FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J1 第25節】 ここ最近の悪癖が見えるも、反発力を見せて勝利! 【セレッソ大阪 VS FC東京】

C大阪 4―1 FC東京
 [得点] C大阪:杉本2、松田、柿谷 FC東京:ウタカ


代表ウィークが終わり、Jリーグも再開。
先日のルヴァン杯の準々決勝を何とか勝ち抜けたセレッソですが、その試合も2点を先制しながら同点に追いつかれてバタつくなど、守備がずっと課題になっていますね。
リーグもしばらく勝てていないだけに、中断明けのFC東京戦で久々の勝ち点3を取りたいところ。

セレッソでは山口、杉本、キムジンヒョンが代表に行っていましたが、全員スタメンに入ってきましたね。
2試合フル出場の山口のコンディションは気になるところです。

また、DFラインに木本が入り、山下が外れていました。
このあたりはコンディションの問題なのかどうか。
守備面での改善と含めて、気になるところでした。

■早すぎる守備固めから失点も、反発する力を見せた勝利!

試合開始、最初のチャンスはセレッソ。
山村のスルーパスから左サイドで杉本がDFラインの裏を抜けると、ペナルティエリア内まで侵入して中央への折り返し。
中に入ってきた水沼が左足ダイレクトでシュートを狙いますが、ここはボールを押さえられずに枠外へ。
今回も水沼、松田といったFC東京に所属していた選手のプレーも注目でしたね。

悪くない流れで入ったセレッソ、先制点は何とも予想だにしないところからでした(笑)。
右サイドの水沼から裏を狙う松田へのパスが入りますが、ここは意図が少し合わず相手が先手を取ってブロック。
ところが、相手DFとGKが中途半端な対応をしたところを諦めず松田が追うと、こぼれ球がそのまま松田のもとへ。
ゴールまで誰もいない状況になった松田は悠々とゴール。
何ともラッキーなゴールでしたが、FC東京も良くないと聞いていましたが少しそれを表すような失点でしたね・・・。

一方のFC東京、攻撃は悪くない印象なんですよね。
セレッソもフォーメーションが相手と違うこともあるのか、サイドから攻められた時にファーサイドで守備人数が足りずに危ないシーンもありました。

それでも、試合を見ているとやはり山村の価値を感じる試合でしたね・・・。
ルーズな前へのボールでもかなり収めるようなプレーを見せてくれますし、謎の(笑)テクニックで鮮やかなプレーを見せたり。
前に基点があることのありがたさと重要性を再認識するプレー振りですね。

ゴールのチャンスはセレッソの方が多い展開が続きますが、最後の決定機を決めきれない場面も。
いくら良いペースだったとしても、1点差では何が起こるかわかりません。
ましてここ最近も1点を失ったとたんにバタバタすることが多いですからね・・・。

そんな中、ようやくセレッソのエースに久々のゴールが生まれます!
テンポよく繋がるパス交換でリズムは生まれていましたが、ゴールは今年の形、サイドからでした。
右サイドの浅い位置から、クロス職人水沼のダイレクトの鋭いクロスが入ると、ニアでは誰もボールが触れられずに流れてきます。
そこに実に柿谷らしいDFラインの裏を取る動きでフリーになると、クロスボールを丁寧に右足で合わせて押し込むゴールでしたね。
シーズン4ゴール目というのは寂しいところもありますが、左サイドでの得点の形としてはやはりこういったシーンになるんでしょうね。
左では起点を作って崩し、右からのクロスで仕留める。
柿谷としてはそこに上手く入り込んでいく形でゴールを狙うということですね。
この得点を機に、ゴールという数字もついてくるようになれば良いですが。

前半終了間際という良い時間帯に追加点を得たセレッソ。
試合はこのまま2-0で前半終了。
後半、試合をきっちりと終わらせる戦いができるかどうかといういつもの課題ですが、それでもこの流れは100点に近い展開でしょうね。

後半、両チームとも交代なし。

いきなりチャンスはFC東京。
高萩が高い位置に入っており、そこからのスルーパスに永井に決定機を作られてしまいます。
シュートは右に外れて事なきを得ますが、このあたり相手も引き締めてくるでしょうから油断は禁物ですね。
こういった流れで失点して一気にトーンダウンしてしまうことはここ最近頻繁にありますから・・・。

この流れでセレッソが少し押し戻したところ、FC東京は後半10分ほど過ぎたところで2枚替え。
ウタカと太田が入ってきましたね。
こう見ると、やはりベンチも含めて豪華ですね(笑)。

すると、ユン監督はすぐに山村を下げて5バックに。
相当早いタイミングでの守備シフトですが、これがどう作用するかですね。
シーズン中盤まではこのシフトが効いていましたが、ここ最近はあまり守り切れていませんからね・・・。

FC東京の攻撃を少し受け止めた後、セレッソにもまたいくつかチャンスが。
相手DFラインの中途半端な対応から柿谷がボールをさらい、ゴールを狙いますが相手GKのブロック。
さらに右からのクロスに柿谷が柔らかく落とし、水沼のボレーも枠外に。
1点取れば試合も大きくセレッソに傾くと思うのですが・・・。

すると、今節もまた同じ展開・・・。
FC東京のセットプレーから、波状攻撃を受け徐々にボールを取り切れなくなると、最後はウタカの上手いシュートでゴールを陥れられ失点。
これが早めに重心を下げ過ぎたところの原因なのかどうかはわかりませんが、ラインが低くなってゴール前に選手が張り付きだすとダメですね。
最後の10分程度で良いと思うのですが、この戦い方は。

苦しい戦いになったセレッソですが、まだ力は残っていました。
カウンターから柿谷が右アウトサイドで絶妙な裏へのボールを出すと、飛び出したのは杉本。
後ろから来る味方を意識しながらペナルティエリア内に侵入すると、ドリブルで仕掛けてファウルを誘いPK獲得!
このPKを蹴るのはその杉本。
強くヒットしたシュートはコースが甘かったものの、GK林の脇の下を抜けるゴール!
嫌な展開の中、5バックにして攻撃の形が少なくなった中、カウンターからの1点は大きいですね。

そしてこれがセレッソの成長と言って良いのでしょうか(笑)。
カウンターから作ったチャンスから得たCK。
ソウザの入れた鋭いボールにニアで合わせたのは杉本!
相手より先にボールに触れたヘディングシュートが決まり、この日2点目。
同時に終盤で4-1とする決定的なゴールでしたね。

その後はFC東京も意気消沈だったか。
これ以上の失点は許さず、終わってみれば4-1の快勝!
守りに入って失点する嫌な流れでしたが、そこからの反発があったのは収穫でしたね。
FC東京の不調に助けられた感が相当あった気もしますが・・・。


■守備的な戦い方をどうするのかが大きな課題。

調子の良くないFC東京を相手に、勝利から離れているセレッソがどうなるか注目だったこの試合。
勝てないときもサッカーそのものは悪くなかった印象でしたが、今日は結果に結びついて良かったですね。

FC東京のバランスの悪さや流れの悪さを突いた松田の1点目。
ここ最近神がかっている水沼のクロスをエースの柿谷が決めた2点目。

後半、早すぎるような守備固めの5バックから失点し嫌な流れが出たものの、カウンターから値千金のPKを得た3点目。
そしてそのPKでゴールを挙げて勢いに乗った杉本の打点の高いヘディングで奪った4点目と、どれも意味のあるゴールだったように思います。

個人に目を向けると、やはり山村の前での頑張りと水沼のクロスは本当に大きな武器になっていますね。
山口、ソウザの中盤もパワフルでしたし、左サイドの柿谷、丸橋のコンビはやはり崩しの部分で良い関係を築いていました。
杉本も着実にゴールを重ねており好調を維持していますね。

後は、やはり5バックをどう扱うのかということでしょうか。
セレッソの悪癖は守備を意識したとたんに重心が下がりすぎ、ゴール前に張り付いてしまいラインが上げられないところ。
今日は5バックの状態からも2点を奪うことができたわけですが、5バックにしても効果的な攻撃をしながら上手くラインも保って守備的に時間を経過させることができるのかどうか。
単純にはそういった戦術をとるのが早すぎる、ともいえるのでしょうが、それでも守備的に上手く戦う、ということを意図的に完遂できるような意識づけをユン監督はしているのかもしれません。

いずれにしても、久々の勝利を3点差つけて挙げたことはセレッソにとって大きなこと。
ここから、どちらかというと下位チームと当たることが多いだけに、この勝利を再度アクセルを踏むものにしてほしいですね。

ルヴァン杯なども続いており苦しい日程にもなるでしょうが、ここ数年を考えればこんなに嬉しい悲鳴もないでしょう(笑)。
次もきっちりと結果を残してほしいですね。
コメント
<FIFAワールドカップ予選がいま熱い>:1xbet.com(ワンバイベット)からのお願い
担当者さま

はじめてお便りをさせていただいております。

当社は1xbet.com(ワンバイベット)というスポーツベッティングを運営しているオンライン会社です。運営されている情報溢れるサイトと提携関係を結ばせていただき、共に利益をもたらし高めていければと考えています。

当サイトではFIFAワールドカップ予選をはじめ日本代表選も取り上げて行く予定です。あなたのスポーツの知識と経験でお金稼ぎができるのです。(1xBetスクリーンショット:https://snag.gy/nwmkdE.jpg

もしご興味があればご一報いただけますでしょうか。オプションをご提示させていただく予定です。

お返事を心よりお待ちしております。

高 たかし
1xbet.com日本語サイト担当
ko@1xbetpartners.com
2017/10/07(土) 20:17 | URL | 高 たかし #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。