FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J2 第28節】 集中を切らさなかったセレッソ、仕切り直しになるか。 【セレッソ大阪VSレノファ山口】

C大阪 2―0 山口
 [得点] C大阪:関口、山口


前節、今シーズン最悪の負け方を喫したセレッソ。
サポーターも相当怒りが爆発した敗戦でしたが、クラブからのコメントは大熊体制を続けるとのこと。

かなりガッカリな状況ですが、確かに監督を変えたところで上手くいく保証はありません。
何とか、選手交代、起用さえきちんと調子の良い選手、疲れている選手を変えるという当たり前のことをお願いしたいですが・・・。

今日は何とか守備が崩れている流れを変えたいということ、ボールをしっかりつないでくる山口に対して中央を締めたいという気持ちもあったか、3-6-1の布陣。
ソウザが出場停止で山口、山村のダブルボランチ。
外国人選手のいないスタメンでした。
トップには玉田、その後ろに杉本と関口を置く形でしたが、試合を見るとこの3人は流動的に動いていましたね。
役立たずの11番は前で突っ立っているだけで流動性が生まれず、攻撃の良さは間違いなく今日の形でしょう。

試合の展開はセレッソが先制する流れでした。
前の3人のところへボールが入ると、まずは杉本が競ってゴール前にこぼれたところ、玉田が相手DFと競り合う形に。
そこからボールが後ろにこぼれると、素早くボールに詰めたのは関口でした!
しっかりと相手GKが出ていることを理解して上を通すループ気味のシュートでしたね。
嬉しい今シーズン初ゴール。
もっと出場機会を得られてしかるべき選手と思いますが・・・。

この後もセレッソは集中して守備を締める意識がかなり高かった印象。
このあたりは選手も相当意識していましたね。

セレッソはカウンター気味に決定機は作っていましたね。
右サイドを杉本が飛び出し、グラウンダーのクロスに玉田が上手くトラップ、ターンして左足のシュートの場面も。
ここは相手GKのセーブに遭いましたが、関口もその後のこぼれ球に詰めていましたし、前の選手の連動は明らかに差がありました。

山口の攻撃も最小限に抑え、セレッソとしてはプラン通りに前半を終了。
ただ、サポーターならだれもがこの後が課題ということはわかっているはず(笑)。

そして後半、山口にじりじりと押し込まれる時間が増えてきます。
後半の時間が過ぎるごとに、いつもの課題でDFラインが少し下がり、その前のバイタルエリアを埋められなくなってしまいましたね。
それでも、最後のところで中央を人数を掛けて締めたこと、山口が中央にこだわってくれたことが助かった要因かもしれません。
もっと左右のサイドを使われていたら、ほころびが大きくなっていたかもしれませんね。

一方のセレッソは山口が攻撃的に来る分、カウンターに決定機がありました。
特に相手のミスから一気に玉田が相手の中央を突破し、GKと1対1になったシーンは決定的。
ただ、相手GKが動くのを待ってループ気味に狙ったシュートはGKが何とか触り、ボールはわずかにゴール右へ。
玉田も運動量は期待できませんが、ここぞというときのチャンスを作る動きは流石でした。

その後もジリジリとする展開が続く中、セレッソは最初に足を痛めた山村を下げて藤本。
後半30分くらいになると、玉田を下げて澤上を投入します。
山口に徐々に中央でも崩される場面が出始め、キムジンヒョンの好セーブに救われるシーンもありましたね。

セレッソの最後の交代は関口を下げて酒本というチョイス。
疲れている松田を下げるという選択もあったと思いますが、酒本を前で使うという選択でした。

そして、苦しい時間帯に今までは押し込まれるだけだったセレッソ、この展開で遂に反発力を見せます。
守りの苦しい時間帯のクリアに対し、前で酒本がアクロバティックなボレーのようなキックから右サイドフリーの杉本へ。
杉本が深い位置まで入り、ニアに飛び込む山口へ鋭いクロス!
このボールに山口は右足でヒール気味に引っ掛け、これが相手GKのセーブをすり抜け、貴重な追加点となるゴール!

ボランチの相方が守備的な藤本ということもあり、山口の一番良い攻守に多く関わることができる良さが出たプレーでしたね。
後半も終わりに近づいた中でのこのゴールは非常に大きいものでした。

最後まで気持ちを切らさない久しぶりに戦う姿勢を見せたセレッソ。
そのまま試合は終了し、久しぶりの勝利でしたね。
また、無失点で終えることができたのはプラスに捉えたいところ。

次節、ホームで松本戦という大一番ですが、今日の良い感覚を忘れず、体は相当にきついでしょうが、是非勝利を期待したいですね。
後は、ソウザが戻ってきてどういう布陣を取るか。
ソウザもかなり疲労が蓄積しているように見えますので、大熊監督がきちんとそのあたりを理解して采配してくれるかどうか。
選手起用のマネジメントの偏り、拙さもこの失速を呼んでいるだけに、「まとも」な采配を期待したいですね。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング