FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J1 第9節】 山村の強烈ミドル、さらに待望のあの男も得点して快勝! 【セレッソ大阪VS川崎フロンターレ】

C大阪 2-0 川崎
 [得点] C大阪:山村、清武


ユン監督が就任し、確実にチームになってきたセレッソ。
ここ最近は引き分け地獄(笑)が続いていますが、昨年から比べれば攻撃も守備も格段の向上が見られていますね。

今日は川崎をホームに迎えての一戦。
相手はACLもあり厳しいコンディションかもしれませんが、簡単にいかない相手であることは間違いないでしょう。

セレッソのスタメンは大分固まってきていますね。
ゴールが遠かった杉本も2試合連続ゴールですから、次は柿谷にゴールを期待したいところ。
一方、今日は遂に清武がスタメンに戻ってきました。

ここ最近は関口の方がチームに好影響を与えており、清武が入ると守備面で少しバランスが崩れる印象も。
それ以上に攻撃で貢献しなければ、チームにとってプラスにならないかもしれません。

■押し込んで得点が生まれない嫌な流れも、終わってみれば快勝。

まず最初にセレッソは右サイドのFKから清武のキック。
ファーサイドのソウザが折り返しますが、ここはシュートまで至らず。
清武にはセットプレーからのチャンスメイクにも期待が集まりますね。

序盤は比較的セレッソの方がボールをしっかりと前に運べていた印象。
左サイド丸橋からのクロスもなかなか感触は悪くなかったのではないでしょうか。

一方で守備の方は川崎のボール回しの警戒もあるのか、若干寄せが緩い印象がありましたね。
中途半端な対応をしてしまうと、浦和戦の反省もありますからラインだけはズルズル下げないようにはしてほしかったですね。

セレッソにとって大きなチャンスが来たのは15分過ぎ。
ソウザが高い位置からのインターセプトをそのまま持ち上がり、左サイドから杉本のクロス。
こぼれ球が清武にわたり、ボレーシュートを狙うもここは相手のブロック。

その後のプレーでもソウザが強烈なミドルを放ちますが、相手に当たって変わったコースへのボールにも相手GKがファインセーブ。
この流れの中で何とか得点を生み出したいところでしたが・・・。

しかし、セレッソにとって不運だったのは相手GKチョンソンリョンが大当たり・・・。
セレッソの決定機がいくつかあったものの、ことごとく防がれていましたね。

そうしていると、川崎の得意なショートパスの崩しからラインを破られる場面もあり、まったく油断できない状況。
ここ最近はチャンスは作るものの崩しきれず、セットプレーから失点ですから。
守備のブロックは崩したくないところ。

そんな中、セレッソにとっては残念な判定が。
前半の終盤、川崎が攻め上がってゴール前にルーズボール。
三好が飛び込んだところにクリアしようとしたヨニッチ、オーバーヘッド気味に上げた足が相手に当たったファールと判定されPK・・・。
少し厳しい判定に見えましたが・・・。

ところが、小林悠のキックはクロスバーに当たってゴールならず。
チャンスを作りながら先制を許す最悪の展開は何とか避けることができましたね。

試合は0-0のまま前半を終了。
セレッソとしては得点を挙げられなかった後悔と、失点を免れた安堵の前半でしたね。

後半、川崎の方が交代選手を入れてきましたね。
やはり流れとしては良くないという判断でしょうか。

後半に入って川崎も少しボールが動いてきた印象。
セレッソとしても守備に回った時にしっかり我慢できるかがポイントでしょうね。
川崎の最後の精度が低い分助かっていましたが・・・。

後半15分くらいになるとまたセレッソのペース。
ただ、最後のシュートまで至らないのは嫌な流れですよね・・・。
負ける時のパターンにはまりこんでいるような。

セレッソの最初の交代は松田を下げて田中を入れる選択。
直前のところで松田は少し足を踏まれていましたが、何らかの意図をもった交代だったでしょうか。

するとその直後、セレッソに歓喜の得点が生まれます!
右サイドのつなぎから、清武がらしいノールックの楔のパスをフリーの山村に入れると、山村は鋭く右足を振り抜きます!
ファーサイドのネットに低い弾道のシュートが突き刺さり、FW顔負けの見事すぎるゴール(笑)。
良い流れの中で得点が奪えなかったセレッソですが、後半30分を前にした時間帯にようやく得点が生まれましたね。

それでも、今のセレッソの課題はここから。
セットプレーを初めとして、きちんと試合終了まで試合を締められるのか。

オフサイドの判定だったものの相手にゴールを揺らされる場面も出るなど、まだまだスッとは終わりそうにないこの試合。
徐々に中盤も空き出して怖さも出てきましたね・・・。

すると選手交代をしない中で山村をバックラインに下げ、3バックに。
試合を締める方策を模索している感じですね。

明らかに試合を終わらせるため、丸橋、ソウザを下げて水沼、秋山を投入。
これできっちり試合を終わらせられれば自信になるでしょうが・・・。

そして最後に決定的な得点が遂に生まれます!
さらにその得点が欲しい選手に生まれましたね。
前線へのロングボールからのこぼれ球を清武が上手く相手のDFの間を割って持ち出すと、相手を引き付けてから左の柿谷へ。
柿谷は狙い澄まして右足でファーサイドにシュートを放ちますが、ここは相手に当たってしまいます。
しかし、そのこぼれ球に合わせたのは詰めていた清武でした!

右足で泥臭く押し込んだこの得点が待望の復帰ゴールになりましたね。
正直、最初の交代は清武から、と試合開始時は思っていましたが・・・。
最後までフル出場、しっかりとゴールまで奪ったのは今後の好材料になりそうです。

試合は結局2-0のまま終了。
流れをつかみながら得点を奪えない嫌な流れもありましたが、内容と結果がようやく噛み合ったと言える試合になりましたね。


■今後のチームの成熟に期待を持たせる勝利。

今日は厳しい試合になると思いましたが、やはり前半のPKが決まっていたら試合はどうなっていたかわかりませんでしたね。
結果だけを見れば、やはり川崎は主力がいないことがこの結果に繋がったでしょうか。
内容が良くても結果が出なければ崩れていくことはよくあるだけに、今日の勝利はセレッソにとって大きいですね。

今日の試合を振り返ると、セレッソとしてはほぼ全体を通して流れを掴むことができた一戦だったかと思います。
ボールは良く回り、守備では川崎のパス交換が中途半端になったところをかなりインターセプトしてカウンターのチャンスにつなげていましたね。
まさにやりたいことがはまった試合だったでしょう。
清武が出ることで守備面がどうなるかがポイントでしたが、今日の試合を見ると十分に機能したようですね。

一方の攻撃では清武が入ったときの特長がよく出ていたように思います。
細かな中央でのパス交換の崩しが入り、前半は特に決定機が多くできていました。
その一方でサイドからのクロスがチャンスにもなっていましたから、上手くこれからも組み合わせて多彩な攻撃パターンを作りたいところです。
それができれば、今の守備組織の継続とともに、一段上のチーム作りも可能になるかもしれません。

そして今日の先制点を挙げた山村は素晴らしいの一言。
FW顔負けの難しい角度のあまりないミドルレンジからの鋭い弾道のシュートをファーサイドに突き刺し、思わず見ていて変な声が出てしまいました(笑)。
清武のゴールも試合を決めるだけでなく、復帰後初ゴールということで次にも繋がっていってほしいゴール。

セレッソサポーターにとっては、間違いなく素晴らしい一戦になったでしょう。
桜の季節は終わっていますが、これからに期待の持てる試合になりましたね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。