FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J2 第22節】 首位決戦と2人の移籍。 【セレッソ大阪VSコンサドーレ札幌】

C大阪 0―0 札幌
 [得点] なし


J2もシーズンを折り返し、後半戦初戦はいきなり首位の札幌との一戦。
簡単に振り返ってみます。

■前半に得点を奪えなかったセレッソ、耐えてスコアレスドロー。

スタメンで変わったところと言えばトップ下にソウザを入れて山村をボランチで出したことくらいでしょうか。
攻守のバランスを考えて玉田は出さずというところですかね。
大熊監督らしい采配でした。

前半はセレッソの方がチャンスは多かったですね。
ここ最近、特に前半は批判を受けている杉本の状態が上向きと感じることが多いです。
今までは後ろ向きにプレーすることが多く、勝負する場面がありませんでしたが、ここ最近はシュートの意識も上がっているようです。
もちろん、もっと安定感を持ってボールを収めてほしいところや、きちんと丁寧にプレーしてほしいと感じることもありますが、それでも相手に脅威を与えられる存在に少しずつなっているようにも思います。

セットプレーや左サイドからの攻撃で札幌以上にチャンスを作ったセレッソですが、クソンユンの好セーブ連発もあって得点できず。
札幌も数は少ないながらセレッソを脅かす攻撃もあり、首位攻防にふさわしい締まった試合になっていました。

そして後半に入ると、先に動いた札幌の方に流れが。
内村のスピードを活かした攻撃についていけず、交代直後には決定的なピンチもありましたね。

ただ、セレッソもキムジンヒョンの安定感が素晴らしく、まさに守護神でした。
後半は札幌が全体的に流れを掴み、セレッソは反撃もあまりできませんでしたね。

前半に押し込んで点を取れなかったセレッソは玉田、田代、関口を投入して攻撃を仕掛けようとします。
しかし、その意図に反して攻撃は単発ばかりとなってしまいました。
入った選手はもっと攻撃に比重を置きたかったでしょうが、後ろからのビルドアップがなくほとんどクリアになってしまっていました。

このあたりはスタミナ面もあるかもしれませんが、前回の対決で敗れたカウンターが頭にあったかもしれません。
後ろのメンバーにはリスクは極力負わず、という気持ちが見えたような気がします。

結局、試合は最後まで動かず、0-0。
結果としては最低限かもしれませんが、どちらかと言えば札幌の方が良い結果だったと言えるでしょうね。

セレッソはこの結果を受けて、ここから上位以外に対して取りこぼしをしないことが重要になりそうです。
意外と上位に対してはそれほど結果は悪くないんですよね。
昨シーズンもそうですが、結局のところハードワークを厭わない苦手なタイプの下位チームから勝ち点を相当落としていますからね・・・。
そのあたりは、逆に大熊監督になって負けは減った気はしますが。
いずれにしても、他の上位に引き離されないよう、粘り強く、一戦一戦を大事に戦ってほしいですね。
近年のセレッソの大きな課題ではありますが。



■扇原は復活できるか。ブルーノには感謝。(主に金銭面で)

ところで、夏の移籍期間となり、セレッソからも2人の移籍が発表されましたね。

まずは扇原が出場機会を求めて、名古屋に完全移籍しました。
まあ、今の状況だと完全に試合には出れないような状況でしたから、仕方ないでしょう。
ただ、移籍先も泥船な感じですから、来年J2で対戦しなければ良いですが(笑)。

いずれにしても、良いものは持っているわけですから、セレッソを見返す気持ちで良いプレーを見せてほしいですね。
守備的な仕事、穴のないプレーを求める大熊監督の下では、プレーもどんどん小さくなってしまうような気もしていましたので、良さは出ないわ、さらにプレーが消極的になりかねませんでした。
悪癖である集中力の欠如、無駄なファウルの多さが改善すれば良いのですが・・・。

何にせよ、過去の悪い例のように、すぐにセレッソに帰ってこないことだけを祈ります。(笑)

一方、チームに溶け込みつつあったブルーノメネゲウが中国のチームに移籍。
移籍金がいくらだったのかはわかりませんが、フリーで取った選手が移籍金を残していってくれたのであれば、ありがたいことです。
山口のためにムダ金使ってますからね。(笑)

得点こそここまでのチームNo.1ですが、代えのきかない選手とまでは言えませんので、大きな影響はないようにも思います。
札幌戦のようにソウザをトップ下に使うか、柿谷を使うのかもしれません。
個人的には、リカルドではなく柿谷をトップに、トップ下を玉田かソウザに、ボランチを山村、山口、ソウザで争えば良いと思うのですが、大熊監督のことですからね。
リカルドはそのままな気もします。
トップに高さのある選手を使うなら、断然田代だと思いますが。

折角これだけの戦力を持っており、夏場にかけて体力の消耗もあるわけですから、色々な組み合わせをしてほしいのですが、どうでしょうか。
序盤勝利を積み重ねた後、崩れた時期も選手起用に大きな疑問がありました。
中盤に差し掛かり、特定の選手に入れ込む必要もないでしょう。
大熊監督には、是非見ているサポーターが「納得できる」「理解できる」選手起用、采配をお願いしたいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング