FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J2 第33節】 大雨の中、勝ち点3だけが収穫。 【セレッソ大阪VS徳島ヴォルティス】

C大阪 1―0 徳島
 [得点] C大阪:杉本


前節は北九州相手にひどい試合で辛勝し、木曜日の天皇杯は鳥栖に完敗。
決して良い状態とは言い難いセレッソですが、今日はアウェーで徳島と対戦です。
次節がホームで清水相手ということもあり、何としても勝ち点3を奪いたいところでしょう。

スタメンは出場停止の山下の代わりに茂庭。
2シャドーに杉本と清原が復帰しましたね。
玉田とのコンビネーションが成熟すれば、期待できる3人だと思いますが、チームとして機能しないセレッソなので、どうでしょう(笑)。
相変わらずリカルドサントスがベンチにいますね。
天皇杯にフル出場していて衝撃を受けましたが。
今のパフォーマンス、来年以降を考えても澤上一択だと普通は思うんですけどねぇ・・・。

■途中から大雨となり、内容のない試合ながらも貴重な勝利。

試合開始から、お互い落ち着かない展開。
徳島もかなり中盤からプレスを掛けており、セレッソもほとんどボールを繋げず。
中途半端な後ろでのパス回しは危なっかしい印象でしたね。

セレッソはどちらかというとゴール前でボールを奪ってから、清原が飛び出してカウンター気味に攻撃の形がありました。
中盤であまりボールを持てず、トップもポストプレータイプの選手ではないですから、どのように攻撃を組み立てるのか興味がありましたね。

ほとんど見どころのない時間が過ぎていく中、どちらかというと徳島ペースでしょう。
前節の北九州も同じですが、ガチっと守備を固められるとセレッソは攻撃の形が全くできませんね・・・。
そもそも低い位置から高い位置までボールを運べない状況。

ようやくいい形ができたのは前半30分頃。
山口の縦パスをソウザがすらし、裏に抜けた杉本がシュートまで持ち込んだシーン。
これはその過程で杉本のハンドが取られたようですが、複数人が絡んだ攻撃はこれが初めてだったかもしれません。
どうしても個の力頼みというか、こういった形がもっと欲しいですね。

守備の方では少し心配なのは茂庭。
早い時間帯にイエローカードをもらい、さらにカバーリングのところで遅れてタックルにいく場面がありました。
退場で試合を壊すのだけは勘弁してほしいところですが・・・。

そして前半はほぼ見せ場なく終了。
シュートこそセレッソの方が多かったですが、チームが機能した時間帯は全くありませんでしたね。
まあ、今シーズンチームが機能した時間帯をほとんど見たことがありませんが(笑)。

後半、気になったのは雨が非常に強くなったこと。
ボールもかなり水しぶきが出ていたため、試合に影響してきそうな天候でしたね。

こういったコンディションでは中途半端なプレーや低い位置でのパス交換は命取りでしょうね。
また、セレッソはこういう状況に弱い印象があるのですが・・・。

そしてやはりこういった展開で少しずつ危ない場面が出てきます。
中途半端に繋ごうとしてシンプルなカウンターを受けたくはないところ。
また、特にセットプレーは一発でやられてしまう可能性があるだけに怖いですね。

一方のセレッソにチャンスがあったのは右サイドからの攻撃。
ソウザが得意のフェイントで相手をかわしてからクロスを上げると、足を延ばして触った玉田ですが、そのシュートは相手のGKのセーブを受けてしまいます・・・。

セレッソの最初のカードは玉田を下げて酒本。
杉本が1トップに入ったでしょうか。
雨の厳しい状況だけに、地上戦は無理という判断でしょうね。

さらに清原を下げてまたリカルドサントス。
澤上にせえよ・・・。
良い意味で期待を裏切ってくれれば良いですが。

そのリカルド、杉本からのファーへのクロスを受けるものの、折り返しを狙ったキックは空振り・・・。
頼むでホンマに、という相変わらずのプレーでした。

そして相手のセットプレーからのクロスを味方がクリアしたところ、そのボールを胸でトラップしたリカルドがハンドを取られゴール前のFK・・・。
ここからの相手の見事なFKはキムジンヒョンがスレスレでセーブしたものの、リカルドは正直疫病神間違いないですね(笑)。

セレッソ最後のカードは松田を下げて澤上を投入。
酒本がサイドに出て前は完全に高さ勝負でしたね。

そんな中、セレッソはラッキーなチャンスを得ます。
CKから、ファーサイドに入ったボールはそのまま超えていきそうな弾道でしたが、ソウザを相手DFが引き倒したとしてPKのジャッジ。
ノーチャンスの流れだっただけに、少し徳島は可哀想でしたが・・・。
この緊張するPKを蹴るのは杉本!
ゆっくりとした助走から右の低い位置に鋭く蹴りこみ、遂に先制。
ここでずるずると下がる悪癖を出さずに、きっちりと残りの時間を終わらせることができるでしょうか。
毎回この展開で失敗しているだけに、これが昇格に向けての試練ですね。

その後は徳島が完全に押し込み、セレッソは跳ね返し続ける展開に。
折角のカウンターのチャンスもリカルドの足にボールがつかずにフイになる場面も。

しかし、最後までボールを跳ね返し、セレッソは厳しいコンディションの中貴重な勝利!
サッカーの内容そのものは正直まったくダメでしたが、この雨の中では望むものは勝ち点3しかありませんでした。
その意味では、最大の収穫を得たアウェーの一戦でしたね。



■攻撃の形が少なすぎるが、改善は難しいか。

今日は山下が出場停止ということもあり、茂庭が入った3バックでしたね。
正直、早々にイエローカードをもらったプレーを見ていても衰えている印象ですね・・・。
カバーリングで遅れてスライディングしてイエローというのは、茂庭のスピードという持ち味から考えれば苦しいですね。
しかし、今日は最後の時間帯も含めて頑張ってラインは上げていた印象はあります。
相変わらず相手の2列目の飛び出しを見れていないところはありましたが、受け身ながらピンチといえる場面は少なかった印象です。

一方の攻撃は相変わらず個人頼みですね。
トップの玉田に高い位置でボールが収まることがないため、攻撃はどうしても相手のブロックの外からばかりでした。
山口の楔のパスに複数人が絡むか、サイドからのクロスくらいしか形はありませんね。
それに対して中央に入ってくるのが杉本と清原くらいですから、得点の匂いは残念ながらほとんどなし。
このあたりは清原の攻守の切り替えの早さとその貢献度を考えると、高望みできないでしょうか。
もう少し狭い局面から崩す形や、カウンターから最短でゴールを目指す形なり、攻撃のスイッチが入るパターンをもう少し増やしていかないと厳しそうですね。
当然ながら、監督にそれは期待できないので選手間で(笑)。

今日は内容を求めるのも難しいコンディションでした。
まだ雨の弱かった前半も大概でしたが(笑)、後半はラッキーなPKに助けられましたね、正直。

それでも、勝ち点3を取らなければもっとダメージの残る一戦になっていたでしょう。
2位の松本はまだまだ落ちてきませんが、一つ一つ、勝ちを積み上げていくしかないですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。