FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J2 第8節】 大苦戦のセレッソ、終盤の猛攻で何とか勝ち点1。 【セレッソ大阪VSキラヴァンツ北九州】

C大阪 1―1 北九州
 [得点] C大阪:ソウザ 北九州:原


前節、昇格のライバルとも言える清水をアウェーで破ったセレッソ。
スコア上は2-0と完勝でしたね。
内容は最高とは言えませんでしたが、きちんと我慢するところは我慢し、ようやくリカルドサントスにゴールが生まれたことは良かったですね。

しかし、過去からセレッソはこういった次の試合を簡単に落としてしまうことがあります(笑)。
ホームで不調の北九州とはいえ、きちんと気持ちを入れ直して勝ちを重ねることができるでしょうか。
開幕からここまで、成績の残っていない水戸、金沢といった相手にむしろ苦戦しているだけに、油断はできないですね。

スタメンは前節と同様。
天候は嵐の後の晴天でかなり暑そうでしたが、試合に影響があるか注目でした。

■北九州の一発に苦しんだセレッソ、終盤の猛攻で何とか勝ち点1を拾う。

試合開始から、北九州の積極的な守備が目立ちます。
セレッソはパスを上手くつなげず、逆にカットされてからシュートまで持ち込まれるシーンもありました。
序盤は完全に北九州のペースになってしまいましたね。

ようやくセレッソがボールを持ったり、カウンターに入れるようになったのは前半15分過ぎくらいからでしょうか。
それでも、決定的なシーンはあまりできませんでしたね。
リカルドサントスは前節のゴールで少し期待しましたが、やっぱり少し動きが鈍いですかね・・・。

北九州の前からのプレスはなくなったものの、セレッソの攻撃の精度は上がりません。
特に、今日は左サイドの丸橋の上がりがほとんどなく、あるいは上手く使わずに攻撃が手詰まりになるシーンが多かったですね。
リカルドサントスの中でのポストも全くないため、相手のブロックの周りをボールが回るばかりでした。

そして前半終了間際に悪い流れの結果が出てしまいましたね。
ゴール前での北九州のFK。
原の見事なFKがニアサイドを抜き、北九州が先制・・・。
昨シーズンからの課題をクリアできていない印象ですね。
正直、プレーそのものの強度もこの試合ははっきり言って足りていない印象がありました。

前半は0-1で終了。
見ていて情けないとも言えるような試合でしたが、後半に入って修正がされないと、ずるずるいってしまいそうな展開でしたね。

後半、セレッソはメンバー交代なく試合に入ります。
リカルドサントスは替えても良いのではと思いましたが、田代がケガというのは痛いですね・・・。

後半に入ってもセレッソはあまりリズムを変えられません。
北九州も明らかにカウンターを狙っており、スペースがあるなかで守備に回るシーンがセレッソにも出ていました。
何度も繰り返されるとどこかで綻ぶ可能性があり、早く同点弾が欲しいところでした。

そして早々にセレッソは選手交代。
ブルーノメネゲウを下げて関口を投入します。

この交代から、少し攻撃には動きが出てきましたね。
関口が3人目の動きをしてくれたり、ドリブルで運んだりと交代の効果は出ていました。

サイドからのクロスにリカルドサントスが何度か飛び込んだり、チャンスはいくつかありますが、得点が決まりません・・・。
セカンドボールを拾えるようになってきただけに、1点取れれば変わってくる展開だと思えたのですが。

さらに得点を奪うために山村に替えて玉田を投入。
昨シーズンの得点源がここで仕事をしてくれるでしょうか。

その後もほぼ一方的に攻めるセレッソですが、今日は本当にゴールが遠い。
リカルドサントスが一番チャンスが多かったですかね。
相手GKの攻守もあってゴールを割れない時間帯が続きます。

それでも、攻めに攻め続けたセレッソが遂に同点ゴールを生み出します!
押し込み続けてサイドからクロスを上げる展開が続く中、右サイドでボールを持った関口。
フェイントから相手を外し、左足でゴールに向かうクロス。
このボールがファーまで抜け、そこで待っていたのはソウザ!
落ち着いて右足で押し込み、アディショナルタイムに入ってすぐの時間帯にようやく追いつきます。

この後も4分のアディショナルタイムの中で逆転を狙うセレッソですが、北九州も何とか体を張り続け、結局ドロー決着。
セレッソは痛い引き分けではありますが、昨シーズンを思えば、最後追いついて試合を終えたことはマイナスではないでしょう。

この試合を反省し、次にきちんとつなげてほしいですね。

■今シーズン好調の山下、持ち味を発揮。

今日は下位のチーム相手でしたが、やはりこういった試合の方が苦しむんですよね(笑)。
全体的にチームも重い印象を受けました。

個人に目を向けると、今日は柿谷、杉本はイマイチだった印象ですね・・・。
柿谷はもっと得点を狙ってほしいのですが、組み立てのところに関わりすぎな気もしないではありません。
相当気を使う選手ではありますが、点を狙うことがよりチームに貢献するということもあるでしょう。
リカルドサントスをフィニッシャーにするよりも(笑)。

守備では、山下の調子が今シーズンは良いですね。
昨シーズンは中心選手として出場していたものの、過去に見せていたような良さは正直出ておらず、不安定な印象でした。
それに比べ、今シーズンはハードに当たるところ、持ち味のスピードを活かしたボール奪取、カバーリング能力が良く発揮されていると思います。

今日の試合は北九州の気持ちに押されてしまった印象も残してしまったセレッソ。
もう一度自分たちのプレーを見つめ直して、次の好調札幌とのアウェー戦に向けて気持ちを持っていってほしいですね。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング