FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J2 第35節】 いつになったら、安心して見られる試合が訪れるのか(笑)。 【セレッソ大阪 VS FC岐阜】

C大阪 3―2 岐阜
 [得点] C大阪:山村、杉本、玉田 岐阜:岡根、レオミネイロ


前節、ホームの大観衆の前で清水相手に相変わらずの劇的逆転負けを喫したセレッソ。
全く進歩していない戦いぶり、大熊監督の采配に今シーズンも昇格は難しいと感じた一戦でした。
守備的になる交代をしてはいけないというセレッソの定石(笑)を理解できない監督ですねー。

今日は下位に沈む岐阜との対戦ですが、まあ簡単には勝てないでしょうね。
今シーズン、楽勝といった印象が持てたのは相手が一人早々に退場した熊本戦くらいですから・・・。
セレッソもかなりの金満で選手を集めているのでしょうが、とてもとてもチームの強さに繋がっているとは思えません。
むしろ、その分サポーターとしては他チームサポに対して恥ずかしい気持ちですね。

一方、セレッソにとって明るいニュースと言えば代表での山口の劇的なゴールですね。
代表だと周りの選手も、一定の戦術もありますからね・・・。
セレッソから他に行けば、誰でもやりやすいんじゃないでしょうか(笑)。

今日のスタメンは予想通り玉田が戻り、ボランチには山村。
山村は少し可哀想な扱いをされているだけに、ソウザを押しのけるようなパフォーマンスを見せてほしいところです。

■楽勝の展開と思いきや、また水を差す連続失点。

今日のコンディションはかなり日差しがあり、暑そうな状況。
また風も強く、ロングボールは相当に影響が出そうでしたね。

出だしは岐阜の方が勢いよく来ていましたね。
セレッソはホームにもかかわらず水を撒いたピッチのボール処理をミスしてピンチを招く始末・・・。

前半の流れは完全に岐阜ですね。
セレッソは攻撃があまりにも遅く、ブロックの外をスピード感もなくボールを回しているだけ。
シーズンも終盤になってこんなサッカーですからね・・・。

得点の匂いが何もしていなかったセレッソですが、意外にも先制点はセレッソに生まれます。
右サイドからボールを運び、そのまま左サイドへ展開。
この間に後ろから人数を掛けてゴール前に選手が入っていきます。
すると、右サイドでボールを持った杉本がクロスを入れると、ファーサイドで高さを活かしたヘディングを叩き込んだのは山村!
山村はよく点を取る印象がありますね(笑)。
形はほとんどできなかったセレッソでしたが、このゴールが流れを変えるでしょうか。

しかし、セレッソはいつも先制点は取るんです(笑)。
この後に追加点が取れず、守りに重心が移ると一気に押し込まれる悪癖はなかなかなくなりません。

それにしてもセレッソはボールがトントンと繋がりません(笑)。
それぞれが自分しか理解していないプレーを他のメンバーに合わせてもらうことを期待してプレーしているような。
戦術が何もない分、もっと選手同士でやらなければいけないのでしょうが、なかなかそういうことはできていないようですね・・・。

そんな内容の芳しくないセレッソですが、なぜか今日は良い時間帯に追加点が(笑)。
前線で頑張って清原がファールをもらうと、左サイドからのFK。
丸橋が鋭いクロスをGKとDFの間に放り込むと、完全に相手マークの前に入った杉本がヘディング!
きっちりとファーサイドに流し込むゴールとなり、前半終了間際という最高の時間帯の追加点になりましたね。

前半はそのまま終了となり、スコアは最高の2-0という状況。
内容は相変わらずという印象ではありますが、不思議とスコアだけばっちりでしたね(笑)。

後半、選手交代なくセレッソは試合に入ります。

開始直後、セレッソは少し圧力を掛けて前へ。
追い風になる気象条件を活かしたいところでしたね。

岐阜も攻撃をしなければならないだけに、もっとチャンスを作らなければいけないセレッソですが、また悪い癖。
完結できない攻撃にタラタラボールホルダーに寄せない守備が出てきてしまいます。
特にソウザはパスも周りと合わないし、テンポを落としてしまうわで山口が帰ってくれば絶対に山村とのコンビにすべきと思いますが・・・。
大熊監督はそういうことはしないでしょうねぇ・・・。

展開そのものは良くなかったセレッソですが、岐阜もやはり下位に低迷するチームということか。
セレッソを押し込んでボールを回しているところ、中途半端なミスから玉田がボールを奪って一気に前へドリブル。
シュートまで持ち込もうとした強引なドリブルは最後でブロックされますが、そのボールを拾って左へ展開。
杉本とのコンビネーションから丸橋が左サイド深くまでえぐり、ファーサイドへのふわりとした絶妙なクロス!
ここに待っていたのは玉田、ヘディングで押し込み嬉しい今シーズンの2点目でしたね。
スタジアムが盛り上がる選手が点を取ってくれました。

ところが、ここからまたセレッソはやらかしてしまいます・・・。
まずはCKからの失点。
相手の選手を全くフリーにしてニアポストに入られ、ノーマークのヘディングを決められまず1点。

そこから1分も経たない内に相手が裏へ一本狙ったパスに丹野が飛び出しますが、ボールを蹴りだせずに入れ替わられまた失点。
なぜこういうことを簡単に許すような試合をするんですかね。
本当にチーム自体が何か負の空気を持っているとしか思えないような展開ばかり。

そのセレッソの最初の交代は清原を下げて酒本。
流れを変えられるでしょうか。
清原の攻守の切り替えの早さは惜しいですが。

その後もなかなかリズムが変わらず岐阜がボールを保持する時間が続きます。
そして来てしまいました・・・。
玉田を下げてリカルドサントス。
澤上にしてくれよ・・・。

しばらくしてようやく少し落ち着いたセレッソ、岐阜にチャンスを作らせませんが、一方で自分たちのチャンスもできず。
杉本あたりが徹底してリカルドを使わないのを笑ってしまいましたが。
そんなチーム状態ってどうなんでしょうね。

流石に今日は大逆転をされるまでには至らず。
ただ、これからの戦いに完全に水を差す2失点を食らい、3-2の接戦にしてしまいました。



■次節の岡山戦は負けしかイメージできない。

今日こそは途中まで安心して見られる試合だと思ったのですが(笑)。
これでは昇格は夢のまた夢ですかね・・・。

失点が多くても、攻撃がすごく見応えがあるチームだったらまだしも、攻撃も個人技頼みのチームなのに守備までダメとは。
個の力がある選手がいるだけに、余計になぜチームとして機能しないのか、このあたりが間違いなく大熊監督に大きな批判が出る要因でしょうね。

上手くいかないときはこんなものかとも思いますが、これがもう3年続いてますからね(笑)。
いい加減すっきりする試合を見たいものです。

個人を見ると、清原は攻守に効いていた印象がありましたが、最初の交代ですからね・・・。
酒本は当然いい仕事をしましたが、清原と替えるのはどうなのかなあと。

GKはやはり丹野は印象が良くないですね。
チームを救う、というような印象が全くなく、守備範囲が狭すぎて。
キムジンヒョンとの比較は可哀想ですが、2失点目の中途半端な飛び出しで失点は印象が悪すぎますね。

そして次節はアウェーでの岡山戦。
正直、今の状況では負けしか想像ができないのですが、一体どうなることやら。

スカパーのキャッチコピーではないですが「最高の週末」っていつ来るのでしょう(笑)。
勝ってもモヤモヤ、負ければ大逆転負けの繰り返しで特大級のイライラ、本当に勘弁してほしいです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング