF 中澤佑二、CDF 山田暢久、DMF 小笠原満男、DMF 中田浩二、DMF 橋本英郎、OMF 遠藤保仁、SMF 三都主アレサンドロ、FW 三浦知良、FW 柳沢敦など。

山田、橋本両選手あたりは多少能力が落ちるところもありますが、やはり様々なポジションをできるユーティリティ性が良いですね。
代表選出やターンオーバーをするときに非常に便利です。

もちろん、上記のほか序盤同様に未所属選手にもゲームオリジナルの有力選手が出てきますので、そちらからも補強可能です。

ここから先、さらに補強するためには、海外に目を向けて「世界屈指~」レベル以上の外国人選手を狙っていくことになりますね。

 ◆選手育成
 序盤は資金がなく、秘蔵っ子育成枠も一つしかないためなかなか覚醒練習もできませんでしたが、中盤を過ぎるとようやく都度都度覚醒練習ができるように。
セラピストLv5で2人同時、ディレクトールLv7で3人同時に秘蔵っ子育成ができるようになりますので、早めに到達しておきたいですね。

今作では覚醒練習の上限があり、大体5回くらい?が限度のようです。
プレイスタイルをLV2まで上げると、覚醒練習の内容も上位プレイスタイルに合ったものを選択できるようになりますね。

覚醒練習と期限付き移籍を組み合わせて能力を発揮させるようにすると、順調にバランスよく成長できるようです。

ところで、若手発掘で獲得した選手は16歳でユースに加入することになります。
前作ではそのまますぐにトップチームに上げた方が良かったかもしれませんが、今作では覚醒練習にかなりの期間と費用を掛けてしまうだけに、自動的に覚醒ポイントが少しずつ貯まり覚醒してくれるユースに置いておく方がよさそうですね。
そこに後継者育成を上手く組み合わせて育成すると良さそうです。

◎クラブ経営
 中盤になると、クラブ経営にもかなり余裕が出てきます。
今作もクラブハウスよりスタジアムの方を優先的にレベルアップしておくと、経営面では早くラクになっていきますね。

何よりも、サポーター数を増やし、ホーム戦での観客動員数を上げていくことが肝要です。
満足度系プロモーションを毎試合行い、サポーター数を増やしていく必要がありますね。
また、交通機関系の施設はサポーター上限に関わってきます。
放っておくと一定数でサポーター数が頭打ちになりますので注意です。

大型サッカースタジアムをMAXまで改築すると85,000人収容となりますが、ここあたりまで来ると、1試合あたりの収入は約5億にも。
クラブ経営にも余裕と幅が出てきますね。


中盤を過ぎると、チームは6角形グラフでもかなりの大きさになってきます。
WPSでの頂点も見えてくるところでしょうか。

ここから先はWPS制覇後にさらなる最強チーム構築を目指すか、欧州のリーグに移籍して片っ端からリーグ制覇を狙っていくかどうかですね。
すべてを制するには今作も相当に長い道のりになりそうです(笑)。

ところで、先日ゲームの最新アップデートが出ています。
これにより、今作の一番の不満点として出ていたローディングの遅さが大きく改善されています。

ゲームを快適に進めるためには必須のアップデートですので、もしまだされていない方は是非忘れずに行って下さい。
(ネットワークに接続していれば自動でアップデートされますので忘れないと思いますが)


←序盤攻略
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/02/09(月) 14:05 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング