FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J1 第13節】 ユン采配が的中、難敵神戸に勝利! 【セレッソ大阪VSヴィッセル神戸】

C大阪 2―1 神戸
 [得点] C大阪:山村、水沼 神戸:渡辺


ここ最近、チームの連携も高まり調子の良さを見せているセレッソ。
下位相手の試合にきちんと勝ち点3を稼ぐことができました。

そんなセレッソの力が試される相手、今日は上位の神戸と対戦です。
難敵を相手に勝利を挙げられるか、チームが試される一戦でした。

セレッソのスタメンはここ最近と変わらず。
前線の杉本を初め好調な中、柿谷にサポーターはゴールを求めているでしょうね。

■苦しんだ神戸の圧力、ユン采配が的中して勝利!

試合開始からセレッソはパスワークもよく、調子の良さが見えていました。
ただ、神戸もボールを奪ってからカウンターが鋭く、怖さもありましたね。

双方とも集中した入りをした印象。
神戸のプレッシャーも早く、セレッソも余裕を持った攻撃はできていませんでした。

それでも、少しずつセレッソの方が押し込んでいたでしょうか。
細かいパスもよく通り、このあたりは開幕の頃とはかなり違っていましたね。
結果が出るにつれて自信が高まっている印象でした。

そのセレッソの最初の大きなチャンスは前半20分過ぎ。
高い位置で相手のボールにプレスを掛けて奪い、中央に流れたボールをソウザが強烈なミドルシュート。
相手に当たって嫌な軌道となったボールも神戸GKキムスンギュがファインセーブ。
ソウザの良さが出たシーンでしたね。

そんな流れできっちりと得点を生み出したのは好調のこの男でした!
低い位置でヨニッチがルックアップして相手DFのラインの裏にボールを出すと、裏に抜け出したのは山村。
相手を振り切ってGKと1対1になると、最初のタッチは少し長かったように見えましたがGKの鼻先できっちりとボールを押し込み、先制!
シンプルな攻撃でしたが、ヨニッチのボールも見事、山村の落ち着きも見事の得点でしたね。

一方の神戸も左サイドを中心に崩してからニウトンの強烈なミドルなど、反撃。
そして前半35分過ぎ、中央に入れられたボールに対して山下が渡辺に背負われて詰めきれず、振り向き様に見事なボレーを決められてしまいます・・・。
山下は昔からフィジカルの強い相手に簡単に背負われてしまう場面が見える選手でしたが、今日もそのシーンが出てしまいましたね・・・。
ただ、相手を褒めるべきシーンだったかもしれません。

ここから神戸が息を吹き返し、セレッソは少し厳しい流れになっていました。
ペナルティエリア前のスペースも上手く使われ、守備は少し後手になっていましたね。

激しい攻防となった前半は結局1-1で終了。
セレッソは幸先よく先制したものの、相手もさるもの、といった前半になりましたね。

後半、両チームとも交代なし。
試合展開は前半の終盤同様、神戸がやはり押し気味というところ。
特に前半途中に入ってきたウェスクレイにかなりてこずっていましたね・・・。

良くない流れの中、セレッソも動きます。
タッチのフィーリングが良くなく、攻撃のブレーキになることもあったキャプテン柿谷を下げて水沼を投入。
こういったエースでも交代させるユン監督の采配は好感が持てるところ。

すると、この采配がズバリ的中!
左サイドでボールを持った清武から山村にスルーパスが通り、山村はよく中を見てファーサイドへクロス。
そのボールを後ろから走りこんだ水沼が豪快にボレーシュートを放つと、相手GKの手を掠めてゴールを陥れます!
結果を出した水沼もお見事ですが、ユン采配が素晴らしいですね・・・。

さらにユン監督は杉本を下げて澤上を投入します。
このあたりもなかなか大胆な交代。

その澤上、前線でのボールキープ、ポストプレイが光りましたね。
もしJ1での初ゴールが生まれれば、大きな自信になるでしょうね。

セレッソに決定的なシーンが生まれたのは後半30分過ぎでした。
中央高い位置で山村がキープ、裏に走る清武にスルーパスがでて完全にGKと1対1。
ただ、ここでボールが足につかず決めきれず・・・。
こういったところで追加点を奪えずに痛い目に遭わなければ良いですが・・・。

バテバテの清武を下げて、最後の交代カードは関口。
きちんと守備のクローザーとして、苦しいときの前への推進力として機能してほしいところ。

最後の力を振り絞って押し込んできた神戸に苦しんだものの、結局試合を締めきったセレッソ。
2-1の接戦をモノにしましたね。


■チームに競争を生み出すユン監督の采配。

今日はここ2試合のような得点差はつけられない苦しい試合でした。
ただ、前監督であればアンタッチャブルでおそらく交代させないであろう柿谷や杉本をスパッと替え、代わりに入った選手がきっちりと結果を残しました。
このあたりは指揮官としてのユン監督の手腕に感謝しかありませんね(笑)。
早々に下げられた柿谷は、確かに今日は全く攻撃面でのフィーリングがずれていましたから・・・。

守備については神戸に中盤とDFラインの間、ブロックの間に入られて苦しんでいましたね。
敗れた浦和戦でもよく見られたシーンです。
前からの守備がはまりきらず、こういった場合には攻撃面で良さが出る清武や柿谷は少し消える場面も多くなっていました。
それでも1失点になんとか抑えたのも成長と言えるかもしれません。

個人に目を向けると、やはり山村の貢献度がとんでもないですね(笑)。
1点目のゴールもそうですし、2点目もアシストしていますから。
本当によくこの才能を見出したものですね、ユン監督は・・・。

今日の試合は一つターニングポイントにもなるかもしれません。
上位のチームに勝ったのはもちろんのこと、固まりかけていたレギュラーにも刺激が生まれるのではないでしょうか。
柿谷や清武であっても良くないと判断されればスパッと交代し、ベンチメンバーにもチャンスがあることが示されました。
水沼は今シーズンの数少ない新加入の選手でしたが、結果を残したことは喜ばしいですね。
夏場は消耗が激しくなるでしょうから、15人~20人くらいのグループでしっかりと力を出せるチームになってくれればと思います。
また、ユン監督はルヴァン杯も含めて明らかにそういったチーム作りをしてくれていますね。

難敵を退け、この勢いに乗って代表ウィーク前の残り1試合、次戦ホームの新潟戦も勝利を期待しましょう。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング