FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J2 第36節】 ここ最近では比較的機能した試合も、ドローで決着。 【セレッソ大阪VSファジアーノ岡山】

C大阪 1―1 岡山
 [得点] C大阪:ソウザ 岡山:関戸


前節、快勝かと思いきやハラハラの一戦を下位岐阜と演じてしまったセレッソ。
今日は非常に重要な一戦、アウェーで5位岡山との対戦です。

終盤になるほどチームとしての積み重ねが力になるところですが、残念ながら昨年同様に全くチームとして積み上げのないセレッソ。
昨年みたいな空中分解はなさそうですが、よりどころがないチームは見ていてストレスが溜まりますね。

一方の岡山は前節アウェーで一人少ない中松本とドローということもあり、正直勢いが違う気もします。

スタメンは山口、キムジンヒョンが代表から戻ってきました。
ボランチのコンビはソウザということですが、どう見ても山村とのコンビの方が良いと思いますが・・・。
大熊監督も固執しますね・・・。

■先制点は理想通り、その後の守備の綻びが残念。

試合は比較的な静かな入り。
セレッソは最初杉本を目掛けたロングボールが目立ちましたね。

一方の守備は岡山の速い攻めがあまり出ていなかったこともあり、大きなピンチはありませんが、結構前線でポイントを作られていたような。
組織的なチャレンジ&カバーがないため、かわされるといきなりピンチになるんですよね・・・。
そのあたりは紙一重というところの気がします。

そのセレッソにトラブル・・・。
DF藤本が相手と競ってディフェンスした際に足を痛めてしまいます。
前半で茂庭を投入という展開は厳しいですね・・・。
さらに茂庭はここ最近パフォーマンスが良くないだけに、不安が募る展開でしたね。

前半も中盤になると、お互いエンジンが掛かってきたか、ボールを奪ってから速く攻める展開が出てきます。
どちらもシュートまで至るシーンは少ないものの、少し見応えのある展開になっていました。

すると、セットプレーからセレッソに待望の得点が生まれます!
丸橋がCKをショートで始め、清原からのリターンをクロス。
このボールが清原のところに跳ね返り、シュートしますが相手が必死のブロックで防ぎます。
しかし、また戻ってきたボールを清原が相手の寄せの中落ち着いて左に待っていたソウザへパス。
このボールをソウザが落ち着いてニアの上を抜くシュートを決め、セレッソ先制!
トラブルの前半でしたが、今日攻撃で良さを見せていたソウザの良い面が出ましたね。

ところが、この後がいけません。
前掛かった後にカウンターを受けると、左サイドに抜けた矢島を潰しきれず、ゴール前に決定的な楔のパスを入れられてしまい、相手のチャンス。
ここに2人が遅れて詰めると、右サイドのフリーの選手に繋がれ、綺麗にゴール左隅にシュートを決められてしまい同点。
あまりにも簡単に相手をフリーにしてしまう残念な守備で早々に同点にされてしまいます。
やはりセレッソに守備の安定は望めないですね・・・。

そして前半を終了。
折角のリードをすぐに失ってしまうあたりは、やっぱり簡単にはいかないですね。

後半、両チーム交代なし。

最初のチャンスは岡山。
ソウザのファールから右サイドでのFK。
嫌な位置からのクロスが入りますが、ここは何とかクリア。
ただ、そこからカウンターを仕掛けることができず相手にボールが渡る展開は嫌な流れという印象でした。
押し込まれだすと、自分たちで流れを変えられないのがセレッソですから・・・。

後半15分頃には右サイド深くまで崩されてあわや失点の場面を作られるなど、流れは岡山。
さらにセレッソは交代で流れを変えられる選手が酒本くらいしかいないんですよね・・・。

そしてその酒本が玉田に替わって登場。
玉田も今日は不完全燃焼でしたね・・・。

一進一退の展開でしたが、セレッソの最後の交代は清原を下げてリカルドサントス・・・。
うーーん・・・。

この後もお互いボールを奪ってからのカウンターにチャンスが見える展開。
セレッソもサイドからのクロスは入っていますが、最後の精度が足りませんね。
酒本は相変わらず攻撃の活性化に力を発揮していましたが・・・。

双方最後まで得点を目指して走る良い試合だったとは思いますが、結局DF陣がどちらも最後まで体を張る試合でした。
結局、得点は互いに生まれず。
1-1のドロー決着となりました。



■重要なのは次節以降勝ち切っていくことができるか。

今日は勝ち点3の欲しい試合でしたが、上手くいかないですね・・・。
ただ、ここ最近の中ではスペースがあったこともあってか、攻撃は悪くない印象でした。
前半も少ない人数でカウンターも仕掛けられており、特に左サイドの丸橋はここ最近非常に攻撃での良さが戻ってきた印象です。
一方、得点源の杉本が今日はお疲れモードといった印象でした。
パスを選択する場面が多く、仕掛けていくここ最近の良さが見えませんでしたね。

一方の守備では、同点にされた場面は中盤で入れ替わられてから、3枚のバックがバタバタで相手にフリーのシュートを打たれてしまいました。
今のセレッソは中盤で入れ替わられたときにすぐに大ピンチになってしまいますね。
中盤とDFラインの間に大きなスペースがあるのも相変わらず。
今シーズンはなかなか解消できないでしょうね。

清水戦の逆転負けや前節の岐阜戦の情けない試合運びを見ると、今日は比較的良い試合をできたようにも思います。
ただ、これがセレッソのアウェーでの戦績なんですよね(笑)。
ホームになった途端気負いがあるのか、さらに崩れていく印象。

次節からはホーム2連戦で山形、水戸が相手。
こういうところで取りこぼし、崩れていってしまうのが今までのセレッソ。

今日のドローを無駄なものにしないよう、きっちり勝ち切れるチームに変われるのか、今後のポイントになりそうですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。