FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J2 第27節】 この負け方は今シーズンの昇格を諦めるべき敗戦。 【セレッソ大阪VS横浜FC】

C大阪 2―3 横浜C
 [得点] C大阪:杉本、山村 横浜C:三浦、イバ、内田


前節、シーズンも終わりかというような途中まで0-3の試合をしたセレッソ。
捨て身の攻撃から、まさかの同点まで持ち込むという試合でした。

ただ、冷静に考えて2連敗の後このような試合をしたことを考えると、状態ははっきり言って良くないでしょう。
しかし、前節役に立たないリカルドをようやく外してから、一気に同点に追いついたこと、杉本にゴールが生まれてきたことはプラスです。

そして大熊監督もようやくまともな判断をしてくれたか。(全然油断できませんが 笑)
全く機能しない11番をようやくスタメンから外し、杉本の1トップでしょうか。
両サイドは関口、前節ケガで退場した清原を置き、トップ下にソウザ。
清原は試合に出れるようで良かったですね。

右サイドバックは前節素晴らしいパフォーマンスを見せた酒本ではなく、松田。
松田も前半戦は良かった印象ですが、ここにきてかなり疲れがたまっているように見えます。
酒本を使っても良かったのでは、という気持ちもありますね。

なお、今日は久しぶりの勝ち点3が欲しいというのもありますが、それ以上にリカルドを外した時に良い試合をしてほしい一戦でした。
この監督は、今日結果が出なければ、絶対にすぐ元に戻してしまいますから。

■2得点までは良い流れ、最後はなぜいつもこうなるのか。

立ち上がり、チャンスを作ったのは横浜。
左サイドからふわりとしたクロスが入ると、セレッソDFがかぶったところ、大久保のヘディングを許してしまいます。
この高さについては気を付けないといけないですね。

直後、今度はセレッソのチャンス。
清原の良いボールキープから繋ぎ、最後は右サイド松田からの素晴らしいクロスに飛び込んだのは杉本。
入ってくるタイミングは最高でしたが、ヘディングは左にそれてしまいます。
得点が取れている選手、といった動きでしたね。

お互い攻撃の形をそれなりに作れている展開。
前線のイバ、大久保の高さ、強さを活かしてくる横浜の攻撃は怖さがありました。
一方のセレッソは杉本がやはり調子が良く、キープ、抜け出しともにキレがありましたね。

そしてほしい先制点はキレキレのこの男でした!
右サイドで杉本と関口がパス交換。
そこから山口に下げたところ、ワンタッチで杉本へ。
前を向いた杉本は相手DFの間に果敢に仕掛け、前が見えた瞬間に素早くシュート!
相手GKの左サイドを抜くテクニカルなシュートが決まりましたね。
本当に覚醒していますね(笑)。
これが前半戦あれだけ叩かれていた選手とは思えません(笑)。

セレッソは畳みかけられればいい展開でしたが、横浜の攻撃に苦しんでいましたね。
特にセットプレーはあまり数が増えると、正直どこかでやられそうな雰囲気がありました。

一進一退が続くセレッソですが、今日も右サイドの清原が素晴らしい動きでした。
攻撃ではボールをキープして前へ運んでくれますし、守備では素早く切り替えてファーストチェックに必ず行ってくれる献身性が目立ちました。

追加点の欲しいセレッソでしたが、結局スコアは動かず。
今までの課題は変わりませんが、それでもいつもよりはもう少し試合、攻撃ともに動きを作っていた印象です。
ソウザがかなり重そうなだけに、夏場の連戦では玉田を先発させたりしても良いと思うのですが・・・。

後半、両チーム交代なし。
セレッソは最近押し込まれだすと止まらないだけに、今日も追加点を取れるかが課題になりましたね。
後は、いつも遅く効果的でない大熊監督の選手交代がどのようになるかが注目でした。

試合は徐々に横浜が押し込む展開に。
劣勢に入ったときのセレッソは我慢できないだけに、流れはあまり良くありませんでしたね。

攻撃で見ると杉本が孤立し、前線でキープできずに苦しんでいました。
ソウザが相当に疲労を感じさせていただけに、ここを玉田なりベサルトに替えるべきと思っていたのですが・・・。

そんな流れの中、本当に欲しかった追加点はセットプレーから生まれます!
左サイドから丸橋が大きなボールをファーサイドに入れると、山下が高い跳躍で折り返します。
反対サイドまでボールが戻り、横浜のDFは完全に振られてしまいます。
そこにフリーで入り込み左足を振り抜いたのは山村!
山口が戻ってきたことで割を食っていた山村ですが、正直もっと使うべき選手です。
その山村がきっちりと欲しかった追加点を奪ってくれましたね。

これで少し落ち着きを持つことができたセレッソですが、相手にお付き合い・・・。
右サイドを押し込まれ、途中出場していたカズ。
中途半場な対応をしていたDFに対して、右足で見事にゴール右隅に打ち抜くシュート。
セレッソはこういうところが本当にダメなんですよね・・・。

さらに、期待できないリカルドサントスが杉本に替わって登場・・・。
もういらん!と叫んだのは私だけではないはず(笑)。

そしてもう何度同じようなシーンを見ているのでしょうか。
右サイド、相手に全く詰められず、フリーでのクロス。

町田戦でも見たような、ファーサイドに回り込まれて完全フリーのヘディングをイバに決められてしまいます・・・。
なんてメンタルの弱いチームなんでしょう。
この流れでリカルドという何の役にも立たない選手を投入とか。
これ以降全然攻撃の形もできず、前線でファウルするばかり・・・。

セレッソは得点が必要になり関口を下げてベサルトを投入。
攻撃のアクセントになってくれるでしょうか。

直後、ベサルトが仕掛けたこぼれ球から丸橋がクロスを入れると、中央でフリーになった玉田のヘディングは相手GKのセーブ。
形は良かったですが・・・。

そして、やっぱりこういう展開になるんですね。
左サイドを押し込まれ、丸橋がイバのドリブルに全くついていけず。
そこからのクロスを中央フリーの内田に詰められておしまい。

これはもう今シーズン諦めですね。
完全にチームが戦術、コンディション、メンタルともに全く整っていない。

2点取って最後に3失点して逆転負けなんて前節京都戦と同じく恥晒しにもほどがある。
一体このチームは何がしたいのか。

試合はそのまま2-3で横浜の勝利。
もうこれは監督交代だとかでは済まないレベルですね。
今日ばかりは監督も論外ですが、選手も論外でしょう。
走れない、我慢できないのは同じ選手ばかり使い続ける起用方法にも問題がありますが、それだけでないセレッソの闇の部分が今日も出た試合でした。

■もう今シーズンの昇格はなし。

今日は今シーズンの昇格を完全に諦める試合ですね、正直。
こんな試合展開で勝てなければ、どのチームも最後まで諦めずに戦ってくるでしょう。
そして、その都度セレッソは相手に見事な逆転勝利をプレゼントするでしょうね。

守備もブロックを敷くのか前からいくのか、あまりにも中途半端。
動けている間は良いですが、この時期ばてた後はいつもずるずるDFラインが下がり、バイタルエリアはスカスカ。
ずっとこの課題は直りませんね。

さらに、苦しい時間帯になって前に投入されたのはリカルド。
起点にもならず、突破もできない、シュートも打てない。
ここが田代なら、もう少し高さと強さで納めてくれると思うのですが・・・。
監督はリカルド大好きなようですから、今シーズンはこのまま残念ながら心中でしょうね。

監督を変えるべき強化部長が同じ人ですから。
いみじくも大低迷の名古屋とほとんど同じじゃないですか(笑)。

もう応援する気も失せる大逆転負け試合でした。
これから続く山口、松本なんてどう考えても勝てないですね(笑)。

そうなればさすがに無能監督もどっか行ってくれるかな?
それだけが希望かもしれませんね。

最後に、三浦カズはお見事の一言。
この人のゴールから完全に流れが変わりました。
セレッソは本当にカズをリスペクトした体も当てない優しいディフェンスでしたね(笑)。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング