FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J1 第1節】 守備には一定の安定も、ドロー発進。 【セレッソ大阪VSジュビロ磐田】

C大阪 0―0 磐田
 [得点] なし


いよいよ2017年のJリーグ開幕。
セレッソは久々のJ1ですね。

まさかの清武加入もあったセレッソですが、やはりそこはJ2からプレーオフで上がってきたチーム。
ユン監督に変わっても現実的にはチーム作りはまだまだこれからでしょう。
足元をきちんと見ながら、今シーズンはきちんとした”チーム”になる一年ではないでしょうか。
イライラだけが募る昨シーズンは本当にストレスの溜まる一年でしたから(笑)。

さて、今日の相手はジュビロ磐田を迎え、ホームでの開幕。
中村俊輔が移籍してきたことから、かなり注目度も上がるゲームになりました。
プレシーズンはお互いそれほど良い結果ではなかったように思いますが、本番でどうなるでしょうか。

セレッソのスタメンは予想通りに柿谷、杉本の前線。
清武はケガの影響でベンチにも入らず、関口が代役を務める形でしょうか。
ユン監督が力を入れている守備の形がどうなのか、注目の一戦でした。

■守備面では向上も、攻撃の形はまだまだ。

試合開始から、セレッソはアグレッシブに相手に詰めていく印象。
守備がきっちりとはまるかどうか、ポイントになりそうでした。

まず最初のチャンスはセレッソに。
ソウザが左サイドに展開し、丸橋からのアーリークロス。
柿谷がニアで潰れ、後ろに入り込んだ杉本が触ればチャンスというシーンでしたね。
セレッソは本来こういった攻撃は一つの形でしたが、昨シーズンは全く見れず。

前半10分を過ぎると、少し膠着した展開に。
お互いに決定的な形が生まれそうな雰囲気がありませんでしたね。

セレッソの攻撃は、明らかにサイドからのクロスとそこに入ってくる2列目の選手の動きが狙ったものと見えました。
アーリー気味でも杉本あたりを狙いながら、2-3人が飛び込んでくると迫力のある攻撃になっていました。
ユン監督が鳥栖で指揮していたときは豊田という絶対的なタワーがいたわけですが、セレッソでも形を少し変えてクロスからの形を作っていくのでしょうか。

また、セレッソはサイドチェンジを使って広くピッチを使ってスペースのあるサイドからの攻撃を狙っているようでした。
そんな中、水沼がまだ連携面でフィットしていないなあという印象もありましたね。

膠着した流れの中、30分過ぎには磐田のアダイウトンが遠めからワンステップの不意を突くミドルシュートがあり少しヒヤリとする場面も。
ここはキムジンヒョンが弾き出し、得点にはならず。

前半終了間際にもゴールに近いサイドでのファールから、中村のFKの場面を作られ、少し危ないシーンが生まれましたね。
強く当たることは重要ですが、不用意なファールだけはしたくないですね。

そしてセレッソにとってのビッグチャンスはその直後。
中盤でのパス交換から、山口がダイレクトで右サイドの裏に松田を走らせると、そこからのダイレクトクロスに飛び込んだのは杉本。
相手と競り合いながらのシュートはゴール右ポストに弾かれゴールならず・・・。
前半は柿谷がほとんどゴール前に絡んでこない一方、杉本はかなりゴール前に顔を出していた印象ですね。

前半は結局0-0で終了。
お互い守備面での頑張りもあり、正直決定機はお互いにあまり生まれない前半でしたね。
後半どこかで1点を狙いにいくことになるでしょう。
したたかに勝ち点3を狙えるか、注目でしたね。

後半、両チームとも交代なし。

ところが、セレッソにまずアクシデントが・・・。
開始早々水沼がドリブルで仕掛けたところ、太ももを痛めてしまい丸岡と交代。
水沼は少し空回りしてしまった印象ですね・・・。
後半早々にプランが崩れたセレッソですが、丸岡にとってはチャンス、この機会を活かしてほしいところです。

その丸岡がチャンスを早速生み出します。
右サイドの裏に抜け出し、完全にフリーとなって深い位置から中央への折り返し。
ここは中と合いませんが、思い切りの良さをもっと見せてほしいところでしたね。

次にセレッソにチャンスが来たのは後半15分過ぎ。
ソウザが高い位置でボールを奪い、中央に切り込んでいったところでファールを得ます。
ゴール前中央の良い位置からのFKのチャンスでしたね。
ソウザがこのFKを狙いすましてシュートを放ちますが、カミンスキーもきっちりとシュートを押さえます。

その後セレッソもボールを持つ時間は増えるものの、攻撃の糸口が見つからず。
特に柿谷の出てくるシーンが少なく、決定機も少なかったですね。

そう言っていると、遂に柿谷に大きなチャンス!
山口からの楔のボールに関口が右の杉本へ。
このボールは収まらず右に流れますが、そこに入ってきた柿谷の鋭い左足のシュート。
しかし、このシュートはわずかに左に外れてしまいゴールならず・・・。

その直後には磐田の方にムサエフの強烈なミドルなどもあり、少しずつどちらかに得点が生まれそうな雰囲気に。
セレッソはこの時間を上手くコントロールできるかどうか。

後半40分になりセレッソはようやく2枚目の交代。
関口を下げてリカルドサントスを投入。
柿谷が左サイドへ。

直後、右サイドでの崩しからクロス、こぼれ球を丸橋がミドルシュートを打つ場面もありましたが、カミンスキーの正面。
カミンスキーは良いキーパーですね。
ボールを全くこぼさないのでDFからしても頼りになる存在でしょう。

その後もセレッソはサイドからのクロスを起点にボールを放り込むものの、磐田の守備を崩すことはできず。
結局0-0のまま、久しぶりのJ1での試合はドローでスタートとなりました・・・。



■守備の向上は見られるが、早い段階で勝ち星を得て自信をつけられるか。

今日は3年ぶりのJ1ということ、かつ監督が変わってからの初戦ということもあり不安と期待の入り混じる一戦でした。
プレシーズンでは得点が取れない試合が多かったこともあり、その意味では今日の試合はそのままの結果になったというところでしょうか。

正直なところ、今日は見ていてなかなか得点の入る気配のない試合という印象でしたね。
攻撃の形ができてくるのはまだ先ということでしょうか。
そこまで何とか守備を構築して、しぶとく勝ち点を拾っていくしかなさそうですね。

個人に目を向けると、柿谷はまだまだ本調子とはいかなさそうですね。
気になるのは、プレシーズンからもボールがきっちりと収まらないこと。
足元に入ったボールにタッチが大きくなるシーンも多かったですね。

しかし守備はかなり向上した部分もありそうです。
ソウザも守備の穴をあけず、よくチームとして統率されていたと思います。

そして新加入のヨニッチはかなり”当たり”の印象を受けました。
落ち着いており、高さの面でもなかなかやってくれそうな気がします。

J1に戻っての初戦はドローでスタート。
ここから早い段階で勝ち点をいくつか取っていければ良い波にも乗れそうですが、負けや引き分けが続くとずるずる行きかねません。
次節はアウェーでの浦和戦と厳しい相手。

それでも、チームに自信をつけるために果敢に戦ってほしいところですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング