FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J1 第23節】 虎の子の1点を守り切れず、痛いドロー。 【セレッソ大阪VSジュビロ磐田】

C大阪 1―1 磐田
 [得点] C大阪:杉本 磐田:川又


前節、ミッドウィークの清水戦で去年を思い出すような(笑)大逆転負けを喫したセレッソ。
夏場で走りきれないこともあるのでしょうが、悪いメンタルが戻ってこないかの方が心配です。

さらに、そこに山村の再離脱ということで本当に正念場が来たという状況ですね。
今節はアウェーで好調のジュビロが相手。
非常に厳しい試合になることが容易に予想されました。

スタメンを見ると、DFラインが変わっていましたね。
山下が戻り、右サイドバックも松田に戻りました。
ここ最近の失点の多さがどこで解消されるのか、今後のポイントですね。
また、山村の代わりはリカルドサントスが入っていました。

■杉本の1点を守り切れず、ドロー決着。

序盤、攻め立てるのはジュビロ。
川又のポストから、コンビネーション良く攻撃を組み立てます。
このあたり、やはり好調のチームという印象を受けましたね。

一方のセレッソは中盤で上手くボールを運べず、結構低い位置でボールを失っていたところが気になります。
また、中村や川辺といったプレーヤーをフリーにして前を向かれていた点は早めの修正が必要でしたね。

しばらくは完全にジュビロペース。
良いプレスがはまり、セレッソも前になかなかボールを繋げない時間帯でした。
ジュビロはゴール前でもきちんとパスを繋ぎ、セレッソの悪い状況、重心が後ろにかかってボールホルダーにチェックできない状態が見えていましたね・・・。

前半の中盤、セレッソはチャンスは作れないものの、ジュビロも少しペースが落ちたか。
若干セレッソも落ち着ける時間帯でしたが、攻撃面で上手くいっていませんでしたね。
ここ最近の試合と同様、ソウザのコンディションが落ちている印象を受けましたが・・・。
後は柿谷もミスが多く乗り切れていないシーンが見られました。

この流れの中、完全にゴールは遠いものと思えましたが、先制点はセレッソ。
右サイド水沼にボールが展開されると、得意の狙いすましたアーリークロス!
ニアサイドに素早く入り込んできた杉本が点で合わせ、ファーサイドのネットに収まる右足の見事なボレー。
ここしかないというクロスと、これしかないという合わせ方。
全体として流れの悪い中、貴重な先制点になりましたね。

その後は少し拮抗した展開。
スコアは動かず、1-0リードで前半を終了ということになりました。
流れは正直完全にジュビロでしたが、サッカーはこういうものでしょうか。

後半、セレッソは選手交代なく、ジュビロは1枚替えてきました。
正直ペースはジュビロだっただけに、この交代が試合にどのような影響を及ぼすでしょうか。
後はセレッソが後半また落ちてきてしまうのか、ポイントでしょうね。

後半もジュビロが仕掛けてくる展開。
それでも、後半5分過ぎのCKの守備からのカウンターは大きなチャンスでしたね。
数的優位もあり、決めきりたいところでしたが相手DFも体を張り得点ならず。

一方のジュビロもサイドからのクロスでチャンスを作り、セレッソがボールホルダーにいけないこともあって苦しい守備を強いられていました。
川又の折り返し、大井の落としからアダイウトンに押し込まれそうになった場面は松田の体を張った守備とバーに救われましたね。

そしてセレッソは後半15分になる前に早々に選手交代。
リカルドサントスを下げて木本を投入。
早々に5バックにして守備に重心を置く形にしたでしょうか。

それでも右サイド松田からのアーリークロスに杉本がニアでまたもや頭で合わせるシーンも。
これは完全にヒットしましたがポストに弾かれてしまいます・・・。
ここも決めていたら完全に大エースですけどね(笑)。

ジュビロが攻め立て、セレッソはがっちり固めて数少ないカウンターを狙っていく展開。
杉本がボールを落として柿谷が裏に飛び出す素晴らしい形が一つありましたが、決めきれないシーンもありましたね。
数年前の柿谷であれば一人で決めきってそうでしたが(笑)。

ジュビロの攻撃が続き、セレッソは我慢の時間が続きます。
セットプレーが徐々に増えて怖い場面も増えていました。

しかし、一方のジュビロもトラブル。
3人の交代を終えた後、荒木が右足を負傷してしまい、10人で残りを戦うことに。
セレッソもこの状況をきっちり締めきれるか。

ところが、今日も締めきれず・・・。
散々弾き返していたCK、中村がここはショートコーナーを選択すると、セレッソDFは集中力を欠いていました。
寄せが遅れ、狙いすましたふわりとしたクロスが入ると、川又にヘディング決められてしまい失点。
大分我慢していましたが、これは相手がしてやったりというプレーでしたね・・・。

この失点でセレッソは水沼を下げて澤上を投入。
相手が10人になっているだけに、勝ちを狙っていくのかどうか。

どうやら勝ちを狙うことを選択したセレッソ、押し込む流れになりますがゴールが遠い・・・。
最後の最後のチャンス、右サイド松田に出てきたボールを狙いすましたクロスかと思いきや、スリップしてしまいクロスに至らず。
残念な状況で直後にタイムアップ。

試合内容から見れば引き分けは十分な結果とは思いますが、やはり勝ち切りたかったですね・・・。


■内容的にはジュビロ、引き分けは妥当か。

今日は苦しい展開になることは目に見えていましたが、試合内容は完全にジュビロでしたね。
アタッキングゾーンでもパスがバンバン繋がり、セレッソの守備もあるのかもしれませんがやりたいことが十分にできていたように思います。
その点では、前半よく失点しなかったものだとも思いますね。
さらに、水沼から杉本へのピンポイントのクロスで得点し、運は完全にセレッソのようにも思いましたが。

ここ最近の反省から、早めに5バックにして守りに入ったセレッソでしたが、ジュビロには百戦錬磨の中村俊輔がいましたね。
中を固めるセレッソに対して、CKからショートコーナーを選択して中のマークを外し、そこにきっちりと川又のドンピシャヘッドを導くクロス。
ここまではCKも結構弾き返せていたんですよね。
そこを少しアクセントをつける点は素晴らしいですし、そういったプレーへの予測がなかったように見えたセレッソも改善の余地ありでしょうか。

個人で振り返ると、柿谷はやっぱりまだまだ厳しそうですね・・・。
個で突破が全くできず、球際が弱すぎる場面がよく見られます。
守備もできるだけやっていますし、周りを使うプレーも良いのですが、やはり杉本頼みの攻撃は怖さが減りますね。
山村がいない以上、柿谷を中央に持ってくるという選択肢もあると思うのですが、ユン監督はその選択肢は優先順位が低いようですね。

ただ、ここ最近のガンバ戦や清水戦に比べれば守備面で戦えていたセレッソが少し戻ったようにも思えます。
これが休みがあった関係なのか、山下、松田を戻した影響かははっきりわかりませんが、少し光明というようには思っています。

次節大一番の鹿島戦、相手の調子と自分たちの状況を考えればあまり楽観的にはなれませんが、それでもホームでの勝利を期待したいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。