FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J2 第26節】 守備が完全崩壊、ベテラン酒本がチームを救う。 【セレッソ大阪VS京都サンガ】

C大阪 3―3 京都
 [得点] C大阪:杉本2、山下 京都:菅沼、エスクデロ、山瀬


ここ最近、メッキがはがれたように急降下のセレッソ。
ずっと見てきたサポーターであれば、勝っていた試合も内容のないモノでしたから、不思議には思わないでしょうが、やはり見ていて気持ちの良いものではありません。
大熊監督がいる以上、ずっとこのような状態でしょうね。

前節で、累積警告の出場停止となった田中、丸橋のいるDFラインは大きく変更を余儀なくされました。
茂庭、山村が入っていましたね。
どのようなラインを作るのか、試合が始まらないとわからない状況でした。

そして前には相変わらず役に立たない11番を据えて、本当に何がしたいんでしょう(笑)。
ポストになれない、ゴールを決めれない、スピードもないと3拍子揃っているんですが。
監督にはすべて平均的にできる万能FWに見えているのかもしれませんね(笑)。

少し期待したいのは、関口が入っていたことでしょうか。
いきなり新外国人選手を使うようなことをしていたら、さらに怒りが収まらないところでした。
まあ、数試合したら平気で清原をベンチにしそうですけどね、この監督なら・・・。

■今シーズン最低の守備崩壊、シーズン初出場の酒本が救う。

試合開始後、セレッソの布陣を見ると見慣れない3バック。
山村が真ん中で、左右に茂庭、山下でしたね。
山下はここ最近疲れもあるのか、相当パフォーマンスが悪いですがどうでしょうか。

序盤はセレッソの方がボールを保持し、リズムを掴んでいたでしょうか。
京都も布陣の変わったセレッソのやり方を掴みかねていた印象ですね。

セレッソはサイドの関口、松田を上手く攻撃に関与させたいところでしたが、最初は少しどう攻撃に関わっていいのか、迷っているような節もありましたね。
それでも、最初の決定機はセレッソ。

左サイドを杉本と関口で深くえぐると、京都もどうしてもそのサイドにつられてしまいます。
そこから杉本がファーサイドへ素晴らしい精度のクロスを入れると、大外で松田が完全にフリーに。
決めるべきヘディングですが、ここはGKにファインセーブを受けてしまいます。
良い流れの中で点が欲しかった場面ですが・・・。

さらに、京都が捕まえ切れないサイドを上手く使う攻撃がいくつか出てきます。
山口からの見事なサイドチェンジが松田に入ると、そのクロスから杉本が完全にフリーの形でゴール前へ。
どフリーでしたが、ボレーシュートは抑えきれず・・・。
こういったところを決めきらないと、また嫌な流れになりかねませんが・・・。

京都もようやく前半終了頃になると流れを少しずつ握るように。
カウンターは相当ケアしていたと思いますが、前節の反省をきちんと活かさないといけませんね。
セレッソも最初飛ばしたのか、少し落ちていた印象もありました。

結局前半は0-0で終了。
前半、ゴールを決めておかなくてはいけなかったのはセレッソの方でしたね・・・。

後半、両チームとも交代なし。

京都も前半とは違い、結構縦にパスが入るようになり、セレッソも少し苦しんでいました。
相当に蒸し暑い中、プレスも緩くなっていたところがあるかもしれません。

それでも、決定機はセレッソの方に。
前線で珍しくリカルドが頑張ってキープし、杉本の上りを待ちボールを預けます。
杉本は完全にフリーでしたが、ここもまたGK菅野。
杉本は今日はいかんですね・・・。

そしてトラブル。
京都のカウンターを受けたところ、守備に帰った清原と山口が激突し、清原はそのまま立ち上がれず。
玉田との交代を余儀なくされます。

直後、セレッソは動揺もあったのか、痛い失点・・・。
前回やられた同じCKからのセットプレー。
ファーサイドへのボールにマークが外れ、またゴールを許してしまいます。

そしてチームは完全に崩壊。
京都の単純なクリアボールに茂庭が追いかけますが、エスクデロに体を当たられて簡単に外されてしまい、キムジンヒョンも中途半端に前に出ており、まずいポジションを取ってしまっていました。
そこをあっさりとループシュートを決められ、2失点目。

これだけで終わらないのがもうチームとしても何もよりどころがない証拠か。
また相手の跳ね返したボールに簡単に裏を取られ、守備のリスクマネジメントも何もされていない状態から、相手のフリー選手が何人もいる状態で簡単に3失点目・・・。
何なんでしょうね。
このダメすぎる状態は。
4、5分で3失点なんてのは恥晒し以外の何物でもないでしょう。
普通、まともなチームならこんな崩れ方はしませんが・・・。

どうしようもなくなったセレッソはやっとリカルドを引っ込めて新戦力のベサルトを投入。
さらに、今シーズン初めて酒本を投入します。
しかし、これでセレッソは遅すぎるエンジンが入ったか。

まずは後半29分、ゴール前のこぼれ球に山下が頭で押し込んで一点。
このゴールで京都は完全に重心が後ろに下がってしまったでしょうか。
また、セレッソと同じようなパニック状態になってしまっていました。

直後の後半31分、前線の杉本にボールが入ると、相手DFを外して左にボールを持ち出し、左足での見事にコースを突くミドルシュート!
これを決めるくらいだったら他のフリーでのシュートを決めてくれよ(笑)、と言いたくなる見事なシュートであっという間に1点差に。

その後もセレッソが押し込む時間帯が続きますが、京都のカウンターも依然怖いことに変わりありません。
セレッソも両サイドバック(途中から4-5-1にシステム変更)が完全に上がり、スペースはガバガバでした。

同点ゴールが奪えずアディショナルタイムに入ったセレッソでしたが、投入後攻撃の形になっていた酒本からの攻撃でした。
右サイドから狙いすました得意のクロスを上げると、中央では杉本が完全にフリーに。
思いっきり叩きつけたヘディングがゴールに突き刺さり、遂に同点。
京都は完全にゲームマネジメントをミスしてしまいましたね・・・。

その後京都にCKを与えてしまうも、ゴールは生まれず。

結局、3-3という予想だにしない結果に終わりました。



■厳しい状況は変わらず。やはり全選手の力をきちんと活用すべき。

今日は途中で完全に今シーズンのセレッソは終わったという気持ちになる試合展開でした。
しかし、失点を一つしただけであれだけ崩れてしまうものでしょうか・・・。
セレッソのチームのメンタルというか、何なのでしょうかね、この情けなさは。

その後、どうしようもなくなったセレッソからは久しぶりに得点を取るための気迫みたいなものは出ていましたが・・・。
やはり11番は攻撃の中では必要ないですね。
今日はどちらかというと頑張っていたと思いますが、助っ人に"頑張っていた"というような評価の選手は不要ですからね・・・。

守備面ではあまりにも不用意な失点の仕方が、反省どころのレベルではないかもしれません。
1点目はともかく、2、3失点目は完全に浮足立ち、プロとは言えないような情けない失点シーンでした。
セレッソらしいと言えばそれまでですが・・・。

同点まで追いついた攻撃に目を向けると、ベサルトは正直よくわかりませんでしたね。
ドリブルの推進力を見せてくれたシーンもありましたが、今日はどちらかというと空回り。
それよりも、この同点劇を生んだのは間違いなく酒本でしたね。
近くの選手とワンツーをしてボールを持ち上がると、クロスだけでなく楔のパスを入れたり、得意のアウトフロントでのクロスで裏をかいたり。
完全に京都にとって嫌な攻撃の起点になっていたのは酒本でした。

右サイドで起点ができた分、中央でフリーになるチャンスが多かったのは杉本。
3失点するまでは決定機を外し、このまま負ければ戦犯になりかねない状況でしたが、少なくともリカルドとは違い決定機にきちんと絡んでいるところはプラスでもあります。
リードを奪われてからというのは何とも評価しづらいですが(笑)、最初のゴールはかなりのビューティフルゴール。
ペナルティエリア外から、逆足であれだけ隅を突いた鋭いシュートはやはり才能はあるんだなあと。
そしてアディショナルタイムでも酒本の素晴らしいお膳立てできっちり決め、さらに逆転を狙う意思も見せてくれました。
何だかんだ言いながら、柿谷が戦線離脱して結果を残しているのは杉本なんですよね。

最後に同点に追いつき、最悪の事態だけは逃れたセレッソ。
しかし、冷静に、客観的に考えればまた厳しい状況に陥ったことには違いありません。
上位とは勝ち点が離れ、下からは追いかけられている状況です。

今日の試合を無駄なものにしないよう、何としても次は勝ち点3を取らなくては。

いい加減、もっとチーム全体の選手の力を活用してほしい。
今日の酒本のデキは、さらにその思いを強くしてくれました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。