FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J2 第9節】 入り方を間違えた後半、選手を固定するチームに疲れが出てきたか。 【セレッソ大阪VSコンサドーレ札幌】

C大阪 0―1 札幌
 [得点] 札幌:稲本


前節、下位に沈む北九州を相手に大苦戦し、何とか勝ち点1を得たセレッソ。
開幕から本当に素晴らしい内容、結果と言える試合はありませんが、しぶとく勝ち点を稼いでいる印象です。
大熊監督のカラーというのか、監督の力で期待以上のものは出ないでしょうが、セレッソに不足していたハードワークをもたらした賜物でしょうか。
さらに上を目指すのは難しいかもしれませんが、J1に復帰することを目標にした場合、昨年の謎監督よりは適任なのでしょう(笑)。

今日は強豪の札幌、アウェーでの一戦ということでこれも苦戦が予想される相手。
ただ、アウェーの方が成績が良いのでどうなることか。

スタメンは前節と同じ。
結果が出ている以上、触らないということでしょうか。
ケガをしていた茂庭がベンチに戻ってきましたね。

■入り方の悪かった後半、稲本にきっちり決められ敗戦。

試合開始直後は比較的静かな入り。
セレッソも長いボールをまず前に放り込むセーフティーな入り方をしていました。

そして良い位置でのFKのチャンスをセレッソが得たのは前半10分過ぎ。
左サイドでブルーノメネゲウが切り込んだところを倒されたことによって得たFKでしたね。
ただ、これをブルーノメネゲウ自身が蹴りますが、ボールは壁に阻まれます。

序盤の試合の流れは完全にセレッソ。
札幌は前にボールが収まらずに攻撃に入れない時間帯でした。

セレッソとしてはカウンターとセットプレーに注意すべき展開。
CKから、相手長身DF増川にヘディングをされる場面もありました。
このとき付いていたのはリカルドサントスでしたが、攻守ともに全く存在感がなかったですね・・・。

試合は徐々に拮抗した流れに変わっていきます。
前からのプレスが緩くなると、楔のパスが入ってくることが多くなり、少し受身になる時間が出ていました。

結局、セレッソも決定機は作れずに前半を終了。
どう考えても、全く出てこないトップを変えた方が良いと思うんですが・・・。

後半、両チームとも選手交代なく試合へ。

セレッソは中盤で悪い形で奪われ、危険なカウンターを受ける時間帯がありましたね。
あまり良い入り方をしたとはいえない後半の入りでした。

札幌もホームの勢いを駆って押し込む時間帯が増えていました。
セレッソはどうも今日は(前節もでしたが)淡泊なプレーが多いですね。
チームとしての勢いも少し落ちてきたかもしれません。

流石に監督も考えたのか、早い段階でリカルドサントスを下げて関口を投入します。
1トップに杉本が入りましたね。

さらに攻勢を強めたいセレッソはブルーノメネゲウに替わって玉田が入ります。
あまりボールが収まらなくなっていた攻撃を活性化できるでしょうか。

攻撃の形ができず、カウンターを受け続けていたセレッソでしたが、遂にそれが失点という形になってしまいました・・・。
中盤で中途半端なパスミスからボールを奪われると、一気に札幌のカウンター。
最後は後ろから飛び出してきた稲本に上手くシュートを左隅に収められ、失点。
これは稲本のフィニッシュも褒めなければいけないというシーンでしたが、その前の取られ方がまずかったですね。
同じようなシーンが後半にいくつも出ていただけに、失点してもしょうがない流れになってしまっていました。

その後の時間帯はパワープレーに移行したセレッソでしたが、正直可能性はあまり感じませんでしたね。
玉田、関口を入れているわけですから、もう少し地上戦で戦った方が良かったのでは、と思いました。
特に柿谷がボランチのような位置でプレーしていましたが、これでは全く良さの出ない役割でした。

結局、試合は0-1のまま終了。
敗戦も止むなしの内容も良くない中、開幕からの無敗は終了。
順位も2位に転落となってしまいました。

■低すぎる柿谷のポジションは要改善。

今日はチャンスらしいチャンスというか、決定機のほとんどない試合でしたね。
ここ最近の試合と同じく、柿谷がゴール前に入ってこないため、攻撃に怖さが全然出ていません。
トップは玉田の方が柿谷がもう少し自由になる気がしますが・・・。
もしくは柿谷をトップにして得点を取ることに専念させるべきではないかと思います。

失点こそ少ないものの、それほど強固とも言えない守備がここ最近失点する場面も出てきました。
それ以上に攻撃のクオリティの方が気になりますね。

正直、攻撃の選手もハードワークして守備に帰る分、攻撃のときにパワー切れになっているようにも見えます。
このあたりはチームの安定とのバランスを考えると難しいところです。
その点も考えれば、新加入選手を固定して使ってきた選手起用をそろそろ考えるべきではないでしょうか。

リカルドサントスはそろそろ厳しいかもしれません。
ただ、そこに入るべき田代がケガなのが何とも痛いですね。
監督は高さを重視しているのかもしれませんが、玉田の方が攻撃の幅は付く上、何よりも柿谷の負担が減る気はします。
一度考えても良いのでは、と思います。

これで開幕からの無敗は止まりました。
いつかは止まるものですから、ここで意気消沈する必要はありません。

ただ、セレッソはメンタル面で今までも課題を抱えてきたチーム。
同じメンバーでずっとやり続け過ぎると、コンディション面でも苦しくなってくるでしょう。
今は試合に出ていないメンバーも上手く調子の良い選手を使いながら、これから暑くなる苦しいシーズンを戦ってほしいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。