FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【J1 第15節】 W杯中断前、圧倒される試合も高木の2発で貴重な勝利! 【セレッソ大阪VSサンフレッチェ広島】

C大阪 2―0 広島
 [得点] C大阪:高木2


鹿島との試合がACLの関係上W杯中断後となり、セレッソは2週間ぶりのJリーグ。
休みの後の首位広島とのアウェー戦が中断前最後の試合になりますね。

それにしても今シーズンの広島は強すぎて、すでに独走状態。
しっかりした守備からの攻撃、パトリックの好調さもあり、結果以上に安定感を感じますね。
セレッソとしては、優勝を狙うなら絶対に負けられない一戦となります。

セレッソはケガ人がようやく戻ってきた状態。
スタメンには杉本、清武が戻ってきました。
2トップは杉本にヤンドンヒョンと、柿谷はベンチスタート。
サポーターとしては柿谷の方を見たいところですが、高さも意識してのことでしょうか。
それであれば山村の方が・・・という人も多いでしょうが。

ボランチにはオスマルが入り、ソウザは戻っていませんね。
この夏で移籍等なければよいのですが・・・。

■圧倒された前半も、後半に途中出場の高木が爆発!

試合開始から、比較的静かな入りという印象。
どちらもシンプルに前へ蹴りこむシーンが多かったですね。

そんな中、最初の決定機はセレッソ。
左の清武のところで起点を作り、中央でフリーになった山口が右サイドを裏に抜けた福満へ。
福満はワンタッチで中央の杉本へ折り返し、杉本はきっちりとハーフボレーでゴールと見えたのですが・・・。
福満の位置でオフサイドという判定でしたが、リプレーで見るとオンサイドでしたね・・・。
残念なシーンでしたが、良い形の攻撃でした。

しかし、この後は広島がいくつかのチャンスを作ってきます。
中盤でボールを奪ってからの速い攻めにゴール前まで迫られるシーンがありましたね。
シンプルながら怖い攻撃という印象でした。

ペースとしては広島という時間が続きます。
セレッソは広島の固い守備に対して攻撃の糸口が掴めず、シュートに行く前にボールを奪われて守備に回るシーンが多かったですね。
単純なサイドからの早めのクロスであっても、パトリックあたりに落とされて簡単にピンチになる場面も見えました。

さらに時間が進んでくると、完全に広島が押し込む展開。
セレッソの失点も時間の問題というくらい、広島は簡単にコンビネーションでフリーの状況を作り、裏を取ってきますね・・・。
本当に首位のチームという印象でした。

セレッソとしてはようやく前半最後になってセットプレーや清武の前を向いてのボレーシュートなど、シュートが見られました。
ただ、正直前半は完全に広島の試合でしたね・・・。
体を張ってよく守った点はプラスでしたが、正直相手の方が上ということを感じた前半でしたね。

それでも、0-0であればまだまだ何が起きるかわかりません。
セレッソは何とか失点せずに前半を終了し、後半に勝負を賭ける展開でした。

後半、両チームとも選手交代なし。
セレッソは前半の流れを止められるのか、注目でした。

そのセレッソ、またもやという感じ。
清武が足に違和感を覚え、早々に高木に交代・・・。
自分から出ていったので重いものではなさそうですが、今シーズンもこんな状況が一年続くのでしょうかね・・・。

そして広島のセットプレーから大きなピンチ。
CKのボールをニアで合わされると、ヘディングシュートはポストに弾かれます。
スローで見ると、松田の腕に当たってからポストに当たっているのでハンドという風に見えますね。
今度は助けられたセレッソでした。

最大のピンチは右サイドを深くえぐられてからのクロス、そこからパトリックのヘディングシュートのシーンでしたね。
丸橋の上から叩きつけたシュートは決定的でしたが、キムジンヒョンがギリギリでセーブ。
完全に1点ものの場面でした。
このシーンもそうですが、パトリックは上手くセレッソの左サイド側に流れ、丸橋とのマッチアップにしているんですよね。
ここのミスマッチがピンチに繋がっている印象でした。

苦しいセレッソですが、高い位置で相手の一瞬のスキを突いてオスマルがボールを奪取。
一気にGKと1対1となりますが、角度のない形となり中へ折り返しますが、杉本は相手に阻まれシュートまで至らず。
さらに直後、右サイドを福満、松田のコンビで裏に抜けると、松田は余裕のある形からふわりとしたクロス。
中央でスクランブルとなってからヤンドンヒョンが杉本にボールを落とすものの、杉本のボレーは不発。
少し難しい高さのボールではありますが、ストライカーであれば決めてほしい場面でもありました。

段々と双方ゴール前のシーンが多くなる中、セレッソはパトリックの突破からピンチを招き、それを何とかしのいだ後でした。
キムジンヒョンからのロングボールをヤンドンヒョンがすらすと、後ろに走る高木の足元にピタリ。
そのボールを上手く運び、GKとの1対1を落ち着いて股の下を抜くシュート!
清武のケガから予定外に投入された高木が大きな仕事をやってくれましたね。

さらにこのノっている男が止まりません!
左サイドに大きく開く高木の足元へサイドチェンジのボールが入ると、仕掛けて相手を下げる働き。
ここからもう一度左サイドへボールを展開し、オスマルが深い位置からのクロス。
このボールは簡単にはじき出されるものの、その落下点に待っていたのはまたもや高木。
ワントラップしてからのボールの落ち際、強烈にミートしたボレーシュートは少しアウトに掛かり、ゴール右隅に突き刺さります!
見ている方もびっくりするくらいの素晴らしいシュートが決まり、予想外の2点差となりましたね。

その後、広島が圧倒的に押し込むものの、セレッソの集中した守備は変わらず。
最後まで広島の攻撃を弾き返し、2-0というアウェーで首位との一戦、最高の結果を挙げましたね!


■MOMは完全に高木、キムジンヒョンと山口も流石の出来。

今日は厳しい試合になると思っていたものの、それ以上に圧倒される試合でした。
広島のチームとしての完成度の高さを感じる試合でしたね。
先日の磐田戦と同じくらい何もできない時間帯があったように思います。

それでも、今日は失点せずに集中力を保ち続けた守備陣は高く評価できる、そんな試合だったと思います。
特にキムジンヒョンは今日も2点くらいは防いでいた印象でした。
パトリックだけでなく、選手がきちんと攻守に連動して動くことのできる広島はやはり首位、という印象が強く残りました。

そんな中、今日は2トップにイマイチの感があったものの、耐えた後にご褒美が待っていました。
途中出場となった高木は良いときと悪いときが極端な気がしますが、今日は完全に良いときでしたね(笑)。
守備でも少し前線からの守備が上手くいっていない印象がありましたが、積極的な前へのプレスが印象的でした。
さらに、2つのチャンスで見事に2つのゴールを決めてしまうあたり、やはり能力は凄いものがありますね。

MOMは完全に高木ですが、キムジンヒョンに加えて今日は山口も素晴らしい出来だったように思います。
中盤での守備の仕事はもちろん、逆サイドへのロングパスを何度も通し、セレッソへ流れを持ってきた印象も残りましたね。
日本代表に選ばれる資格を感じさせるような今日のプレーだったように思います。

これでW杯前のスケジュールは終了。
2週間休んでからまた中断というのも複雑でしょうが、中断明けはまたハードな過密日程が待っています。
疲れを取ると同時に、前半戦の反省点を活かし、後半戦の飛躍を期待したいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング