FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【天皇杯 決勝】 苦しい展開から、今季を象徴する2人の活躍で2冠を達成! 【セレッソ大阪VS横浜Fマリノス】

C大阪 2―1 横浜FM
 [得点] C大阪:山村、水沼 横浜FM:伊藤


プレーオフ昇格からまさかのJ1リーグ3位、ルヴァン杯優勝という結果となった2017年のセレッソ。
シーズン最後の試合となる天皇杯も決勝まで進出と、クラブにとって過去最高の1年と言えるシーズンでしたね。
さらに、元旦に試合を迎えられるという状況に、喜びを感じているサポーターも多いでしょう。

ここまで来たわけですから何とかもう一つのタイトルが欲しいところ。
来季のACLを本戦から戦えるかどうかもスケジュールに影響するだけに、さらに意味のある一戦でした。

一方の横浜FMもACLが掛かっているだけに、死に物狂いで戦ってくることが予想されました。
リーグではセレッソ優位の結果が出ていましたが、この大一番でタイトル経験豊富な相手は厄介な印象もありましたね。

セレッソのスタメンには柿谷、山口が戻ってきました。
杉本を除けばベストメンバーという印象です。
ただ、ケガ上がりの選手が本調子なのかどうか、少し心配でもありましたね。

■先制される苦しい展開、それでも今シーズンを象徴する粘り。

試合開始から、最初のチャンスは横浜FM。
丸橋のサイドをマルティノスに突破されると、逆足の右足からシンプルにクロス。
ヨニッチがボールをかぶって少しヒヤリとしましたが、伊藤のシュートはヒットせず難を逃れた格好になりましたね。

ここから少し試合は落ち着いた展開に。
セレッソもテンポの良いパス回しから崩していく形も見えていました。
ワンツーから清武が抜け出してシュートまで持ち込んだシーンは決定機。
ただ、ここは準決勝もスーパーセーブを連発していた飯倉に防がれましたね。

ところが、先制点はあっさりと横浜FMに。
左サイドの下平からのクロス、何度か上手い動き出しでフリーになっていた伊藤を木本が離してしまい、クロスをかぶる形に。
伊藤は落ち着いてボールをトラップし、キムジンヒョンの鼻先でシュートを押し込んで横浜FMが先制。
伊藤に何度か裏に抜けられるシーンがその前にもありましたが、修正しきれなかったですね。

この得点からは横浜FMのペースだったでしょうか。
しっかり守備を固めながら、マルティノスのスピードを活かしたカウンターで安全に追加点を狙っていく展開。
横浜FMとしては狙い通りの試合運びでしたね。

セレッソも決して攻撃が悪いわけではありませんが、準決勝も似たような形でしたね。
得点を挙げられずにそのうち一発でやられてしまうパターン。
このあたりは何だかんだ言って杉本の存在が大きいのかもしれません。

守備が上手くハマらないセレッソ、徐々に攻撃も機能しなくなってきました。
特に清武がどうも連携が上手くとれませんね・・・。
このあたりはシーズンから一緒と言えばそうですが。

結局前半は横浜FMのペースで終了。
セレッソとしては守りを固めた相手を崩さなくてはならず、後半も厳しい戦いになりそうでしたね。

後半、両チームとも交代なし。

後半最初も横浜FMが仕掛ける展開に。
ソウザが早い時間帯にイエローカードをもらってしまい、流れは良くなかったですね。
シュートも少ない試合でセレッソとしてはかなり厳しい展開でした。

後半の序盤、セレッソは結構バランスを崩した状況が多かったですね・・・。
カウンター時に数的不利になっていたり、中盤のスペースをかなり空けていたりという場面が目立ちました。
このあたりはリスク覚悟で前掛かりになっていましたが、あまり功を奏しているという印象ではありませんでしたね。

しかし、遂にその攻撃が実を結びます!
左サイドでボールを繋ぎ、中央へ展開。
中央でボールを受けた水沼は相手をはがして思い切りの良いミドルシュート!
このボールがドライブがかかって相手GKの前で落ちると、飯倉も弾くのがやっと。
そのボールがスクランブルになり、山村のもとへ。
山村は思い切りシュートを放つと、低い弾道の強烈なボールがネットに突き刺さります!
苦しい終盤になる前に同点に持ち込み、さらに勢いを持って畳みかけたい展開でしたね。

この展開から横浜FMはケガという情報のあったウーゴヴィエイラを投入します。
一発でゴールを陥れる怖さのあるFWだけに、攻撃だけを考えているわけにはいかない相手でした。

そしてセレッソはマルティノスに散々やられていた丸橋を下げて田中を投入。
このあたり、ユン監督は相手の良さを消していく采配が見えましたね。

さらに左足を段々痛そうにしていた柿谷を下げてリカルドサントスを投入。
柿谷も残念でしょうがここはリカルドに期待しましょう。

そのリカルドサントス、ソウザがドリブルで運んできてからのスルーパスに決定機。
二度のシュートも飯倉に防がれゴールならず。
体の割に裏へ抜けたがる(笑)リカルドの好きな動きだったかもしれません。

最後の時間帯に横浜FMのカウンター、加えてCKというピンチもありましたが何とか防ぎきったセレッソ。
試合は1-1のまま延長戦に突入しました。
全体としては横浜FMがプランを成功させた試合という気がしましたが、ここで追いつくあたりがセレッソにとっても成長でしょうかね。

そして、そのセレッソにとって遂に歓喜のゴールが生まれたのは延長前半5分!
左サイドの山村からストレート系のクロスがファーサイドに入ると、飯倉が目測を誤りかぶってしまいます。
そこに回り込んで飛び込んできたのは水沼!
きっちりとヘディングをゴールに押し込み、逆転!
それにしても神戸戦の劇的ゴールといい、水沼はどれだけ貢献するのか(笑)。
NHKの実況にもあったように、まさにセレッソを「上手い」チームから「強い」チームに変えてくれた象徴のような選手ですね。

この得点からはセレッソはいつものように山村をバックラインに下げ、守備を固めます。
前半に横浜FMがしていたように、セレッソもボールを上手く保持しつつチャンスでは少人数のカウンターで決定的な追加点が取れれば、というところでしたね。

延長後半になると、セレッソもボールをクリアするだけになる場面も。
もう少しきちんとボールをキープしたいところでしたが・・・。

それでも、延長後半の15分を守り切ると、歓喜の天皇杯優勝!
そして2017シーズンの最後を制したことで、無冠だったチームに一気に2つ目のタイトルになりましたね。
ユン監督が凄すぎます。
杉本がいない中でもこれだけ粘り強く戦えるのは、この監督の手腕の素晴らしさでしたね。
セレッソサポーターにとっても2018年は最高のスタートになりました。


■来シーズンはセレッソ伝統のジンクスを破れるか。

今日は自分たちの試合プランが全くハマらなかった苦しい試合でした。
堅守からのカウンターが武器の横浜FMに先制点を許してしまい、苦しい時間帯が続きました。
前半の途中~後半の序盤まで、完全に向こうのやりたい試合をされてしまいましたね。
それでも前から追ったり、諦めずに点を取るための圧力を掛け続けたところから同点ゴールを取り切りました。
このあたりはやはり今シーズンのチームが大きく変わったところでしょうね。
以前のセレッソであればさらにバランスを崩し、逆に突き放されてしまうところでしたから。

そして今日のゴールは山村・水沼と、ユン監督の今年のサッカーを象徴する2人だったことも印象的でした。
シーズン終盤はケガもあり結果がついてこなかった山村ですが、FWでこれだけのプレーをしてくれると貴重どころではありませんね。
いつものように最後は3バックの一人として試合も締めてくれましたし(笑)。
一方の水沼は神戸戦の劇的同点弾といい、天皇杯タイトルの直接的なMVPかもしれませんね。
これだけ気持ちも見せてくれる選手はサポーターにとっても本当に応援したい選手です。

ソウザ、山口は流石のプレー、柿谷、清武、丸橋あたりは今日はちょっと微妙でしたかね。
松田がかなり良いプレーをしている印象もありました。
特に守備面では相当に頑張っていましたね。

これでセレッソは去年の元日には全く想像もできなかった2冠を達成。
ACLも本戦からの出場権を手に入れました。
今はしっかり喜んで体を休め、またキャンプからきっちりと走り切れる体を作ってほしいですね。
去る選手もいれば新しい選手もいるでしょうが、ユン監督のサッカーをやりきれるチームを来年も見たいですね。

そしてセレッソ伝統の「優勝争い等をした次のシーズンは危ない」という流れを変えられるかどうか(笑)。
ユン監督のサッカーであればあまりそういった姿は想像しづらいですが、油断禁物。
ACLを挟む厳しい日程の中でも、今年同様に上手く選手をやりくりしながら、少しでも上へ進むチームに期待したいです。

今年も1年、見ていて楽しく、そして今シーズンの結果に恥じないような「強い」セレッソを見たいですね!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング