FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J1 第12節】 大苦戦の前半、後半はセットプレーから勝利を手繰り寄せる。 【セレッソ大阪VS大宮アルディージャ】

C大阪 3―0 大宮
 [得点] C大阪:清武、山村、杉本


前節、不調の広島を相手に久々の大量得点で勝利し、上位に何とか食らいついているセレッソ。
今日はアウェーでこれまた不調の大宮との対戦。
ただ、前節大宮は今季加入の大前が初ゴールで勝利を挙げているだけに、タイミングが悪いかもしれませんね・・・。

さて、セレッソのスタメンは固まってきましたね。
前に杉本と山村の高さのあるコンビ。
サイドに柿谷、清武と良くも悪くも攻撃的、中央に寄るだけに攻守ともそこがポイントに。
山口、ソウザは昨年からは考えられないほど攻守に効いている印象があります。

下位に低迷する相手に取りこぼすのはセレッソの伝統(笑)ですが、今日は勝ち点を稼げるでしょうか。

■前半は大苦戦も、後半3発で完勝!

お互い静かな入り方をした印象の序盤。
セレッソは清武を中心としてワンタッチで繋がるとやはりゴールに近い位置でのチャンスになってきますね。

どちらにも決定機が来ない時間帯が続く前半でしたね。
気温もかなり暑かったようですから、ずっとフルパワーでプレーはできなかったでしょうが、お互いにチャンスはほとんどなし。

セレッソはオフサイドに掛かる場面が多かったですね。
大宮がDFラインを高い位置に設定していた証左かもしれませんが。

セレッソの攻撃は右サイドが多かったでしょうか。
柿谷にもう少し攻撃で存在感が出てくると攻撃に怖さが出てくるのでしょうが、中々守備で機能しながら、ゴール前でたくさん仕事をするというのは難しいのでしょうね。
ボールタッチも本当に良いときとは少し違う気もします。

それでも前半の終盤頃にはセレッソも大宮のミスからカウンターをいくつか繰り出す場面も。
なかなか深い位置で崩せない中、柿谷、清武のミドルシュートも見られましたね。

結局前半はほとんどチャンスらしいチャンスが生まれずに0-0で終了。
ただ、大宮の方が守備を固めながら、虎視眈々とカウンターのチャンスを狙っているようであまり良い展開ではないように感じられましたね。

後半、両チームに選手交代なし。

後半開始の時間は大宮が少し押し込む展開だったでしょうか。
セレッソは清武のラストパスの選択があまり良いフィーリングではない印象でしたね。

それでもセットプレーからセレッソはチャンス。
CKからのこぼれ球を柿谷が拾い、柔らかいクロスを上げると、ゴール前でスクランブル状態になってヨニッチが詰めるシーンも。
直後に右サイドの連携で山村が決定機を迎えるものの相手GKに阻まれます。
こういった時間帯に何とか得点を挙げたいところですが・・・。

そしてようやくの得点がセレッソに生まれます!
左からのCKをソウザが蹴り、非常に速いニアのボールを放り込むと、GKのパンチの目の前で触ったのは清武!
キッカーと得点者が逆のような気もしますが(笑)、ヘディングしたボールがゆっくりとゴールの中に入り待望の得点になりましたね。

この後セレッソは少しペースを落とすような展開に自らしていたように見えましたね。
試合展開を考えたサッカーだったでしょうか。

苦しい大宮に対してさらにセレッソは効率的に追加点を奪います!
右からのCK、またもソウザから放たれた鋭いボールは中央に運ばれ、なぜか(笑)どフリーになっていた山村が完ぺきなヘディングをゴールに突き刺し、貴重な2点目が生まれましたね。
本当にこの人の万能性、攻撃での貢献はすごいですね・・・。

これで大宮はかなり気落ちしたか。
セレッソが昔を思い出させるような見事なパスワークで3点目を奪います。
中央で清武、柿谷のパスワークで持ち上がり、右サイドの途中出場関口へ。
関口から鋭いマイナスのクロスが入り、最後右足で仕留めたのは杉本!
チームの得点王が2試合連続ゴールの結果を残し、セレッソとしては完ぺきな流れですね・・・。

アディショナルタイムに入るあたりに木本、J1初出場となる福満を登場させ、セレッソとしては理想的な展開。
その後も攻撃が躍動するシーンも多く、最後まで大宮を寄せ付けず、完勝!
3-0という得失点も稼ぎ、無失点で終える素晴らしい試合になりましたね。


■良いときのセレッソが戻ってきた?

前半は相手の固い守備に苦しめられ、ミスも目立ったセレッソ。
相手のペースに合わせてしまい、なかなか攻撃のギアが上がりませんでした。

ただ、そういった時こそセットプレーの飛び道具があるのは本当に大きな武器ですね。
ユン監督の山村トップ下も含め、これだけ既存のテクニックを活かした攻撃とセットプレー&サイドからのクロスによる高さの攻撃を整備するあたり、本当に当たりの監督という気がします。

攻撃は前半こそ清武のパスを中心に最後のところで上手く合いませんでしたが、1点が入ると面白いように繋がるシーンも出ていましたね。
本当に良いときのセレッソが戻ってきたようです。
クルピ監督以外ではこういったサッカーはできないのでは、とも思っていましたが、遂に見ることができましたね。
本来選手自身がこういったイメージを持っているのでしょうが、それをできるフィジカル、組織、距離感をユン監督が整備したということでしょう。

後は本当に柿谷のゴールだけです(笑)。
今日も”らしい”裏抜けがいくつかあったんですが、どうもゴールに一直線に上手く繋がっていかないんですよね・・・。
1点取れれば変わる気もするのですが。
調子そのものは悪くなさそうですからね・・・。

ここ3年くらい、セレッソの試合を見るたびに勝っても負けてもイライラしていましたが(笑)、今は毎週楽しみの方が大きいですね。
次は難敵神戸のアウェー戦ですが、順位の近い相手から勝ち点を奪いたいところ。
次節も期待したいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。