FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J1 第1節】 苦しんだ開幕戦、何とかドロー決着。 【セレッソ大阪VS横浜Fマリノス】

C大阪 1―1 横浜FM
 [得点] C大阪:柿谷 横浜:山中


2018年のJ1リーグ開幕。
セレッソはホームで横浜FMを迎えます。
ゼロックススーパー杯やACLが始まっているだけに、セレッソとしてはこれがシーズン4戦目となります。
相手は天皇杯決勝の相手ですが、監督が変わりサッカーが全く変わったと言われている相手ですね。

セレッソは悪くないシーズンの入りですが、リーグはまた別ものだったりするだけに、しっかりと試合に入りたいところでした。
そのセレッソ、スタメンはまた少しいじってきましたね。

DFラインには山下ではなく木本。
中盤はソウザでなく山村。
攻撃的なポジションの左は福満が入りましたね。
トップは予想通りの柿谷、杉本という布陣でした。

■相手に押し込まれ厳しい展開も、柿谷のゴールでドロー。

試合開始から、横浜がハイプレスで前から押し込んでくる展開。
このあたり、前評判通り大分相手のサッカーが変わっている印象でした。
セレッソは落ち着いて試合に入りたいところ。

最初にチャンスを掴んでいたのは横浜でしたね。
ただ、セレッソも徐々にカウンターで相手の上がったスペースを突くシーンもありました。
微妙なオフサイドの判定にはなりましたが、ゴール前完全に崩して柿谷のゴールかというシーンもありましたね。

しかし、先制したのは横浜。
相手の攻撃はセレッソの左サイドからが多く、ここから中に入っていく攻撃からでした。
山中が真ん中に入ってきて、そこに寄せるセレッソの守備が緩慢で遅かったところから。
山中に余裕を持った形でミドルシュートを打たれ、見事な弾道のシュートがゴール右隅へ。
ここは寄せの甘さが完全に失点に繋がってしまいましたね。

先制点を奪われたセレッソ、カウンターから相手の裏を取っていく攻めは変わらず。
杉本のポストプレーから山口が追い越してGKと1対1になる場面もありましたが、ここは相手GKに防がれ得点ならず。
前半のうちに何とか追いつきたいところでした。

ここからは一進一退という展開。
横浜は見事にチームが変わっていますね(笑)。
両サイドを広くとってボールが回り、セレッソは結構動かされていたように思います。
ほとんどが相手の右サイド、セレッソの左サイドからの攻撃で目立っていましたね。

セレッソは前半アディショナルタイムの最後、相手の低い位置でのミスから柿谷が決定機を得るものの、GKをかわした後のシュートは枠外。
結局、前半は0-1でリードされて終了となりました。
やはりリーグは難しいものがありそうですね・・・。
相手もこの試合が最初で、相当フレッシュな印象も受けました。
セレッソ自体のミスも多かったですね。

後半、両チームとも交代なし。

最初のチャンスは横浜。
また左サイドからファールを与え、セットプレーが連続しましたがここは何とか弾き返します。
丸橋のサイドが攻められると脆さを見せるのは今シーズンも同じですね。

一方のセレッソもカウンターからチャンスを作っていくのは前半と同じ。
どうも今日は前線の攻撃のコンビネーションがずれているのが気になりますね・・・。

それでも杉本のポストプレーから福満が左サイドを飛び出し、中央にグラウンダーのクロスを入れると、柿谷が上手く後ろにボールを落とし、最後はフリーで杉本。
ただ、この決定機を杉本はゴール右に外してしまいます・・・。
ここは決めないとダメなシーンでしたね。

そのセレッソは後半30分になると2枚替え。
木本と水沼を下げ、高木とソウザを投入。
少し意外な交替でしたが、山村をCBに下げる布陣変更でしたね。

点がどうしても取れない時間帯が続き、嫌な流れの出ていたセレッソ。
それでも、得点は意外なところから生まれるもの。
ソウザからの右足アウトでのクロスが入ると、中澤が難しい体勢でのクリアミス。
そこを見逃さなかったのは柿谷!
GKに当てながらもきっちりとゴール内に押し込み、終了間際に貴重な同点弾でしたね。

ただ、ここからノーガードになって失点だけは避けたい展開。
落ち着いた試合運びをしながら勝ち越し点を狙えるか。

セレッソの最後の交代は福満を下げてヤンドンヒョン。
高さも出して1点を狙っていきます。

しかし、ここからチャンスは生まれてこず。
最悪の結果は免れたものの、決定機を外したりその手前でミスでチャンスをフイにした試合は1-1のドローで決着となりました。


■攻撃陣は最後のところで噛み合わず。

今日は相手が大きくサッカーを変えた中での一戦、事前情報もなく難しい試合でした。
相手は非常にフレッシュで特に前半はかなり押し込まれましたね。
セレッソのスペースに上手く選手が入り、プレスの網に掛けられなかった苦しい一戦となりました。

特に前半の失点はもったいなかったですね。
あまりにも相手をフリーにしており、シュートは素晴らしかったものの必然の失点だったかもしれません。
山村のボランチはこういったスペースを素早く埋めていくのは厳しいかもしれないですね。
それ以降は全体的に体を張った守備はできており、失点しなかったのは昨シーズンからの積み重ねを感じましたが。

一方の攻撃は精度の低さが目立っていました。
最後のシュート、パスの精度が低くもったいない、というシーンが多かったですね。
去年とは少し異なる組み合わせではありましたが、メンバーが変わっているわけではないのであまり言い訳もできないでしょう。
次に向けて今日の反省点をつなげていってほしいですね。

個人に目を向けると、山村のミスが前半は目立ちました。
低い位置での繋ぎでミスは厳禁ですが、今日は3回くらいありましたね・・・。
このあたりは改善をしてほしいところ。

前線では杉本は最後のシュート以外は十分な働き。
ポストプレーにヘディングでの競り合い、守備の面でも十分な動きだったのではないでしょうか。
柿谷は前半のオフサイドを取られたシーンは少し可哀想でしたね。
オフサイドではなかったように見えましたが。
それでも貴重な同点弾を挙げ、今年はFWとしてゴール数も期待していきたいですね。

敗戦しそうな流れの中、何とかドローで終えることができたセレッソ。
ACLとの二足の草鞋が厳しいことを実感するような開幕戦でした。

それでも、ユン監督のもとしぶとく戦っていくチームを期待したいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング