FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J1 第6節】 監督って本当に大事(笑)&古巣相手に見事な山村。 【セレッソ大阪VS鹿島アントラーズ】

C大阪 1―0 鹿島
 [得点] C大阪:山村


今日は素晴らしい試合でしたが、記事は短めに。

公式戦3連勝中のセレッソ、徐々にユン監督の戦術が浸透してきたか。
特に守備の改善ぶりはセレッソサポーターが一番衝撃を受けているでしょう(笑)。

アウェーでの鹿島戦は勝ち点1でも持って帰れれば上出来、というのが正直な戦前の想定ではなかったでしょうか。
ただ、一方の鹿島もACLを控えて相当にスタメンを変えていましたから、結局はここがポイントになったでしょうね。

試合開始から、セレッソがプランに沿って守備をきっちりと固め、前線の杉本、山村に収めてから速く攻撃しようという展開。
序盤には山村のFWのような(笑)相手を外してからのミドルがポストを叩くなど、鹿島にペースを渡しません。

何より、感じるのは当初はボールを奪っても早く攻撃に展開できなかったところが、今日はロングボールあり、加えて近くに繋いでから素早く逆サイドに展開していく場面も。
ユン監督のサッカーでは守備でボールを奪ってから、素早く少ない人数でゴールまで直結する切り替えがポイントと思います。
それがようやく出てきたように思いますね。
杉本と山村のコンビも息が合ってきているようにも感じました。

前半終盤には鹿島に完全に崩され、ペドロジュニオールに決定機を作られますが、ここはキムジンヒョンの素晴らしいセーブ。
0-0で前半を終えますが、セレッソは納得の前半でしたね。

そして後半早々、古巣対戦の山村が大仕事。
右サイドで杉本がよく粘ってポストプレーで後ろのソウザへ。
そこから右サイドを飛び出した関口がボールを持ち上がります。
中で動く山村を見つつ、ピンポイントでニアに鋭いクロスが入ると、そこにまたもやFW(笑)の動きで相手DFをはがした山村が入り込み、難しいヘディングシュートをゴールに叩き込みます!
古巣相手に、本当にうれしいゴールだったでしょうね。

この後も流れは変わらず、セレッソはしっかりとした守りからカウンターを狙います。
追加点を奪うことはできず、相手も選手交代を早め攻撃の圧力を高めてくる中、終盤は前節同様に5バックへ移行。
ただ、今回は前からのプレスが掛からなくなったことから、少し裏目のサンドバッグ状態。

ヒヤヒヤの終盤ではありましたが、最後の鹿島のCKでもキムジンヒョンがスーパーセーブで試合を締め、1-0での勝利!
まさかのアウェー鹿島での勝ち点3でリーグ3連勝。
来週に控えた大阪ダービーを前に、チームが上昇曲線に入ってきましたね。


この試合、やはりユンジョンファン監督の力を感じずにはいられません。
正直、今までの派手なセレッソを期待するライトなサポーターは辛いかもしれませんが(笑)、”勝てる”監督さんだなあと。
昨年の大熊監督との対比があまりにもありすぎて(笑)。
やっぱり監督ってのは大事だと。

また、今日の試合を見る限り、清武や水沼も使いにくいかもしれませんね。
山村、関口の貢献度がすごいですからね・・・。
そして木本も今の流れが続く限りは使い続けてほしいですね。
どちらかというと、ビルドアップできない山下は個人的には苦しいと感じているので。

3連勝中無失点が続くセレッソですが、次の大阪ダービーでも継続できるでしょうか。
ダービーは調子の良し悪しだけでは決まらないところもあるので、是非気持ちで負けないよう、戦う姿勢を見せる一戦を期待したいですね。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。