FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J1 第13節】 理想の前半から後半は苦戦するも、水沼のゴールで勝利を決定づける。 【セレッソ大阪 VS Vファーレン長崎】

C大阪 3―1 長崎
 [得点] C大阪:柿谷、丸橋、水沼 長崎:中村


GW最後の一戦はホームで長崎を迎えます。
ここ最近チームのパフォーマンスは下がってきている印象のあるセレッソ、ホームでの一戦で勝ち点3を挙げることができるか。
相手はシーズン最初こそ苦しんだものの、ここに来て十分にJ1でも戦えている相手だけに、簡単な試合にはなりそうにありませんでしたね。

セレッソのスタメンは柿谷、ヤンドンヒョンの2トップ。
杉本のケガは痛いところですね・・・。
2列目は左に高木、右には福満を起用。
水沼がイマイチなだけに、福満が序列を上げた印象ですね。
ボランチは前節と同じく山口、オスマルのコンビでした。

■理想的な前半から後半苦しむも、水沼のゴールで勝利を決定づける。

最初のチャンスはセレッソ。
右サイド深くにヤンドンヒョンが入り、戻したボールを山口が狙いすましてクロスを入れると、飛び込んだのは柿谷。
決定機になりましたが、柿谷の頭にヒットせずゴールには至らず。

長崎は鈴木を裏に走らせてセレッソのゴールへ直接的に狙うシーンが序盤は目立ちました。
セレッソも攻撃に掛かった後のバランスを考えておかないとピンチを招く可能性がありますね。

拮抗した流れの中、その次の決定的な場面はセレッソでした。
長崎の攻撃からカウンターを発動し、福満が裏へ走るヤンドンヒョンに見事なスルーパスを通すと、ヤンドンヒョンは中央マイナス気味にクロス。
このボールを高木が前に持ち出して強引に打つと、こぼれ球が完全フリーになった柿谷へ。
絶好のチャンスだったものの、左足のシュートはGKの正面に。
今日もあまりボールに触れる機会が少なかった柿谷ですが、ここは決めてほしかったですね・・・。

それでもこのエースに遂に「らしい」見事なゴールが生まれます!
高い位置で柿谷自身が体を投げ出してボールを奪うと、前へ飛び出す自身のところへボールが来ます。
このボールをパスも出せる体勢を保ちながらドリブルで運び、DFをあざ笑うかのように鼻先でかわしてGKと1対1に。
この場面で落ち着いてファーサイドにパスをするようなシュートを通し、柿谷自身も嬉しい久々のゴールでしたね。
チームとしても大事な先制点を奪うことができました。

さらにセレッソは理想的な追加点を奪います!
相手のボールを高い位置で奪い、柿谷が前に仕掛けたところからFKを得ます。
角度的には右足の高木が狙いやすい角度でしたが、ここでシュートを放ったのは左足の丸橋。
大きくカーブのかかったボールは右のポストを叩き、そのまま反対のサイドネットに収まる見事なゴールでしたね。
昔見た中村俊輔のような軌道のゴールで少しびっくりしました(笑)。

セレッソは長崎のチャンスもあまり作らせず、前半は2-0で終了。
理想的な前半でしたが、2-0はやはり危険なスコアでもあります。
2年前までのセレッソはここから大逆転を許すのが日常茶飯事(笑)のチームでしたが、後半をきっちりと締めることができるでしょうか。

後半、両チームとも交代なく試合に入ります。
セレッソは気を緩めることなく、前掛かりに来るであろう相手を上手くいなして追加点を狙いたい展開でしたね。

最初のチャンスはここもセレッソ。
右サイドの松田に展開されたボールに、柿谷が勢いを持ってゴール前へ飛び込み、そこへ鋭いクロスがニアに入ります。
柿谷は上手く触れれば1点という場面でしたが、ここは触れず。

すると、セレッソの悪い癖か・・・。
長崎に左サイドへ入り込まれると、ストレート系のクロス。
このボールにヨニッチがかぶると、後ろに待っていた中村にワントラップから強烈なボレーを決められてしまい、1点差に。
こういった油断からの失点はセレッソらしいと言えばそうですが、なくなりませんね。

ここからやはり長崎の方が勢いを持って前掛かって来る展開。
セレッソはこのあたりでしっかりと流れを引き戻せるかがポイントでしたね。

少しヒヤッとしたのは右サイドで相手FWファンマと争ったヨニッチが少し倒れていたシーン。
どうやら大丈夫のようでしたが、これだけ出続けているヨニッチがケガをすることがあれば一大事でした。

セレッソの良くないところはDFラインがズルズル下がってしまい、ペナルティエリアの中にまでパスを通されてあわや失点というシーンが増えていました。
どうも全体としてのバランスが悪くなっている印象でしたね。

そのセレッソ、柿谷と福満を下げて山村と水沼を投入。
山村は前ではなく後ろに入り、3バックにしてきたようです。
守備が押し込まれたところから、まず修正をしたという格好でしょうか。

ここからのセレッソの攻撃は人数がいないだけに、単発気味になっていましたね。
一方の長崎も少し攻撃が上手く入らないようになってきます。
相手の攻撃を詰まらせることができれば交代そのものは奏功していることにはなりますが・・・。

攻撃は一発のカウンターくらいしかなかったセレッソですが、その一撃が炸裂します!
左サイドに飛び出した高木が3人ほどに囲まれながらも単独での仕掛け。
上手く相手二人の間を突き、強引にゴール前まで入り込むと、外で待つフリーの水沼へパス。
水沼はこのボールを落ち着いて逆サイド側にコントロールしたシュートを放ち、値千金の追加点をもたらしましたね。
不調の感もあった水沼にゴールが生まれ、これが復調の切っ掛けになれば良いですね。

その後の長崎の反撃も抑え、セレッソは待望の勝ち点3を獲得。
前の2試合が厳しい内容でドローが続いただけに、貴重な勝ち点3になりましたね。


■高木と水沼の活躍がチームを活性化させるか。

今日はホームに帰ってきての一戦だけに、どうしても勝利が欲しかった試合。
そういった意味では最高の結果でしたね。

試合展開も前半は理想に近い展開。
2点をポンポンと奪い、後半にも期待されましたが、やはり簡単にはいかないということですね。
ユン監督は守備を固める選択をし、それが奏功したと言っていいでしょう。
全体のバランスが悪くなっていた状況から、相手に守備網の間にドンドン入られる状況に対して、後ろの枚数を増やしてきました。
これによって相手が入り込むスペースを減らし、攻撃の圧力が弱まった印象はありましたね。

その一方で相手にボールを握られることになり、最後まで我慢しきれるかが問題でしたが、そこでドリブルが武器の高木と途中出場で長いランニングができる水沼が仕事をしてくれました。
高木のドリブルは逆に攻撃の枚数が少なく思い切りできたのか、一人で完全にチャンスを作った格好でしたね。
水沼も逆サイドまで長い距離を走り、シュートも落ち着いていました。
大事な試合で素晴らしいクロス、ゴールを連発していた頃の水沼に戻ってほしいところ。

その他の選手に目を向けると、ヨニッチは失点シーンでかぶったものの、やはり代えのきかない良い選手ですね。
オスマルは早々にバテた印象で、ミスパスや重い動きが見えました。
まだまだ復帰から本調子でなく、日本のサッカーにも合わせている途中と見た方が良いのかもしれません。

いずれにせよ、アウェーでのドローが無駄にならないためにも、今日の勝利は貴重だったと言えますね。
ACLに敗退したことによって2週間の休みを久々に得るという少し皮肉なことではありますが、次の試合に向けて準備をしっかりとしたいところ。

次はアウェーで首位広島と、これも厳しい試合になることは明らかな相手ですね。
次こそは杉本、ソウザあたりは戻ってきておいてほしい一戦になりますね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング