FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J2 第15節】 久々のセレッソらしい攻撃、貴重な勝利。 【セレッソ大阪VSファジアーノ岡山】

C大阪 2―1 岡山
 [得点] C大阪:清原、山村 岡山:豊川


ここ最近ほとんど勝てなくなったセレッソ。
試合内容も目を覆いたくなるような低調ぶりです。
開幕からしばらくは個人の力で勝ちを拾ってきたものの、他チームが連携を育み、チームの完成度を高めるにつれ、バラバラなままのセレッソは下降線。
今日は好調の岡山をホームに迎え、苦しい展開が予想されました。

そして遂に、大熊監督も前線のメンバーをいじってきました。
というより、リカルドサントスを外したと言っていいでしょう(笑)。

柿谷が1トップに入る布陣ですが、サポーターが一番気にしているのはそこにパスが入るのかどうか。
初先発となる清原にも期待の掛かる一戦。
玉田は今日もベンチでしたね。
柿谷と玉田を同時に出す選択肢をサポーターは期待しているのでしょうが・・・。

■ケガの功名、急きょ出場した扇原のパスがリズムを作る。

試合開始直後、いきなりセレッソにアクシデント。
ソウザが何もないところで足を痛めてしまい、交代を余儀なくされてしまいます。
投入されたのは扇原。
出場機会に恵まれない扇原ですが、このチャンスを掴めるでしょうか。

しかし、流れの悪いセレッソは与えてはいけない先制点をミスから献上してしまいます。
高い位置からプレスを掛ける岡山に対して、低い位置でアバウトなパスをしてしまい、山下の前でボールを豊川にさらわれてしまいます。
豊川の見事な逆サイドを突いた鋭いシュートが決まり、早々に失点。
悪いときはこんなものですかね・・・。

試合のペースは岡山。
セレッソの攻撃はやはり各駅停車のパスが多く、まだまだ攻撃の形がないですね。
岡山の守備が良いのもあると思いますが・・・。

苦しいセレッソでしたが、徐々に岡山のペースが落ちてくると、少しずつ攻撃の時間が増えてきます。
やはり扇原からは裏を狙うパスや縦パスが入り、攻撃のリズムとしては出てくる印象ですね。

そしてラッキーな形でセレッソは同点に追いつきます。
左サイドからクロスが入ると、ニアの相手DFの頭を越え、ゴール前に落ちるボールになります。
ここにメネゲウ、清原が飛び込むと、ボールは相手DFに当たってゴールへ。
オウンゴールのような気がしますが、清原のゴールに。
チームとしては流れを引き戻せるゴールでしたね。

これで少しセレッソも落ち着くことができたか。
岡山にセカンドボールを拾われることも減っていました。

ただ、決定機を作る場面はあまりできませんでしたね。
岡山の選手を大分動かすことはできていたとは思いますが。
そして時折見せる柿谷得意の裏への飛び出しは相手ディフェンスへのプレッシャーにもなりますね。
リカルドサントスとは全く違うところでしょう。

前半はこのまま1-1で終了。
後半、不用意なミスをせず、しっかりと攻め切ることができるでしょうか。

入りに注意すべき後半。
いきなりCKを与えますが、ここは事なきを得ます。

セレッソも今日の布陣はいつもよりコンビネーションは良いようですね。
日本人選手が多い方がパスはつながっています。
扇原からのパスがかなりアクセントになっていました。
一方で不用意にボールを奪われる場面もあって表裏一体ですが(笑)。

どちらかというとセレッソが攻撃の時間が多いものの、決定機まではなかなかいきませんね。
左サイド丸橋の深い位置からのグラウンダークロスを柿谷が合わせたシーンは惜しかったですが、枠には飛ばず。

そしてようやく生まれた決定機は後半15分過ぎ。
両サイドから扇原、松田と精度の高いクロスが入り、ゴールが生まれてもおかしくないシーンが続きます。
しかし、前者は誰も触れず、後者は絶好機を杉本が外してしまいます。

それでもこの流れの中でようやく得点が生まれます!
中盤でここ最近ないくらいワンタッチでつないだ後、柿谷が後ろ向きの形から右サイド関口への鋭い裏へのパス。
見事なボールに関口が飛び出すと、ボールをキープして後ろの松田へ。
松田が狙いすましたクロスを入れると、そこに飛び込んだのは山村でした!
ヘディングはきっちりゴール左隅を捉え、貴重な逆転ゴールになりましたね。

ここからは岡山も少し運動量を上げて攻撃に出てくるようになります。
セレッソは終盤にかけて守備がルーズになるだけに、裏を狙って追加点が奪えればというところですが・・・。

そのセレッソに今日はケガでのトラブルが多いですね。
後半30分を過ぎたあたり、今度は茂庭がケガにより田中と交代に。
先に清原を下げて関口を投入していたセレッソはこれで3枚のカードを使い切ります。

この時間帯からセレッソはかなり足にきている印象がありました。
岡山も疲れはあるでしょうが、正直セレッソの守備は信用なりません(笑)。

アディショナルタイムも5分あり、最後までハラハラさせましたが・・・。
何とか逃げ切ったセレッソ、久しぶりの勝利。
そして柿谷を1トップにした試合で勝てたことは、もしかすると今後の布陣にも影響を与えるかもしれませんね。

■課題は多いものの、セレッソらしい試合を見れた一戦。

今日はサポーター待望の柿谷1トップの試合でした。
そして、その期待に応えた柿谷らしいプレーも多く出たのではないでしょうか。

さらに、試合開始直後のソウザのケガというアクシデントから出場機会を得た扇原。
どうしても中盤での怖いミスもあるものの、攻撃を考えると間違いなくリズムが出ましたね。
各駅停車ばかりだったパスにサイドチェンジのパスや縦パスが入り、攻撃に面白味が出ていました。
ソウザも悪くはないでしょうが、リズムの面で考えると使いたい選手ですね・・・。
山村と扇原のコンビは将来を考えても使っていきたいですが・・・。

それでも、課題は前半の失点でしょうか。
勝てたから良かったものの、相手のプレスに掛かって雑なプレーからボールを失い、簡単に先制点を与えてしまうのはいけませんね。

しかし、先制された後に逆転できたことは自信にしていきたいですね。
逆転できたことは明らかに攻撃の形を普段以上に作れていたことが要因でしょう。
柿谷の飛び出しを使う、扇原のサイドチェンジのパスからスペースを使うなど、あまりにも単調だった前節までよりは改善されていましたね。
もちろん、この1試合だけで計ることはできませんが、一向に向上しないリカルドサントスを使った布陣よりはよっぽど良いでしょう。
何より、複数人の連携や攻撃にバリエーションと厚みが出そうです。

好調の岡山に勝ち切ったことで、大事になるのは次の試合。
ソウザが復帰して扇原がまた控えになるのか。
まさかの柿谷1トップをしないなんてことはないですよね、大熊さん(笑)。

それくらい、これがセレッソの形、というところを久しぶりに見れた今日の試合でした。

コメント
No title
清原の存在が大きく見えました

2016/06/06(月) 16:01 | URL | Anthony #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。