FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J2 第18節】 今日も最高につまらない試合、勝ち点3だけ。 【セレッソ大阪 VS FC岐阜】

C大阪 1―0 岐阜
 [得点] C大阪:ブルーノメネゲウ


前節、致命的な柿谷の離脱となるケガがあった長崎戦。
試合内容も最悪な中、勝ち点3だけが収穫でしたね。

今日もアウェーで岐阜との対戦です。
アウェーでの試合の方が戦績は良い今シーズンですが、今日はどうでしょうか。

スタメンは、結局前節からトップを柿谷からリカルドサントスに変えただけ。
杉本はまだスタメンですか。
関口がケガ(?)でおらず仕方ないのかもしれませんが・・・。
一体どうなったら本当に玉田は出てくるの?というセレッソサポーターの声が聞こえてきそうです(笑)。

■今日も全く面白くない試合、勝ち点3だけが収穫。

ゆっくりした入り方をしたこの試合。
岐阜は前半で多く失点しているという情報はありましたが、まったくそのとおりの展開に。

セレッソがボールキープする時間が長く、左サイドでいくつかパスを交換したところから得点が生まれます。
杉本とのパス交換から裏に丸橋が抜けると、あたりに来たDFを上手くかわし、完全にフリーに。
深くえぐってからマイナスのグラウンダークロスを入れると、そこに詰めたのはブルーノメネゲウ。
相手DFのいないコースへ落ち着いて蹴りこむことができましたね。
セレッソとしては次の点を奪えるかどうか。
毎回同じことを言ってますけどね(笑)。

この得点の後、同点を狙って岐阜の方が圧力を掛ける時間帯。
押し込まれると非常に弱いセレッソだけに、早い時間帯にペースを戻したいところでした。

この苦しい時間帯、見ていて助けてくれるプレーをしてくれていたのは清原。
守備に入るところで相手を潰したり、高い位置でボールを奪ってチャンスを作ったりと、このピッチでこういったことができるのが清原しかいません。

そのセレッソに次のチャンスが来たのは前半も35分になってから。
ゴールキックからのボールを杉本がヘディングですらし、リカルドサントスが相手と競り合うと、相手のクリアミスが足元へ。
これをGKの鼻先でマイナスにクロスを入れますが、ブルーノメネゲウの目の前で相手DFの必死の戻りでクリアされてしまいます。

この後もセレッソの攻撃が加速することなく、試合は前半を終了。
1-0でリードしているものの、何かここ何試合かと同じような内容ですね。
中身があまりなく、ワクワクしない時間がただ過ぎていく感じです(笑)。
終盤にやられるのまで繰り返してほしくないですが、今日もそんな予感を感じさせる試合でした。

後半、両チームとも選手交代なし。

そして後半最初のチャンスは岐阜。
セレッソはこの受身に入ってしまうのは何とかならないんですかね・・・。
簡単にボールを繋がれ、左サイドからのクロスに逆サイドに人数が足りず、決定機を与えてしまいます。
ここはキムジンヒョンが素早く相手に詰めて事なきを得ますが、全体的にコンディションが相変わらず重いですね。
またここからイライラの45分が続くのか(笑)。

そのセレッソ、後半10分もならないうちに交代カード。
何と清原を下げて澤上を投入。
それも指示は相手の選手のマークにつけ、だとか・・・。
そうじゃないんですよ、大熊さん・・・。
攻撃の形がないのが相手のペースにし続ける原因だとなぜわからないのか。
攻撃の時間が増えたり、相手を引っ張ることができればペースも変わるのに・・・。

グダグダの試合が続く中、セレッソにやっと待望の交代が。
ブルーノメネゲウを下げて玉田がついに登場します。
こういった出場した試合で結果が出て、玉田がもっと試合に出場するような流れになってくれればと思いますが。

玉田が入ったことによって、ボールの周りは間違いなく良くなりましたね。
ただ、得点の匂いは前に動きがないこともあってあまり出ていませんでしたが。

そして後半30分には山村を下げて久しぶりの藤本投入。
ただ、これもよく意図が分からない交代でしたが、いつもの課題、中央で簡単に前を向かれる状況を改善したかったのでしょうか。

この後もなかなかセレッソにペースは戻ってきません。
これだけ攻撃のときにスピードアップせず、パスも入らないとはどんなチームを目指しているんでしょうね・・・。

アディショナルタイムに入ろうとする時間帯には、玉田が上手く相手一人をかわしてドリブルを仕掛け、リカルドサントスへパス。
ただ、このボールをバテバテのリカルドは相手GKへパス・・・。
ホンマ頼むわ・・・。

それでも、岐阜の拙攻にも助けられたセレッソ。
前節に引き続き、1点差での勝利。

ただ、やはり面白くない上に勝ち点3しか価値のない試合になってしまいましたね・・・。

■折角の玉田も、周りが動かなければ・・・。

今日もスタメンは予想通り、サポーターが何の期待も持たないようなメンバーでした。
関口もいないというのは痛いところですね。
単純にトップは復帰すれば田代、その下に玉田、両サイドに関口と清原で良いと思うんですが・・・。
プロの大熊監督とは見えているものが違うんですかねぇ・・・。

案の定、連携が見られたのは先制点の場面くらいでしょうか。
それも杉本と丸橋の2人だけのプレーですが。

唯一光明があったのは玉田が出場したくらいですかね。
やはりボールを持って相手を一人剥がしてくれると、ボールがスペースのある所へ展開できます。
それに対してもっと周りの選手が動けば、チャンスも生まれるのでしょうが、今のメンバー構成では致命的ですね。
ぼーっと突っ立っているリカルド、杉本といった面々ですから。
田代、関口であればと思うことが何度もあります。

これで数字上は連勝のセレッソ(笑)。
他チームに申し訳ないようなひどい内容の試合ばかりしていますが、これも我慢の時と考えるしかないのか。
我慢しても良くなる保証は全くありませんが(笑)。

毎週末、モヤモヤした試合を見続けることになりますね。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。