FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J1 第20節】 リスタートの一戦、守備に不安が残るも勝ち点3。 【セレッソ大阪VSコンサドーレ札幌】

C大阪 3―1 札幌
 [得点] C大阪:杉本2、ソウザ 札幌:菅


前節、アウェーの大阪ダービーで痛い逆転負けを喫したセレッソ。
先制してから守備固め、といういつもの展開に持ち込めず、スタミナ切れが見られた苦しい試合でした。

それでも、その負けをいつまでも引きずるようなら今までのセレッソと同じ。
そこからきちんと立ち直れるかどうか、今シーズンのセレッソが試されていますね。

そのセレッソ、今日はホームに戻って札幌との対戦。
札幌は昇格から当初は頑張っていたものの、徐々に降格圏近くへ。
しかし夏の補強としてジェイやチャナティップなど積極的な動きを見せ、前節は浦和に勝利していますね。
ルヴァン杯でもチャナティップはかなり効果的な動きでセレッソも苦戦しただけに、注意すべき相手でしょう。
また、FW都倉も対戦するたびにゴールされているような気がします(笑)。

一方のセレッソは層の薄さというウィークポイントが徐々に出てくるかもしれません。
前節に続き山下、そして山村が欠場。
ユン監督の采配で木本、久々のリカルドサントスが先発、さらに右サイドバックに田中を入れてきました。
このあたりが機能するのかどうか、注目の試合でした。

■最高の前半も、後半は消化不良。

試合開始、どのような展開になるのかというところでしたが、いきなり試合が動きます!
中盤で山口がトップのところへ楔のボールを入れると、リカルドがスルーして走り出し、ボールを受けた杉本がすぐにリカルドへリターン。
リカルドは拙いながらゴール前に持ち込みますが、相手が何とかクリア。
ただ、このクリアが中途半端になり、拾った杉本がコースを狙ったシュート!
相手DFにも当たったか、ボールはきれいに右上隅の良いコースに飛び、前半1分も経たずにセレッソが先制しましたね。
ちょっと予想外の展開でしたが、この早い得点が両チームにどのような影響を与えるのか、というところでした。
杉本は調子が良いということを示すゴールでもありました。

そのセレッソ、札幌のカウンターに対してリトリート、悪い癖であるズルズル下がってボールに詰めないシーンが。
そこからのミドルシュートをキムジンヒョンが弾いたところ、都倉に空いたゴールを狙われるというピンチがありました。
このあたり、中盤のプレスが上手くかからなかった後のボールに距離を置いてDFが下がってしまう守備は最近の課題ですね・・・。

その後は一進一退という展開でしょうか。
次の1点が入ると楽になるでしょうが・・・。

そして、こういった時に今シーズンのセレッソにはセットプレーという武器が!
相手ゴール前でリカルドが潰れて得たFK。
相手GKとの駆け引きから、ソウザが右サイドに狙いすましたキックを放つと、GKは完全に逆に動いていました。
綺麗にゴール右へボールが納まり、セレッソ待望の追加点が生まれましたね。

すると、セレッソの勢いが止まりません(笑)。
相手のパスをカットしたソウザから、流れるようにパスが繋がり左サイドの丸橋へ展開。
丸橋が狙いすましてクロスを入れると、綺麗な軌道から中央で頭で合わせたのはまたもや杉本!
ノっている男のヘディングは完全にヒットしなかったものの、右上隅の絶妙なコースにボールが飛び、何と前半で早々に3点差(笑)。
前節の敗戦から、ケガ人も出てきてまさかこういった展開になるとは思いませんでしたが・・・。

その後、さらにいくつかのチャンスも作っていましたが、さらなる得点はなし。
それでも、前半だけで3-0という最高の結果で終えたセレッソ。
後半も緩めることなく勝利を得られるかどうか。
特に、ここ最近全くないクリーンシートを達成できるかが重要でしたね。

後半、当然ながらセレッソは交代なし。
札幌は守備で河合を入れてきましたね。

札幌も前線3人の連携から崩しを狙うシーンがありました。
このままでは終われないという気持ちは当然あるでしょう。

一方のセレッソもカウンターから一気にチャンスを作るシーンが。
柿谷やリカルドも得点が欲しいでしょうし、杉本もハットトリックがかかっています。
しっかりとした守備からのカウンターの精度と迫力が増したのは、本当に今年変わったというところですね。

札幌がボールを保持してセレッソがカウンターを狙う時間が続きますが、徐々にセレッソも疲れてきたか。
札幌が小野を入れたあたりから、少し守備も低い位置まで押し下げられるシーンが増えていました。
後半も20分を過ぎたあたりから交代選手の投入も考えられる状況になっていましたね。

そして最初の交代は柿谷を下げて関口。
ユン監督は手堅い交代だと思いますが、柿谷に厳しい気もしますね(笑)。

次の交代はバテていたソウザを下げて秋山を投入。
明らかに中盤を締め直し、無失点で終わらせようという意図ですね。

しかし、今日も試合を締められず・・・。
ドリブルするチャナティップをリトリートしている守備の中、逆サイドへの鋭いスルーパスを通されてしまい、飛び出した菅にゴールを決められてしまいます。
田中が完全に裏を取られ、キムジンヒョンも少しノーチャンスでしたかね・・・。
それにしても締められませんね・・・。
強い相手と戦うことを考えると、この守備の状況では厳しいですね。

結局この後はセレッソも守備を固めて時間も稼ぎながら試合終了。
前半早いところで3-0としましたが、ちょっと消化不良だったでしょうか・・・。

不安は正直残りますが、まずは勝ち点3を喜ぶべき一戦でしたね。


■リスタートの一戦、最低限の成果は得た試合。

今日は何よりも連敗をせず、勝ち点3を得てリスタートすべき試合でした。
その意味では、3-1というスコアは全く悪いものではありませんでしたね。

ただ、あまりにも前半簡単に得点を重ねた分、後半は物足りなさが残ってしまいました。
無得点は別にして、やはり0に抑えられないですね・・・。
受身になった時の中盤の網の掛からなさは最近目に付きますね。
これが酷暑で運動量の問題ということだけであれば良いのですが。

個人に目を向けると、やはり杉本は当たっていますね(笑)。
昨シーズンも中盤以降から得点を重ねていましたから、この調子がシーズン終盤まで続けばというところです。
ソウザも良いプレーが多いですが、やはり去年同様ガス欠し出した印象。
ここはユン監督も交代という選択をしていましたね。

少し心配なのは柿谷。
最初の交代カードに選択されることも多く、今日もチャンスメイクは十分しているものの得点のチャンスが少ないですね。
得点機会が少ないこともあるのか、どうしてもプレーの選択がパスが中心になっている気がします。
これは今シーズンに限ったことではないかもしれませんが。

いずれにしても、今日は最低限の仕切り直しは出来た試合でした。
正直、今の守備の状況では強豪相手にかなりやられてしまいそうな気がします。

そのあたりも含めて、これからユン監督がどうマネジメントして再建するのか。
まだまだ厳しいシーズンが続いていきますね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング