FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J2 第42節】 久しぶりにセレッソらしい攻撃が見られた後半、最少得点で勝利。 【セレッソ大阪VSロアッソ熊本】

C大阪 1―0 熊本
 [得点] C大阪:杉本


J2も早くも最終節。
残念ながら、今シーズンも不完全燃焼の1年でしたね・・・。
最終節にあたり、自動昇格とは無関係になったことは残念です。

これだけのメンバーを揃えて、最後までチームとして機能する形が見れないとは。
監督の指示がよくマイクから伝わってきますが(笑)、あの指示では仕方ないかと。
監督、チーム戦術というものがいかに大事かがよくわかりますね。

さて、今日は熊本を相手にホームの試合。
事前報道の通り4バックに戻してきました。
正直、戦術も何もないのですから、守れない3バックよりも前線の選手を1枚増やせるこの布陣の方が良いとは思います。

1トップに澤上、その下に柿谷。
両サイドに杉本と清原を置き、CBは藤本と山下でしたね。
ベンチに久しぶりにべサルトが戻っていましたが、玉田、関口の名前がないのは残念でした。
昨シーズンのMVP級の2人なのですが・・・。

■後半に目を覚ましたセレッソ、何とか1点を奪い勝利。

試合開始から、柿谷と杉本の近い距離間でのパス交換が見られます。
コンビネーションを活かすことは重要ですが、あまりそこに固執すると相手にも狙われてしまいます。
このあたりの攻撃の形、拠り所がなく結局最後まで苦しむことになりましたね。

セレッソはボールは持つものの決定的なシーンはなかなか生まれず。
熊本も明らかにボールを奪ってからのカウンターを狙っていましたから、油断のできない展開でした。

非常に気になったのは柿谷のプレーの軽さ。
やはりケガの影響があるんでしょうかね・・・。
元々球際に強くない選手ですが、全く競れない、競ろうとしないプレーが散見されました。
これであれば別の選手を使った方が良いのではというデキでしたが・・・。

試合展開としては熊本のペースと言える状況でした。
中途半端なパス回しからカウンターを受けるシーンが多く、特に丸橋の守備がひどい印象でした。
守備は後手後手、あわやレッドカード出されてもおかしくないような相手を後ろから倒す守備・・・。
一時期良くなっていたかと思っていたのですが。

前半30分を過ぎたくらいから少しずつセレッソもペースを握っていたでしょうか。
ただ、どうしてもペナルティエリア内まで崩し切る形ができないですね・・・。

試合は決定機は熊本が多いまま、前半を終了。
4バックにしてもう少しましな試合が見れるかと思いましたが・・・。
攻撃陣のコンビネーションもチグハグなまま、全く前向きな希望の見えない前半でした。

後半開始、いきなりセレッソは良い形の攻撃。
高い位置で相手ボールを拾うと、柿谷のポストから山口、そして右サイドの松田へ。
余裕のある状態からファーサイドの杉本へクロスを入れますが、杉本のボレーは枠に飛ばず。

ここからセレッソのペースが続きます。
熊本も人数をゴール前に固めて必死の守りでしたね。

そしてエース柿谷に決定機。
杉本と澤上で左サイドを崩し、澤上の深い位置からのグラウンダーのクロスが入ると、中で柿谷が完全にフリーに。
左足で丁寧に狙いますが、これは相手GK正面・・・。
これは決めておきたい場面でしたが・・・。

セレッソの最初の交代は澤上を下げて酒本。
清原が左に出て柿谷と杉本が前にポジションを取ります。
続いて清原を下げて田代を投入。

押し込むものの得点が奪えなかったセレッソですが、遂に待望の先制点が生まれます!
カウンターから酒本が右サイドを抜け出し、長い距離のドリブル。
そこからファーに逃げる柿谷にしっかりとクロスを通すと、柿谷は胸でトラップ。
後ろから入ってくる杉本にボールを落とすと、そのまま杉本は右アウトサイドで技ありのシュート!
相手GKから逃げるような軌道でボールはゴール右隅に決まり、ようやく先制点がセレッソにもたらされましたね。

その後はセレッソも押し込むものの追加点を奪えず。
今シーズンこの展開で最後に何度も痛い目に遭っていましたが、今日は大熊監督少し学習したか。
柿谷を下げて秋山を投入し、ソウザを前に。
単純にソウザを下げればという気持ちがあるものの、さすがに中盤のスペースを埋めることのできる交代を選択しました。

結局、最後まで相手の得点は許さず。
後半のチャンスの数を考えれば物足りない結果ですが、少しセレッソらしい攻撃も見られた後半の1点で勝利となりました・・・。



■盛り上がりに欠ける最終節、プレーオフで雪辱を果たせるか。

今日は4バックということで、もう少し攻撃にいい形が生まれるかと思いましたが、上手くいかないものですね。
まあ、シーズン最初から攻守の形を積み上げられず、ここまで来てしまったらこんなものでしょうか。

特に前半は相手のやりたいカウンターを良いようにやられてしまい、中途半端な攻撃がそのまま相手のカウンターに繋がっていました。
今シーズンを象徴するような試合だったかもしれません。
しかし、後半は流石に目が覚めたのか、出だしからアグレッシブな攻撃が見られました。
それと同時に、前半非常に厳しい出来に見えていた柿谷の動きがどんどん良くなってきました。
動きながらボールを受け、簡単にパスをはたいてゴール前へ入っていく場面が増えましたね。
やはり低い位置でボールを持つよりも、間違いなく前で仕事をしなければいけない選手。
決勝点のプレーも彼らしい相手から離れる動きから生まれたものでした。

一方、プレーを見ていて気になったのはDFライン。
田中が入らないセンターバックはどちらもパスが出せない苦しい状況でした。
特に山下はフィード能力がなさ過ぎて・・・。
プレーオフで戦う相手は間違いなくそこを狙って前からプレスを掛けてきそうですね。
そして丸橋の守備、松田の攻撃時のアイデアのなさ、クロス精度の低さが今日は目立ってしまいました。
DFラインは間違いなくセレッソにとってウィークポイントになりそうです。

今日の試合が終わり、シーズンは終了。
結局、上とも下とも少し離れた昨年と同じ4位での終戦。
何とも盛り上がりに欠ける最終節になってしまいました。

これから昨シーズン最後に悔しい思いをしたプレーオフ。
正直、絶対に勝てる!という気持ちを全く持てないチーム状況ですが、一つ一つ、強い気持ちを持ってチームがまとまってほしい。

監督の采配には全く期待できず、むしろ変なことをしないでほしいという気持ちですが(笑)、選手の頑張りに期待しましょう。
またJ2でのシーズンを過ごすことは、チームにとっても選手にとってもプラスとは言えないでしょう。
若手の台頭や戦術の浸透がない以上、早くJ1の舞台に上がり、元凶となっている人たちにセレッソから離れてもらう、そんなことくらいしか今は希望がありませんね。
コメント
No title
前半の丸橋のあのファールは普通なら決定機阻止で一発レッドですね…。
後半の酒本の報復ファールも普通なら一発レッド。

勝ったとは言え審判のおかげでしょ、と言われたら反論できませんね。
熊本からしたら、丸橋、酒本がルール通りに退場になっていれば…というのはあるでしょうから。

後半しっかり修正できたとは言え、あれを前半からやらないと足元掬われそうで怖いです。
2016/11/21(月) 00:15 | URL | TDN #wLMIWoss[ 編集]
Re: No title
> TDNさん

コメントありがとうございます。
まあレッドカード出されても全く文句の言えないプレーでしたね・・・。

後半はかなり前からハメにいって上手くいった印象でした。
今シーズンは良い時間帯が続かず、面白くない試合運びが多かったですが、今日は良い頃のセレッソを少し思い出した気がします(笑)。

京都は今シーズン相性が悪い印象があります。
足元を掬われる、というよりはまともにやっても相手を封じられるか?少し疑問符も付きますね。

戦術、積み上げた形がない以上、少しでもコンビネーション、力のある選手を使っていくしかなさそうですね。
今日の出来であれば丸橋か松田に代えて田中で良いのでは?という気もします。
もしくはCBのどちらかを田中にするか。

後はやっぱりソウザよりも山村の方が安定すると思うのですが、大熊監督はどうしてもソウザを使いたいんでしょうね。
もちろんいい選手ではあるのですが、足が止まるリスクを考えると、ソウザ途中出場でもいいと思うのですが。
こういった起用は期待薄でしょうね。

2016/11/21(月) 01:48 | URL | 弓状列島 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング