FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J2 第23節】 相変わらずゲームマネジメントは課題も、無難に勝利。 【セレッソ大阪VSザスパクサツ群馬】

C大阪 2―0 群馬
 [得点] C大阪:清原、杉本


前節、ホームで札幌を相手にスコアレスドローとなったセレッソ。
連勝もストップしてしまいましたね。

ここからは上位との直接対決で負けないことに加えて、下位チーム相手に取りこぼしなく勝っていかなければなりません。
思えば、昨シーズンもむしろ下位のチームに痛い黒星を喫しすぎたのが致命傷でした。

今日はアウェーでの群馬戦。
昨シーズン痛い目に遭わされた相手ですから、油断してはいけない相手ですね。

スタメンには丸岡が初めて登場。
予想外の起用でしたが、ここ最近若手が使われにくい環境になってしまっているだけに、期待したい選手ですね。

■早々の先制点も、不安を覗かせたその後の試合運び。

試合開始から、セレッソが押し込む展開に。
そしてあっという間に先制点が生まれます。

左サイド丸橋からのCK。
中央で杉本がヘディングでシュートを試みると、そのボールにゴール前で泥臭く合わせたのは清原!
先日も杉本が合わせて清原が詰めるシーンがありましたね。
清原の得点でセレッソは早々にリードを奪うことになりました。

その後も押し込むのはセレッソ。
群馬はゆったりと入ったという印象で、ここは畳みかけるチャンスでしたが、今日も追加点を奪えるかがポイントになりそうでしたね。

次の決定機は期待の丸岡に訪れます。
また左のCKから、いくつか跳ね返された後にこぼれ球が自身の前に来ますが、少し力が入ったかハーフボレーで叩いたシュートはゴールの左に外れます。
一つ得点が生まれれば、自信にもつながると思いますが・・・。

先制点からイマイチギアが上がらないセレッソでしたが、左サイドの丸橋が今日は素晴らしいプレーを見せていました。
前半25分過ぎには丸橋のワンタッチパスから杉本が抜け出し、相手GKを引き出してマイナスのクロス。
リカルドは当然のように(笑)決定機を外してGKに弾かれますが、その後のこぼれ球に詰めた丸岡もゴールの枠を外してしまいます。

前半の最後はようやく群馬が目覚めたか、サイドから崩されいくつかピンチが。
これを何とか跳ね返して前半は結局1-0で終了。

得点後にスローダウンして追加点を奪えないのはセレッソの悪い癖ですね・・・。
相手が息を吹き返してしまうことのないよう、後半は注意が必要な展開になってしまいました。

後半、前半終了間際の流れでそのまま試合に。
群馬は力を盛り返し、セレッソは相変わらず緩い入りをしてしまいます。
シーズン前半戦の悪いときと同じ雰囲気を感じてしまいました。

それでも、セレッソは自らの得点で流れを呼び戻します。
自陣での守備から、ボールをきちんと繋いで右サイドに展開すると、受けた清原が上手いプレーで相手のDFをはがし、一気にカウンターのチャンスへ。
中央にドリブルでボールを運び、右サイドフリーのリカルドにつなぎます。
ワンタッチでリカルドが上げたクロスは少しマイナス気味の難しいボールでしたが、杉本が何とか右足のボレーで合わせると、相手DFに当たったボールはそのままゴールへ。
ここ最近ゴールが出るようになった杉本にとって、嬉しいシーズン4点目でしたね。
また、何よりボールを運んだ清原のプレーが秀逸でした。
ここ最近、チームが上向きの結果を残しているのは、間違いなく清原の貢献が大きいですね。

その清原には、右サイド松田からのドンピシャクロスが入るチャンスがもう一度ありましたが、完ぺきに合わせたヘディングは相手GKの正面。
追加点は奪えませんでした。

なかなか動かない大熊監督ですが、後半30分を過ぎて丸岡を下げ、玉田を投入。
それよりも決定力皆無のリカルドを田代に替えてほしいのですが(笑)。

その後ソウザ、リカルドを下げて山村、澤上を投入するセレッソ。
試合をそのまま終わらせようとする交代でしたね。

結局、攻撃の決定力と試合運びには不満が残るものの、2-0の無難な勝利といったところでしょうか。



■期待の丸岡、チームにフィットするにはまだ時間が必要か。

今日は丸岡に期待が掛かった一戦でしたが、最初の試合はこんなものでしょうか。
まだまだチームにフィットとまではいかなかったですね。

何度かワンツーからシュートに持ち込もうとしたり、ゴール前で決定機を迎えましたが、仕事量は少なかったでしょうか。
走力の面では十分な点は見えましたが。

群馬の入りが良くなかった前半、早い時間帯に先制点を奪った攻撃は良かったですが、その後の決定機を決められず、徐々にリズムが落ちてしまいました。
ここ最近、少しはましになりましたが、悪いときのセレッソのパターンですね。
それでも、今好調の清原は90分動き続け、攻撃・守備ともに貢献する素晴らしいプレーヤーですね。
また外国人選手の獲得のうわさも出ているセレッソですが、清原を外すようなバカげた構成だけはしてほしくないですね。

これで札幌戦のドローの後、勝ち点3を積み重ねました。
次はすぐに水曜日に町田とのホームでの一戦。
開幕戦で完全にやられた印象のあるチームですから、苦戦は必至でしょう。

今日のような緩い試合運びではなく、ガツンとここで叩いてほしいですね。
夏場の苦しい期間、勝ち点をさらに伸ばしていきたいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング