FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J2 第13節】 昨年を彷彿とさせる、惨敗。 【セレッソ大阪VSレノファ山口】

C大阪 2―4 山口
 [得点] C大阪:ブルーノメネゲウ、柿谷 山口:鳥養2、小池2


ここ最近、調子がなかなか上向かないセレッソ。
開幕して10試合を過ぎても特に攻撃が噛み合わないですね。

今日はホームに戻って好調の山口と対戦。
昨年の金沢、今年も開幕の町田と昇格組に対しては苦戦するセレッソですから、今日も厳しい試合を覚悟でしたね。

スタメンは事前の報道通り、少しいじってきました。
山村、丸橋に替えて橋本、椋原をスタメンにしてきましたね。
丸橋を変えたのは理解できますが、橋本は好調なのでしょうか?
どういった意図があるのか、注目でしたね。
それよりも前線を変えたら、とサポーターは思っていたかもしれませんが(笑)。

■逆転までは良かったものの、自ら流れを変えてしまい自滅。

試合はキックオフからいきなり山口がショートパスを繋ぎ、軽々とシュートを打たれる場面も。
いつものことですが、軽い入りは要注意ですね。

しばらくは一進一退の展開でしたが、あっさりと失点したのはセレッソ・・・。
中盤でパスを繋ぐ山口に対してプレスが後手になると、前に意識が向いたセレッソの裏にスルーパス。
椋原が完全に裏を取られ、GKと1対1となった小池に簡単に決められて失点。
椋原の起用はどちらかというとプラスに考えていたのですが、ここは周りのカバーリングも含めてまずい守備でした。

先制されたセレッソはロングボールから攻めるシーンが目立ちました。
高いラインの山口DFを破るシーンも多いですが、決定力不足は相変わらず。

それでも、セレッソは早い時間帯に追いつくことに成功します。
左サイドでブルーノメネゲウが前を向きドリブル開始。
相手を数人引き連れて中央に侵入し、そこから右サイドへ展開。
松田がGKとDFの間に速いクロスを入れます。

このボールはGKのパンチングに弾かれますが、そのボールをブルーノメネゲウがダイレクトボレーで叩き込みます!
早い時間帯で追いつく、貴重なゴールでした。

この得点から、セレッソにもリズムが。
すると、すぐに追加点が生まれます。

右サイドから杉本が柿谷に楔のボールを入れ、そのボールを落としますが、杉本は相手DFと競り合いながらボールを前へ。
そのボールに上手く柿谷が抜け出し、GKと1対1に。
相手GKが飛び出すところ、落ち着いて股を抜くシュートでゴールをきっちりと陥れます!
エースの得意な形でのゴールでセレッソが早い時間帯で逆転に成功しました。

この後は少しセレッソもペースを落とそうとしていたかもしれませんね。
山口の攻撃も序盤ほど勢いのあるものではなく、前半を終了。
セレッソはまずい入り方をしましたが、前に出る山口のDFラインの裏を上手く突いて逆転に成功した前半でしたね。

後半、両チームとも交代なく試合に入ります。

展開としては前半の延長のような流れ。
山口はきちんと繋いで攻撃を組み立て、セレッソは相手の裏を徹底して狙う展開。
早めに追加点が入れば、試合は楽になると思うのですが・・・。

後半20分には、椋原を下げて茂庭を投入。
田中をサイドバックに出したでしょうか。
それにしても、大熊監督はガチガチの采配ですね(笑)。

すると、その直後にセレッソは失点・・・。
こういう交代の後に、失点というのはあるんですよね・・・。
右サイドからの鋭いシュート気味のボールに、中央でピンポイントでヘディングを合わせられてキムジンヒョンもなす術無し。
勝っているときに動いたのが果たして良かったのか。
采配が少し疑問でもありました。

このあたりからセレッソは足が止まり、最悪の展開。
中盤を良いようにボールを繋がれ、ペナルティエリアの中まで簡単に運ばれ、最後はまた鳥養にきっちりとゴールを決められます・・・。
あまりにも見ていて情けないですね。
いつも昇格組に良いようにやられている姿を見るのは・・・。
山口の方が圧倒的に見ていて気持ちいいですね、思い切りよく自分たちのサッカーをしていて。

たまらずセレッソは杉本を下げて玉田を投入。
ただ、なぜリカルドサントスを下げないのか・・・。
チャンスをことごとく潰しているのですが・・・。

そしてジエンドとなる4失点目。
点を取ろうと押し込むセレッソをあざ笑うかのように、奪ったボールを素晴らしい連動で少ない人数のカウンター。
ボールに寄せると3人目の動きで飛び出す選手にきっちりと繋がれ、決められてしまいます。
これは去年の崩れていったセレッソをまた見るような状態・・・。

その後も山口にカウンターで決定機を作られ続け、失点しなかったのがラッキーといった状況。
試合は4-2での逆転負けと、最悪の一戦になってしまいました。

■昨年と同じように、ここからずるずると落ちてしまうのか。

今日は厳しい試合になることは覚悟していましたが、正直自滅してしまったのが悔やまれるところ。
セットプレーの連続で押し込まれていた時間帯に、椋原を下げて茂庭を投入し、守備にスキが生まれてしまったのでは。
点を取る必要が出てきたときに、球出しができないセンターバックに替わってしまっているとは滑稽な話です。

その後の交代も理解できません。
なぜリカルドサントスをフル出場させるのか。
今日もゴール前で何もできないところを見せてしまいましたね。
相手はむしろ後ろから飛び出す柿谷だけをケアしているのではないでしょうか?

田代がケガなのは本当に痛いですね。
京都戦に敗れてすぐに戻してしまいましたが、杉本1トップという選択肢もあるのでは。
そして多くのサポーターが考えているであろう、柿谷を前に出して玉田を使うという選択肢を考えられないでしょうか。

いい加減、リカルドサントスをあきらめないと、厳しいのでは。
もう13試合も我慢して使っているわけですから、そろそろ考えないと。
まるで去年のエジミウソンを見ているようですよ(笑)。

ホームでこんな無様な試合を見せられたサポーターからすれば、試合後のブーイングもおとなしすぎると感じるくらいです。
何回下から上がってきたチームに気持ちよく試合をやらせているのか。
チームに哲学がなく、個人頼りのサッカーをしている証拠でしょう。

毎度毎度、監督に苦しんでいるセレッソですが、どこかでそこにお金を掛けないと・・・。
まあ、昨年、その前もお金はそれなりにかけていたのでしょうが(笑)。

昨年の悪夢を思い起こさせる、今日の惨敗でしたね。
下手をすると、このままずるずるといってしまいそうです。
コメント
No title
レノファにクルピ時代のセレッソを垣間見ました。。。
2016/05/16(月) 03:53 | URL | Anthony #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。