FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J1 第12節】 大雨のコンディション、清武のケガもあり収穫のないドロー。 【セレッソ大阪VS名古屋グランパス】

C大阪 0―0 名古屋
 [得点] なし


ゴールデンウィーク中も連戦が続くJリーグ。
セレッソも中2日、3日の苦しい連戦が続きます。
ケガ人が増え、なかなかやりくりの厳しい状況になっていますね。

今日は連敗が続き低迷中の名古屋とのアウェーでの一戦。
ただ、こういう相手に勝ち星をプレゼントするのもセレッソ(笑)。
強い雨というコンディションの中、きっちりと勝ち点3を手に入れることができるでしょうか。

スタメンを見ると、ターンオーバーもあるのか、柿谷、山村はベンチ。
ヨニッチ、山口はいつものように出場ですが、杉本がケガの報道で帯同していません。
FW登録はこれもケガの報道があったヤンドンヒョンと高木。
高木はトップの位置に入るのか、スタメンに同じく入っている清武をトップ下にして1トップにするのか。
一方でオスマルが復帰したことから、ボランチは山口、オスマルの組み合わせでしたね。

■大雨の厳しいコンディション、痛いドロー。

試合開始からフォーメーションを見ると、清武がヤンドンヒョンに近い位置でプレー、高木はいつも通り左という印象でしたね。

試合展開は予想通り名古屋がボールを握り、セレッソはブロックを固めながらカウンターを狙う展開。
セレッソも縦パスをバンバン入れてくる相手に対しては、意外にボールを取り切れずズルズル下がってしまう悪癖がありますから、そういった展開にはしたくないところ。

セレッソとしては高い位置で高木が相手のパスを引っ掛け、一気にゴール前まで持ち込むシーンがありましたが、こういった形は狙っていきたいですね。
今シーズンは先制点を許して苦しい試合展開にしているだけに、何とか先制点を取りたいところでした。

そしてセレッソと清武にとってはまた悪夢・・・。
前半20分過ぎに清武が左足ふくらはぎに違和感を感じて山村と交代。
しかしケガが多い選手というのはいるんですよね・・・。

その後は少しセレッソの方にペースが来ていたでしょうか。
雨だけでなく風も大分強くなってきていたように思いましたが、厳しいコンディションでの戦いになっていましたね。

ここから試合は完全に膠着状態。
双方ともにあまりチャンスらしいチャンスもなく、0-0で前半を終了。
セレッソとしては清武負傷という嫌な結果だけが残る前半になりましたね・・・。

後半、両チームとも交代なく試合へ。

ファーストシュートはセレッソの方。
縦に山村への浮き球が入り、エリアの少し外からトラップしてからのシュートでした。
ここはランゲラクにセーブされましたが、今日の天候を考えればミドルシュートも狙っていきたいところでしたね。

一方の名古屋も長谷川アーリアのシュートのこぼれ球からセレッソに圧力を掛けますが、最後は危険なところで丸橋がスライディングで良いクリア。
やはりゴール前でシュートを打つと何かが起こるだけに、セレッソももっとシュートが欲しいところでした。

得点が奪えないセレッソは福満を下げて水沼を投入。
水沼も久々のクロスからの得点シーンを見たいところですね。
雨のコンディション、ヤン・山村の高さに合わせてほしい展開でした。

雨と風が激しくなり、どんどんサッカーをするには苦しい状況の中、セレッソは最後のカード。
高木を下げて柿谷を投入します。
柿谷は左で使う形でしょうか。

柿谷が入ってから、少し攻撃が活性化したセレッソ。
早いグラウンダーのパスからチャンスを作っていこうというシーンがいくつか見られます。
水沼からのクロスもいくつか入るものの、決定機にはなりません。

そんな中、名古屋にトラブル。
セレッソのセットプレーのスタートを遅らせたとして、長谷川アーリアジャスールが2枚目のイエローカードで退場。
ちょっとこれは可哀想な気はしましたが・・・。
いずれにしてもセレッソにとってはチャンスなだけに、何とか得点を狙いたいところでした。

セレッソは柿谷を中心にチャンスを作るものの、フィニッシャーとして今日はヤンドンヒョンがダメでしたね。
決定機のシュートはヤンドンヒョンに集まっていたように思いますが、ほとんどキーパー正面か枠外。
どうしてもゴールが遠い一日でしたね。

結局試合は0-0のドロー。
雨の厳しいコンディション、早々の清武の交代があったにせよ、勝ち点3が欲しい試合でしたね・・・。

■我慢の試合が続くセレッソ、勝ち点を拾っていけるか。

今日は最下位相手の試合ということで、少し嫌な予感がありながらでしたが・・・。
やはり勝てませんでしたね(笑)。

前節の磐田戦もそうですが、どうも疲れの影響なのか、チームに覇気のようなものがなかなか感じられません。
球際も少し弱い印象ですし、ゴールをこじ開けようとする前への圧力というか。
ヤンドンヒョンも期待したようなフィニッシャーの役割がなかなかできませんね・・・。

今日の試合では清武がまたケガをしてしまったようで、杉本・清武が抜けてソウザもいないとなると、個人でやり切る選手がいなくなってしまいましたね。
膠着したときに流れを変えられる選手としてはやはりソウザが一番ですが、W杯の中断まで戻ってこないのでしょうかね・・・。

今日はあまり収穫などもない試合になってしまいましたが、それでも以前に比べればこういった中でも不用意な失点はなく、ピンチも数えるほど。
守備のベースを崩すことなく、地道にチームとしても勝ち点を稼いでいくしかないでしょう。

次節はホームに戻っての長崎戦。
J2でも結構やられた印象のある(笑)相手ですが、ここで勝ち点3を奪い取りたいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング