FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J1 第17節】 苦戦の前半も、後半は勢いのあるセレッソが逆転勝利! 【セレッソ大阪 VS FC東京】

C大阪 3―1 FC東京
 [得点] C大阪:杉本、松田、ソウザ FC東京:ウタカ


J1もリーグ折り返しとなる第17節。
セレッソがこの位置にいることを戦前予想できた人はいるでしょうか。
私は全く予想していませんでした(笑)。
今年は”まとも”なチームに戻るための我慢の一年と考えていたのですが、ユン監督の選手の力を引き出すマネジメント力に脱帽ですね。
そんなセレッソは前半戦最後の試合をホームでFC東京と対戦します。
相手は大型補強をしたものの、あまり調子が上がっていないように見受けられますが、どうでしょうか。

セレッソは清武がまたも離脱ということで、そこには戦前の予想通り水沼が入ります。
大抵期限付き移籍の時は元のチームとの対戦では出れない契約の方が多い気がしますが、水沼は出れるんですね。

正直、結果は出ているものの最近守備が少し機能していないような気もするセレッソ。
今日はどのような試合になるでしょうか。

■前半は苦しむも、後半に修正し逆転勝ち!

試合開始から、最初のシュートはセレッソの柿谷。
前節のゴールから、思い切りの良さが出てくれば良いですね。
一方の東京もウタカが遠目の位置から強烈なミドルシュートを放つなど、お互いに個の力を感じさせる試合の入りでした。

序盤、どちらかというとゴール前まで運べていたのは東京でしょうか。
ウタカは結構サイドに流れてくる印象でしたね。
セレッソは杉本が最近イマイチな印象なだけに、そろそろ結果がほしいところです。

そのセレッソ、一瞬の油断から失点してしまいます・・・。
中盤でボールを失うと東京にショートカウンターに入られてしまいます。

スピードのある永井に走られてしまい、ヨニッチのスライディングも及ばず。
独走されてしまうと、GKの前まで運ばれ最後は中央に待つウタカへ。
あっさりとゴールを決められて痛い失点。
相手の武器をやすやすと出されてしまったところは反省点ですね・・・。

先制されてもセレッソは慌てた様子はありませんでしたが、東京の守備を崩すまでの攻撃はなかなか出てきません。
右サイドからのクロスはよく入っていましたが、ピッタリ合うようなボールはありませんでしたね。
東京には太田のバーを直撃する直接FKが出るなど、流れはセレッソに来ません。
山村を東京が上手く消していたこともあり、攻撃にタメができていませんでした。

数少ないチャンスは前半アディショナルタイムに入るところ、左のCK。
ソウザが入れた鋭いクロスにニアで杉本がすらし、ボールはゴール前の際どいところに流れますが詰める選手がおらず。

さらに決定的なプレーはその後に。
左サイドのソウザからファーサイドの裏に走りこむ松田に見事なクロスが入ると、松田は中央へ折り返し。
そこに完全フリーで柿谷が飛び込みますが、無人のゴールへのヘディングを外してしまいます・・・。
完全な1点ものの状況でしたが、これが試合を振り返ったときにどういう意味を持つか。

結局、0-1でリードされたまま前半を終えることになってしまいました。

後半、セレッソに交代なし。
一方のFC東京は前半終了間際に森重がケガで丸山に交代してしまっていました。

セレッソは開始早々から前へ行く意思を見せていました。
ゴール前に迫るシーンが多い時間帯に同点にしたいところでしたね。

この流れでゴールが生まれず少し嫌な時間帯、ようやくセレッソに同点弾が生まれます!
この日右サイドからのクロスがチャンスに繋がっていなかったところ、フリーで持った水沼のクロスが遂に得点に。
鋭くカーブが掛かったボールが入ると、FC東京DFは少し棒立ちの状況に。
そこに後ろから杉本が飛び込み、ゴール右隅良い位置にヘディングシュートが納まります。
正直今日もピリッとしなかった杉本でしたが、ここは良い仕事をしましたね。

その直後にまたも水沼のお膳立てから柿谷がゴール前に飛び込んで相手DFを置き去りにするシーンを作りますが、シュートは枠に飛ばず・・・。
1点もののシーン二つ目でしたね。

一方のFC東京もカウンターから永井が抜け出すシーンもあり、お互いにチャンスが生まれるスリリングな展開になっていました。
セレッソも攻撃だけを考えられる状況ではありませんでしたね。

それでも、激しい展開から次の得点を奪ったのはセレッソ!
中盤の激しいボールの奪い合いから水沼がボールを持ち出し、タメて右からオーバーラップした松田へ。
深い位置までえぐったものの中央に選手がいないと見ると、GKのニアサイドを抜く意外性のあるシュート!
これが決まってセレッソは今シーズンの勢いを感じさせる逆転劇でしたね。

ただ、こう見るとFC東京から来た水沼、松田が活躍しているわけですからわからないものですね。
本人たちの意地を見たプレーでしたね。

ここからセレッソはいつものように山村が下がって3バック。
しっかりと後ろのスペースを埋め、カウンターであわよくば追加点を狙う展開に。

この試合、丸橋が秀逸の出来でした。
特に攻撃、カウンター時の貢献度が素晴らしかったですね。
前へ運ぶ力、高い位置でファールを受けるなど、チームを助けていました。

FC東京がボールを持ち、セレッソがブロックを固めて守る時間帯が続きます。
得点がほしいFC東京は阿部、前田といったカードを切ってきます。
交代カードも豪華ですね(笑)。

そしてセレッソの最初の交代は杉本を下げて澤上を投入。
前からのディフェンスの役割が大きいかもしれませんが、できるだけセレッソのボールキープの時間帯をつくりたいところ。

まだまだ1点差の厳しい時間帯、その展開を助けてくれたのは今シーズン殊勲の活躍を続けていた助っ人、ソウザでした!
波状攻撃をしつつソウザがボールを持つと、寄せてきた相手DFを得意のフェイクで外し、思い切りのよいミドル!
地を這うようなシュートがゴール右下を射抜き、チームにとって最高の追加点を奪うことに成功しましたね。

この後はFC東京がボールを持つものの、さすがに気落ちした感が出ていましたね。
セレッソもカウンターからチャンスを掴みつつ、追加点は奪えません。

それでも2点差を最後まで守り、結果としては3-1の快勝!
後半に強いセレッソ、ユン監督の修正する力の凄さをまたもや見せつけられ、好調が続きますね。


■間違いなくこの試合のMVPはソウザ!

今日は前半あっさりとカウンターから失点し、少し不安が募った展開でした。
特に、柿谷が決定機を外し、嫌な流れにもなりかねない状況。

それでも、後半エンジンが掛かったセレッソの攻撃、早い時間帯に杉本の同点弾が生まれたところが大きかったですね。
一方のFC東京は森重のケガ、永井の決定機逸が響いたでしょうか。
その点ではセレッソもラッキーな面がありました。

同点にしてからのセレッソはやはり勢いのあるチーム、という印象でしたね。
右サイドで積極的なプレーを見せていた水沼、松田というFC東京から来た二人がゴールを奪うあたり、またチームが良い雰囲気になるでしょう。

そしてなんといってもこの試合のMVPはソウザ。
中盤での球際の強さ、ボール奪取、攻撃への貢献とまさに獅子奮迅の活躍。
チーム3点目のミドルは本当に一級品ですね。
昨シーズンあれだけ自由過ぎてピッチで行方不明(笑)になっていたのに、これも監督のきちんとした戦術によるものでしょうか。
欠いてはならない選手ですね。

さて、これでACL組を除いて17試合を戦い、前半戦を終えたJリーグ。
セレッソはまさかの暫定首位(笑)。
これは本当に想像もしませんでした・・・。

ユン監督の指導も素晴らしいのでしょうが、やはり選手にもそれだけの潜在能力があったということでもあります。
ますます、大熊監督の逆の意味での凄さが際立ちます(笑)。

今でこそ笑えますが、ここ2~3年は悲惨でしたからね。
今シーズンは本当に毎週末が憂鬱でなくなり、楽しくなって嬉しい限り。

7月は厳しい相手が続きますが、何とかこの勢いを止めないよう、期待したいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング