FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J1 第9節】 チームに覇気がなく、気持ちで負けた一戦。 【セレッソ大阪VSガンバ大阪】

C大阪 0―1 G大阪
 [得点] G大阪:ファンウィジョ


厳しい過密日程が続くJリーグ。
セレッソもアウェー広州戦を落としACLは敗退。
時間を置かずアウェーでのガンバ戦と厳しい状況が続いています。

とはいえ、ACLはかなりメンバーを落として戦っただけに、この大阪ダービーにチームとしては照準を合わせたということでしょう。
その点では、セレッソにとっても負けられない一戦となります。

ガンバは最下位という厳しい状況ですが、ダービーはそういったこと関係なしの試合になる気もしますね。
セレッソとしては気を引き締めて戦いたいところ。

セレッソのスタメンは現在のレギュラーメンバー。
ただ、ソウザ、オスマル、木本あたりがケガで欠場しています。

■気持ちで負けたチームが敗戦するのは必然。

最初のチャンスはセレッソでした。
右サイドで水沼、松田のところでボールを運び、中盤の山村へ。
山村からの楔のボールを杉本が落とすと、柿谷が相手を上手くかわしてから左足でのシュート。
形は良かったものの、シュートは少し枠をそれてゴールには至らず。

試合序盤はお互いに激しく潰し合うところもあり、流れはどちらとも言えない展開。
セレッソもファンウィジョあたりの一発には要注意というところでした。

それでも次のチャンスもセレッソ。
裏へのボールに対して相手GK東口とDF三浦が交錯し、セレッソはゴールが空いたところを狙いますが、なかなかシュートに持ち込めず。
最後は右からのクロスに柿谷がフリーになりますが、ヘディングのシュートは戻った東口に防がれてしまいます。

ただ、ガンバにとってはこの接触で東口がプレー続行できず、交代に。
常にガンバの中ではチームを救っていた印象のある東口がいなくなることによって、試合がどうなるかが注目点でした。

ところが、ここからガンバのペースに。
特にサイドからのクロスにやられているシーンや、中盤の寄せが甘いシーンが多く、あまり流れが良くありません。
ファンウィジョがセレッソDFの間に上手く入り、フリーになっているシーンが多かったですね。
このあたりは修正しないと、どこかでやられてしまう印象がありました。

それでも30分を過ぎたあたりから今度はセレッソのペース。
中盤でボールが回るようになり、前線では杉本、柿谷のコンビネーションからシュートの場面も。
杉本にボールがかなり収まっていたところが良い攻撃を引き出していた印象はありましたね。

しかし、セレッソに落とし穴。
ガンバの攻撃、ファンウィジョがペナルティエリアでの仕掛けに対してヨニッチが対応。
上手く動かずに相手を止めたように見えましたが、これがPKの判定・・・。
ちょっとこれは厳しい判定と思いましたが。
このPKをファンウィジョが決め、ガンバ先制。
アウェーで相手に先制されると一気に流れが相手に行く可能性もあり、嫌な展開でしたね。

この後もセレッソはシュートまで持ち込むシーンを作れず。
試合は0-1で前半を終了、セレッソとしては残念な前半になってしまいましたね。

後半、両チームともに交代なく試合に入っていきます。

最初のシュートはガンバ。
前で起点を作られ、最後はサイドからのクロスの落とし、ファンウィジョのボレーシュートでした。
ファンウィジョは体が強いですね。
高い位置であれだけ体を張られるとスクランブルになってもピンチになってしまいます。

さらに決定機はガンバ。
セレッソの右サイドの裏を藤春に突かれ、中へのクロスにドンピシャで合わされてしまいます。
ここはキムジンヒョンのファインセーブ、弾いたボールがポストにも当たりながら入らなかったものの、試合は完全にガンバペースですね・・・。

そのセレッソも右サイド松田からのグラウンダークロスに高木が合わせるシーンもあったものの、ゴールが遠い状況。
シュートがとにかく打てていない点が気になりましたね。
ガンバよりも気持ちで上回るような気迫もあまり感じられませんでした。

なかなかチャンスを作り切れずに時間が過ぎていきますが、セレッソも交代を使いませんね・・・。
ユン監督はあまり動かない監督ではありますが。

ようやく動いたのは後半30分過ぎ。
水沼、丸橋を下げて清武と片山を投入します。
清武に崩しの起点を期待するのと同時に、片山のロングスローも使っていきたいところでしたね。

セレッソはさらにヤンドンヒョンを入れて前に高さをつけてきます。
この高さを使って得点を奪えるかどうか。

前に掛かるセレッソに対し、ガンバはファンウィジョのカウンターが脅威。
ここで起点を作られてセレッソはピンチになっている印象でしたね。

その後もセレッソはどうも噛み合わず。
前へのパスが受け手と合わず、カウンターになってしまう場面も多かったですね。

最後まで覇気を感じられないチームがダービーで敗れるのは必然というところでしょうか。
試合は0-1のまま終了。

少し情けない試合になってしまいましたね。

■メンタルを切り替え、嫌な流れをすぐに断てるか。

今日はACLでメンバーを落として敗れた以上、必ず勝たなければならない試合でした。
ただ、そういった流れそのものがチームにはプレッシャーをむしろ与えてしまったかもしれませんね。
攻守ともにちぐはぐさが目立ち、失点こそ不運な印象もあったものの、決定機から考えれば結果は妥当でした。

一番の不満はやはり気持ちで負けているところが見えた点ですね。
球際に負けている、プレーが消極的であっさりしたところが多く、これでは負けて当然といったところでした。

特に不満を感じたのは山口。
中途半端な楔のパスを奪われてカウンター、というシーンが何個もありました。
シュートを打つべき場面はいくつもあったように思いましたが、変にきれいなプレーを狙っていたような。
後半になってようやく前への推進力は出ていましたが・・・。

もう一つ、高木は今日は完全にブレーキだった印象ですね。
クロスをすべき場面、周りを使うべき場面で強引に自分で行ってチャンスを潰していたところが目立ちました。

今日の敗戦は少し嫌な流れになりかねない一戦ですね。
ただ、サッカーはこういうものかもしれません。
万全の体制を取ろうとすることが、チームの良い流れを逆に断ってしまうこともあります。
このあたりは難しいところ。

チームにはこの敗戦を引きずらず、次に早くメンタルを切り替えていくことを期待したいですね。
コメント
桜の花は散りにけり
ACLを戦ったのがCチームだと思ったのですが、昨日のガンバ戦を戦ったのがCチームだったのですね。

これから、セレッソに相応しい残留争いを期待します。 上位争いなんてセレッソに相応しくない。 ACL軽視のセレッソは下に沈んでいましょう。
2018/04/22(日) 12:52 | URL | ガンバルG大阪 #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング