FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J1 第14節】 苦戦の前半からは想像できない大勝! 【セレッソ大阪VSアルビレックス新潟】

C大阪 4―0 新潟
 [得点] C大阪:柿谷、山下、山村、ソウザ


チームとして好調を維持しているセレッソ大阪。
公式戦5連勝と昨年からは考えられないような状況が続いています。

ユン監督の力によるところが大きいのですが、サポーターも逆に戸惑ってしまいますね(笑)、この好調ぶりは。
いずれにしても謙虚に、一戦一戦目の前の試合の勝利を目指してほしいところ。

今日は今シーズン不調にあえぐ新潟とホームで対戦。
監督も呂比須に替わっていますが、こういったときに当たるのも油断できません。
ガッチリと守りを固めるのでは、と戦前は予想されていましたがセレッソはきっちりホームで勝ち点を積み上げられるでしょうか。

スタメンでは事前報道の通り、清武がまたもやケガということで欠場。
前節殊勲のゴールを挙げた水沼が右サイドで先発となります。
清武が入って一気に攻撃のバリエーションが増え、以前のセレッソの攻撃が戻ってきたように見えていましたが、どうなるか。

また、珍しくユン監督は他にも選手をいじり、右サイドバックが田中に。
松田よりも攻撃に特長を持つ選手という印象ですが、この起用がどのように試合に影響するでしょうか。

■大苦戦した前半、PKでのエースの得点からセレッソが目覚める。

静かな入り方をした序盤。
お互い中盤で潰そうとする意図があり、なかなかゴール前までボールが届きません。

それでも徐々に攻撃の形を作ったのはセレッソ。
山村がトップの位置に入りポストプレーを見せ、チャンスが生まれていました。
ソウザのミドルシュート、柿谷の左足のシュートといったセレッソのチャンスの起点になっていましたね。

すると、左のCKからのショートコーナー、ソウザの鋭いクロスに山村が頭で合わせてゴール・・・と思われましたがここはオフサイド。
それにしてもこの人のキープ力、ヘディングは武器ですね。

しかし、この後セレッソはつなぎのパスが目立つように。
相手のボールを折角カットしてもカウンターに入る前にミスが出るあまり良くない時間帯がありましたね。
かなり日差しが強く、暑さもあったのかもしれませんが。

そしてセレッソのピンチ。
相手の堀米が左サイドから中央に入ってくるところを捕まえ切れず、ミドルシュートを許してしまいます。
このシュートをブロックしたものの、その跳ね返りがホニの前に転がりGKと1対1。
ここはキムジンヒョンがナイスセーブで防ぎますが、こういった一発での失点は気を付けたいですね。

セレッソの攻撃は清武がいないだけあって、左サイドの柿谷、丸橋のサイドが目立っていた印象。
柿谷も今日はドリブルで仕掛ける意識が高かったように思います。

新潟のカウンターも鋭さがあり、いくつかピンチにもなっていました。
特にセットプレーの後のカウンターがかなり危険な印象でした。
早めに先制点を奪いたい展開でしたね。

前半は結局膠着した状態が続き、0-0のまま終了。
攻撃の最後の詰めとカウンター一発に沈まないように注意したい後半になりそうでしたね。

後半、選手交代はなし。

後半早々、いきなり新潟に右サイドを崩され、ピンチを迎えます。
油断しているとやられそうな雰囲気がすごく出ていて嫌な流れでしたね・・・。
非常に気になるのは球際でなかなか勝てないこと、セカンドボールを結構取られているところでしたね。
流れを呼び込めない典型的な状況というか。

セレッソの攻撃はなかなか噛み合ってきません。
特に杉本が今日は全然機能していませんでしたね。
早めの交代もあるか、というような状況だったように思います。

すると、やはりユン監督は交代のカード。
杉本を下げて澤上を投入します。
妥当な交代、という印象だったように思います。

その澤上、早速前線でのキープから右サイドの崩しの起点となっていました。
淀みがちだった前線に動きをもたらしてほしいところ。

すると、その流れからのCKでセレッソにチャンス!
中央でヨニッチが相手DFに倒されたとの判定、PKがセレッソに与えられます。
このキッカーは柿谷!
ゆっくりと助走をとりながら、落ち着いて右隅にボールを置きにいった憎いゴール(笑)。
GKの逆を突いた待望のシーズン2点目でしたね。

ここからさらに畳みかけたいセレッソですが、新潟も反発力を見せます。
チアゴガリャルドの強烈ミドルが枠内に飛びますが、ここもキムジンヒョンがナイスセーブ。
今シーズンはキムジンヒョンの安定感が目立ちますね。

そして、セレッソはここ最近のチームの充実ぶりを見せます!
左サイドからのFKのチャンスを掴むと、中央へ放り込んだボールからスクランブルとなり、澤上がシュートを打ち切れずにこぼれた球をソウザが拾います。
ここでキックフェイントで相手をいなして左の水沼へボールを渡すと、水沼はふわりとしたクロスをファーサイドに。
大外に残っていた山下が完全フリーとなり、ヘディングシュートをゴールネットに突き刺します!
ここで追加点をきっちり取れるあたり、調子の良いチームなんだなと(笑)。

さらに気落ちした新潟をあざ笑うかのようにセレッソが狡猾に追加点を奪います。
澤上が前線で体を張って得たFK。
新潟の選手が気を抜いたところ、柿谷と山村だけが集中していました。
柿谷がこっそり(笑)ボールをプレースし、裏に抜ける山村へスルーパス。
山村が完全にGKと1対1になると、GKの脇の下を抜く落ち着いたシュートがゴール右サイドネットに突き刺さり、決定的な3点目に。
これで山村は6点目ですよ(笑)。
ムラがあってゴール以外のところで貢献度にバラツキがある杉本以上に、ゴール・アシスト・前線でのタメ・守備と万能すぎますね・・・。

こうなるとセレッソはお祭り状態。
ソウザが得意のドリブル突破から得た最高の位置でのFK。
今シーズンはまだ得点がなかったソウザ自身がゴールを狙うと、綺麗な軌道を描いてゴール左隅へ。
今節イエローカードをもらい中断明けの次節は出場停止になってしまいましたが、気持ちよく休みに入れるでしょう(笑)。

その後はきっちりと試合を締め、前半からは想像もできない4-0という大勝。
途中までは明らかに新潟のペースだったんですが・・・。
ただ、PKであっても1点を奪ってからの大量点が好調なセレッソということでしょうし、そこから崩れてしまうのも不振の新潟、ということなのでしょう。
つい最近まで逆の立場だった気がしますが(笑)。


■代表ウィークの中断前、ありえないくらい上出来のここまでのシーズン。

今日はガッチリ守りに入りつつカウンターを繰り出す新潟に苦しんだ前半でした。
その時点でこの結果は全く想像できませんでしたね(笑)。

PKの場面、後から見れば明らかに相手DFがヨニッチを両手で抱えて倒していましたから、PKは間違いないのですが、新潟としてはもったいなかったですね。
新潟のプランに完全にハマっていたわけですから。

しかし、そこからのゴールラッシュはセレッソの勢いを感じさせましたね。
清武がいなくてイマイチ攻撃の形は少なかったような気はしましたが、1点入ると変わりましたね。
ユン監督が早々に投入した澤上の前線でのキープと粘りは相当効いていました。
これも良い競争の元になりそうで、非常に好感が持てますね。

守備面では中盤にスペースがあり、前半は正直2点くらいやられてもおかしくない場面がありました。
暑い時期に掛けて常に守備を完ぺきに遂行するのは不可能ですが、相手の決定力不足、迫力不足に正直助けられたところもあります。

ただ、ユン監督はこのあたりもきちんと課題として認識しているでしょう。
試合中の指示で球際に強くいくことや、セットプレーを大事にすることなど、結果にすぐに結びついているのが凄いと思います。
まあ、良いときはこんなものなのかもしれませんが・・・。

今節をもって、J1は代表ウィークの中断に入ります。
正直、ここまでは出来すぎ中の出来すぎ(笑)。

休み明けもこの勢いが保てるよう、今の良いチームの雰囲気と競争を維持してさらに勝ち点を積み重ねてほしいですね!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング