FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J1 第11節】 内容は完敗、ラッキーなPKで勝ち点1を拾う。 【セレッソ大阪VSジュビロ磐田】

C大阪 1―1 磐田
 [得点] C大阪:杉本 磐田:川又


ACL敗退からダービー敗戦と、少し嫌な流れとなっていたセレッソ。
前節はホームで仙台に対して復帰の清武の2ゴールで逆転勝ちし、少しホッとしたというところでしょうか。

それでも今年は連戦がまだまだ続いていきます。
今日はアウェーで磐田との対戦。
最初こそ躓いたものの、大分戻してきている印象のある相手ですね。

セレッソのスタメンには柿谷が戻りましたね。
両翼は連戦の清武、右には水沼が入ります。

意外だったのはCBに復帰してきた藤本が入った点。
前節途中出場したばかりだっただけに、今日どんなパフォーマンスができるのかが注目でした。

しかし、連戦でもずっと出ているヨニッチ、山口は少し心配ですね・・・。

■試合内容は完敗、ラッキーなPKで何とか勝ち点1。

立ち上がり、両チームとも中盤のプレスが激しい展開。
まずは主導権をどちらが取るか、という状況でした。

お互いシュートまで至るようなシーンはなかなかできてきません。
ただ、前半15分くらいになると少し磐田の方がペースを握ってきたような印象がありました。
左サイドのギレルメなどの個の仕掛けに少し手を焼いていたように見えましたね。

その磐田の攻撃、サイドからのクロスにキムジンヒョンが中途半端な飛び出しで空いたゴールを狙われる場面もあり、セレッソは少し落ち着きたいところ。
良い守備から攻撃への良い切り替えがなかなかできていませんでしたね。

すると、悪い流れのままセレッソは失点・・・。
右サイドの低い位置でボールを不用意に繋ぎ、山口の横パスを奪われそのままクロスを許します。
中央で川又をカバーしきれず、ドンピシャのヘディングを叩き込まれてしまいます。
ここは完全に自滅のような失点の形でしたね。
どうも最近の山口はパフォーマンスが良くない印象ですね・・・。
連戦が効いているような気もしますが、代表選手としては物足りないプレーと感じます。

その後もペースは磐田。
セレッソはバックラインでの危なっかしいパス交換が目立ちましたね・・・。
それだけ磐田の追い込み方も良かったのだとは思うのですが、セレッソは球際、力強さの部分で完全に負けている印象でした。

試合はそのまま前半を終了。
セレッソはミスから失点、攻撃もシュートすら打てないかなり低調な試合となってしまいました。
後半このふがいない状況を変えられるのかどうか、ユン監督の采配にも注目の展開でしたね。

その後半、セレッソは選手交代なく試合に入ります。

序盤からセレッソも少しギアを上げて仕掛けていきます。
前半は2トップ、特に柿谷がほとんど出てきませんでしたから、ここが活きるサッカーをしていきたいところですね。

そんな中、セレッソは何ともラッキーなチャンスを得ます。
ペナルティエリアに入り込んだ杉本、ドリブルで切り込もうとしますが磐田DFに挟まれ突破できず、と思ったのですが・・・。
これがPKの判定に。
流石にこれはないと思いましたけどね・・・。
磐田から見ても、むしろ前半に自分たちにPK判定されない微妙なシーンがありましたから、これは納得できないでしょう。
ちょっとセレッソサポーターから見てもモヤモヤですね。

こんなときのPKは蹴る方も嫌なものですが、キッカーは杉本。
このPKをきっちりと左隅に決め、セレッソは本当にラッキーな同点弾。
ただ、このプレッシャーの中でゴールを決めたことは杉本も褒めるべきですね。

審判へのフラストレーションを高める磐田に対し、セレッソは少しボールが回るようになったか。
それでもシュートまで持ち込めないところはあまり改善されません。

そのセレッソは後半の30分近く、今日もあまり効果的なプレーができていない水沼を下げ、好調の福満を投入。
得点に絡むプレーを期待したいところです。
さらに柿谷を下げてヤンドンヒョンを投入。
今日は柿谷は全くと言っていいほど欲しいボールを受けることのできない試合でしたね。

ゴール前での細かなパス回しも徐々に出てきたセレッソ、最後の交代は清武を下げて高木。
気候的にも相当暑そうで、厳しいコンディションでの戦いになっていましたね。

その後はどちらかというと磐田の方がゴールに近かった印象はありましたが、セレッソの守備も体を張り、得点は許さず。
試合内容は正直負けの一戦でしたが、勝ち点1を拾った試合になりました・・・。

■期待の前線はほとんど機能せず。

今日は中2日のアウェー、気温の高い厳しいコンディションの一戦でした。
そこから考えれば勝ち点1は最悪の結果ではないでしょう。

ただ、試合内容は正直厳しいものになってしまいましたね。
シュートすら打てない時間が圧倒的に長く、磐田の訓練された激しい守備にほとんどチャンスらしいチャンスを作れませんでした。
特に前半は完全に相手のペースでしたね。

そんな中、今日は間違いなく審判のジャッジが主役になってしまいましたね。
今回はセレッソにとってラッキーな結果になりましたが、いつ逆になってもおかしくないですからね・・・。
ここ最近そんなシーンが多い気もするだけに、何とかJリーグも考えていかないといけないでしょうね。

個人で見ると、杉本、柿谷、清武が揃ったのでもっとパスが回るかと思いましたが、むしろここ最近でも低調な攻撃になってしまいました。
柿谷あたりは前半20分くらいまでボールタッチすらないのでは、というくらい試合に絡めていませんでした。
また水沼は今シーズン研究されているところもあるのか、本人の調子もあるのか、パフォーマンスが低調ですね。
福満やベンチにも入れていない田中亜土夢の方が良いのでは、と思うこともあります。

ずっと試合に出ているヨニッチと山口については、パフォーマンスに少し疑問の残る山口に対し、ヨニッチは素晴らしいとしか言いようがないですね。
今日も試合終盤に完全に相手がフリーになる場面がありましたが、そのミドルシュートも一気に詰めて体を投げ出し、ブロックするシーンがありました。
DFとボランチでは求められるプレーや運動量も違うでしょうが、このタフさはすべての選手が見習ってほしいところですね。

ともかく、今日は敗戦をラッキーな形で免れ、勝ち点1を拾った試合。
このドローを次につなげるべく、今日の反省点をすぐに来る次戦へ活かしてほしいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング