FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J1 第11節】 予想外の打ち合いを制し、今季最多得点で勝利! 【セレッソ大阪VSサンフレッチェ広島】

C大阪 5―2 広島
 [得点] C大阪:杉本2、ヨニッチ2、清武 広島:アンデルソンロペス、ミキッチ


前節、柏戦で久々の敗戦を喫したセレッソ。
相手の前からの強いプレスに苦戦し、守備は大きく破綻はしなかったものの丸橋のクリアが相手に当たって生まれたゴールでの敗戦でした。
丸橋のクリアした方向が妥当だったかはさておいて、失点後に必要な得点の可能性がほとんど感じられなかった展開は今後の課題でしたね。
予想以上の成果を挙げているユン監督の初年度ですが、守備の整備を維持しながらどれくらい攻撃の強度を上げられるか、これから問われていきそうです。

さて、今日はホームで広島との一戦。
まさかの低迷を続ける広島ですが、メンバーを見ればやはり力のある選手ばかり。
そろそろ調子を上げてきそうで、怖いところですね。

セレッソのスタメンは予想通りのメンバー。
やはり柿谷に流れの中からゴールが生まれてほしい、という一戦でした。

■予想外の打ち合い、杉本とヨニッチの2ゴールで快勝。

広島がゆっくりとパスを回し、セレッソは守備の網を構築してショートカウンターを狙う形でスタート。
最初の大きなチャンスはセレッソでした。

右サイドで清武が裏に飛び出し、中の状況を見ながら絶妙なマイナスのクロス。
そこにフリーで走りこんだのは柿谷でしたが、この絶好のチャンスもシュートは力なくGKに抑えられてしまいます。
コースを狙ったのでしょうが、足運びも上手くタイミングが合わなかったような感じでしたね。

序盤はセレッソの方にチャンスが多かったでしょうか。
特に清武の右サイドから形を作り、シュートまでいく場面も多かったように思います。
ただ、ここでゴールを挙げることができずにいると、前節のようなことも起こり得るということでしょうね。

すると、やはりその報いが。
広島の左サイドからの突破に、二人が寄せるものの中央へボールを折り返されると、このボールを絶妙なワンタッチスルーパスが青山から出てきます。
フリーで柴崎に抜けられると、その折り返しにアンデルソンロペスが詰め、綺麗に崩された失点・・・。
広島はメンバーが揃っているだけに、あまり調子に乗せさせたくないですが・・・。

この得点から、やはりペースは広島に。
セレッソに攻めさせているものの、ゆっくりパスを繋ぎながら、青山にボールが入ると一気にギアが上がる攻撃。
セレッソは青山や守備網の間に位置する相手を捕まえられず、苦しい展開が続きます。

それでも、セレッソは前半のうちに同点に追いつきます。
右サイドで山村が頑張って相手をはがし、マイナス気味にグラウンダーのクロス。
杉本のシュートはクリーンにヒットしませんでしたが、相手DFに当たってコースが変わったこともあり、ボールはゴール右隅へ。
苦しい流れではありましたが、早い時間帯での貴重なゴールになりましたね。

この得点からすぐにセレッソは流れを掴みます。
相手の攻撃を低い位置で絡め取ると、一気のカウンター。
高い位置の山村がボールを収めて相手を上手くいなすと、前に走る杉本へ。
トップスピードで並走して裏へ抜ける柿谷にスルーパスが通り、柿谷は空いたニアサイドを抜く見事なシュートでしたが、ボールはポストに。
しかしこのボールはゴールに詰めた清武の前に転がり、ごっつぁんゴール!
柿谷のゴールが見られなかったのは残念ですが、綺麗な崩しの形が見られたこと、しっかりとゴールに詰めた清武のランニングが良かったですね。

このゴールで調子に乗ったか、セレッソは流れを呼び戻します。
今日は山村のデキが素晴らしいですね。
前線でキープもできる、裏に抜けてタメも作ると何でもできますね(笑)。
そして前半の終盤にはソウザの弾丸ミドルからCKを得ると、キッカーは丸橋。
鋭いカーブの掛かったボールがニアに入ると、ピンポイントで合わせたのはヨニッチ!
シーズン序盤にゴールを重ねていたキープレーヤーが久々のヘディングゴールを突き刺しましたね。

前半はここで終了。
3-1というスコアは予想しませんでしたが、先制されてからすぐに跳ね返したところは前節とは違うところでしたね。
暑いコンディションの中、後半を締めることができるか、そのあたりもポイントになりそうでした。

後半、両チームとも交代なし。

前半はリードを奪っていい形で終えたセレッソですが、後半に入って早い時間帯に痛い失点・・・。
サイドを大きく振られ、左サイドの柏からフリーでクロスを上げられてしまいます。
一旦はクリアするものの、そのこぼれ球をミキッチに豪快に振り抜かれ、失点。
どうしても左柿谷、右清武は守備面では緩さが出てしまうのでしょうか。

それでも、広島もやはり良くないのでしょうねぇ・・・。
広島が押し込む形も、不用意なところで山村にボールを奪われ、杉本が長い距離をドリブル。
並走する山村もいましたが一人でボールを運び、右に流れて角度を作って右足を振り抜きます!
相手DFが飛び込む股を抜き、ファーサイド側を狙うお手本のようなシュートがゴール左隅に決まり、また2点差に戻します。
杉本も1点取ると結構固め取りできるんですよね・・・。
このゴールがJ1でも結果を出せるという自信になれば良いですね。

この展開でユン監督は早々に山村をセンターバックに下げ、3バックに。
ユン監督は結構早くに守る形にするんですよね。
杉本がそこまでボールを収められるタイプでないだけに、一気に守勢に回る可能性も出てきます。

やはり広島がボールを保持する展開となりますが、待望の次の得点はセレッソに。
柿谷が左サイドから切れ込んでミドルシュートを放ち、そこからのCK。
右サイドから左足の丸橋が鋭いボールをニアに蹴ると、手前で杉本がフリック。
そのボールを中央のヨニッチが相手を押さえながら押し込み、今日2点目。
後半30分を過ぎて3点差となり、これで少し試合の趨勢は決まったでしょうか。

広島の攻撃も決定機は生まれず、セレッソは守りに入って良いボールの取り方ができればカウンターという理想的な形。
追加点は生まれなかったものの、相手にも決定機を作らせずに3点差をつけての勝利になりましたね。

試合前からは想像できなかった打ち合いの試合となりましたが、貴重な勝利になったのではないでしょうか。


■得点こそないものの、MVPは山村!

今日は先制されたシーンから厳しい試合になるのではと予想していましたが、やはり広島も良くないということでしょうね。
守備面の緩さからセレッソに付け入るスキを与え、前半3点生まれたことはセレッソサポーターとしても少し予想ができなかったですが(笑)。
柿谷と清武の両サイドは攻撃と守備、本当に表裏一体という印象ですね。
攻撃の形は間違いなく面白くなりますが、守備では少し形を崩すという。

個人に目を向けると、MVPは山村ではないかという印象でしたね。
前半の苦しい時間帯の同点弾を演出したのも山村ですし、逆転ゴールの起点でボールキープをして上手く杉本に渡したのも山村。
最後は3バックにも入り、バテバテではありましたがそれもご愛嬌。

柿谷にゴールが生まれないのが気がかりではありますが、攻撃陣はかなり良い結果を残すことができましたね。
崩しの形もボールを細かくつなぐシーンや一発で裏を狙うシーン、カウンターと幅が出てきたように思います。
後は、これを守備の固い前節のレイソルのようなチームにできるかどうか。
早い時間帯に得点を奪えないと、苦しい展開になっていくこともあるでしょうね。

そのときに大事な守備組織ですが、こちらは気温が上がってくるとともに厳しくはなってくるでしょうね。
今日もボールを繋ぐ広島に完全に崩される場面がありました。
走らされることが増えると守備の乱れも出てきやすくなるでしょうね。
今日ももう少しボールを大事に繋いで時間を取りたいところもありましたが、やはりそこはセレッソの伝統でしょうか(笑)。
魅力でもあるのですが、オープンな展開にしすぎても良くないのかもしれません。

いずれにしても、連敗をしなかったことはプラスに考えられますね。
ここからは比較的下位のチームとの対戦が続くようです。

難しさも感じるでしょうが、上位をキープするには勝ち点3を積み上げていきたいところです。
次こそは柿谷のゴールで、勝利を見たいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング