FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J1 第5節】 試合内容は劣勢も、エースの仕事でリーグ初勝利! 【セレッソ大阪VS湘南ベルマーレ】

C大阪 2―1 湘南
 [得点] C大阪:ヤンドンヒョン、杉本 湘南:岡本


代表ウィーク明けのセレッソ。
今日はホームで湘南と対戦です。

昨シーズン終わりからあまり間を空けず、シーズンに入ったことも影響してか、中断前は完全に息切れといった印象のセレッソ。
神戸戦は完敗といった試合でしたね。
自滅と言っても良いような内容の悪い試合でした。
2週間の中断を経て、チームの状態はどこまで戻っているでしょうか。

スタメンを見ると、前は柿谷とヤンドンヒョン。
杉本は代表での一戦も考慮してか、ベンチスタート。
ソウザがケガということで、今日もオスマルがボランチに入りました。
攻撃を考えると、清武とソウザの不在は痛いですね・・・。

■試合内容は劣勢も、エースが仕事をして初勝利!

試合開始から、やはり湘南はアグレッシブにディフェンスをしてくる展開でしたね。
セレッソも最近は組み立てが上手くいかないことが多いだけに、この網をどうやって潜り抜けるか。

双方大きなチャンスなく迎えていた序盤、先制点を挙げたのはセレッソでした!
ゴールキックからのボール、水沼がハイボールを競り合ってこぼれ球から裏へ抜け出すと、横のヤンドンヒョンへ渡します。
ヤンドンヒョンは前が空いたことを確認すると、DFを少し外しながら左足で強いシュート!
相手GKの手を弾く勢いのあるシュートが決まり、セレッソが先制。
先制点自体が本当に久しぶりな印象ですね(笑)。
これでヤンドンヒョンもチームにしっかりフィットしてきてくれれば嬉しいですね。

今日の試合を見ていると、ヤンドンヒョンが前できっちり競り合えている部分が大きいですね。
前で潰れたり、収めるシーンがあるとチームも前向きにプレーできる、そんな場面が見られました。

ところが、前半35分過ぎ、セレッソは一つのピンチからあっさり失点。
セレッソの右サイドから仕掛けられると、そこからストレート系のクロスが逆サイドへ。
少しマイナス気味にボールが入り、セレッソのDFラインが寄せきれずにいると、岡本に左足で合わされ、ボールはゴール左隅へ。
マークに付いていた丸橋の寄せも甘いですが、ラインそのものが上げきれていなかったように見えましたね。

ここからセレッソも攻め手がなくなる展開。
中断前の悪いセレッソに少し戻ってしまいましたね・・・。
崩しの形がなく、相手のブロックの外をパス回しする時間が続きます。
一方の湘南は息を吹き返し、連動した良い攻めが出てきていました。
セレッソもここから押し返す反発力を見せてほしいところでしたね。

しかし、試合は1-1で前半を終了。
先制点を取れた試合でしたが、やはり簡単にはいきませんね・・・。
後半、もう一度締め直して勝ち越しできるか、注目でした。

後半、セレッソは交代なく、湘南は左サイドの高山を下げて杉岡を投入。
セレッソは杉本がどこで出てくるのかもポイントになりそうでした。

後半の入り、流れは湘南の方が良かったでしょうか。
セレッソと違い崩しの形をしっかりトレーニングしてきている印象がありました。
セレッソは攻撃については基本選手間に任されているところがあり、清武・ソウザあたりがいないと単調になりがちですね。

双方アグレッシブさを見せますが、形をきちんと作れていたのは湘南。
セレッソは崩すところまでは連続して作れていませんでした。
湘南の体を張った守備も印象的でしたね。

その後も湘南の連動した攻撃と守備に苦しみながら、セレッソは勝ち越し点を狙います。
全く悪いわけではないものの、どうも決め手に欠けますね・・・。

セレッソの最初の交代はやはり杉本の投入。
高木を下げて入れましたが、どんな布陣にするのか。

どうやらフォーメーションは変えず、杉本を前に入れて柿谷を左に出したようですね。
とはいえ前への圧力が掛かっているのは湘南の方。
セレッソは劣勢といった印象でした。

さらにセレッソは柿谷を下げて復帰の福満を投入。
柿谷も悪くなかったとは思いますが、得点の取れそうな場面はなかなか来ませんでしたね。

この交代後、遂にセレッソに欲しかった得点が生まれます!
右サイド松田から杉本を裏に走らせるボールが出ると、杉本は右サイドから相手を上手くいなし、ペナルティエリア内に侵入。
中にボールを入れる振りも入れながら、コースを見極めて左足を一閃!
DFの股の間を抜き、ボールはしっかりとゴール左を捉えましたね。
エースらしい働きを途中出場すぐに見せ、セレッソがようやく勝ち越し。

この後は湘南も力尽きたか、チャンスらしいチャンスは作れず。

セレッソは落ち着いて試合を終わらせ、ようやくの今季リーグ戦初勝利!
今日も正直内容的には負けていた部分も多かった一戦でしたが、まずは一つ勝利を挙げることができましたね。


■攻撃の形がもう少し見えてこないと厳しい。

今日は幸先よく先制を果たし、勢いが出るかと思いましたが、やはりそこは甘くないですね。
昨年も躍進したものの、内容を見ればギリギリの試合も多かっただけに、謙虚に戦っていく必要がありそうです。

個人で見るとヤンドンヒョンは今日は合格点の仕事だったでしょうか。
先制点だけでなく、ポストでもかなり頑張っていましたね。
チーム全体としては少し攻め手の少なさが気になりますが。

特に右サイド水沼からの効果的な攻撃が少なく、ここは相手からもかなり研究されているでしょうね。
また中にいるのが柿谷ですから、ここが山村だとまた変わってきそうですが。
その点では、もう少し選手同士の連動でフリーになる選手を作る動きが出てこないと、サイドからの放り込みか個人技頼みの試合が続きそうです。

今日は正直湘南の最後の精度の部分で助けられ、試合そのものは相手ペースのものでした。
それでも、内容ではなく今は勝ちという結果がチームにとっても大きいと思います。

その点では、中断明けの試合として、ベストの結果と言えそうです。
ここからまた連戦が続きますが、一つのきっかけになると良いですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング