FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

【2018 日本代表TM】 連携不足を露呈、期待の持てないまま本番へ。 【VSガーナ】

日本 0―2 ガーナ


いよいよ間近に迫った2018ロシアW杯。
直前でハリルホジッチ監督が解任され、西野監督となっての挑戦になっています。
過ぎたことを言っても仕方ないですが、ここまでの時間は少しもったいなかったように感じますね。
ハリル監督も本番に強いタイプの監督でしょうから、一番意味のなかった時間というか。

若い選手の突き上げもあまりなく、平均年齢の高い大会になりそうです。
中島は直前の代表戦でも光るものは見せたわけですから、選んでよかったと思いますが・・・。

さて、今日は監督交代後の初戦、トレーニングマッチのガーナ戦です。
相手がどこまで本気かは怪しいところですが、数少ない実戦でどれだけ収穫と課題を見つけられるかですね。

スタメンは戦前の予想通り、3バックを採用してきました。
1トップに大迫、シャドーは本田、宇佐美。
ボランチに大島と山口、WBに長友と原口でした。
3バックは真ん中に長谷部、吉田と槙野、GKは川島でした。
欧州であれだけ結果を出している酒井宏を使えないのはもったいない気がしますね。
ケガの影響だけなのかもしれませんが、そうすると今度は原口をどこで使うか、ということにもなります。

■国内最後の一戦は連携不足を露呈、希望の持てないまま完敗。

試合開始から、今日とった3バックの守備の面での課題が見えるプレーが。
ガーナが簡単に3バックの脇、日本の右サイドに抜けられると、1対1から突破されていきなりのピンチでしたね。
このあたりはWBが下がりすぎれば5バックになり、攻守のバランスと組織としてのカバーリングのむずかしさがあるところ。

一方の日本も宇佐美のキープから左サイドで長友が抜け出し、アーリークロスから大迫がシュートする場面も。
サイドからの攻撃が積極的に出れば、良いところも見えてくるのかもしれません。

ただ、日本は本番であれば絶対にやってはいけない失点を喫します。
ゴール前で槙野がファウルを犯すと、そこからの直接FKをあっさりと決められてしまいます。
ここは壁が割れているところから低い速いシュートが入りましたから、壁の作りがそもそもどうだったのか。
先制点を奪われるということは大きなビハインドですから、本番では絶対にこういうことをしてはいけない、という場面でした。

その後は少し落ち着いた展開に。
日本はそれなりにパスは回るものの、シュートまでの形はなかなか作れないですね。
それほどチーム全体が悪いという印象はないですが。
ただ、山口はプレーがワンテンポ遅いというか、ちょっとイマイチな感がありました。

日本の攻撃はサイドで上手く抜け出せれば、そこから大迫の頭というシーンが多かったですが、決定力の面では少し苦しいですね。
途中にあったように宇佐美のミドルシュートや、少数のコンビネーションで崩す形も出てくれば、攻撃は以前より面白味は出そうな印象はありました。

日本もセットプレーなどからシュートの場面が少しずつ出るものの、ゴールは遠かったですね。
前半は失点以降それほどピンチも作らなかったものの、得点は奪えず。
0-1のビハインドで後半を迎えることに。

後半、日本は当然テストも意味からも3名を交代。
大迫、宇佐美、原口を下げて武藤、香川、酒井高を投入。
フォーメーションは変えないようですね。

後半早々、日本はチャンス。
左サイドを香川のスルーパスから長友が抜け出し、クロス。
このボールは大きく流れるものの、酒井高が戻したボールから山口がクロスを上げると、ニアで合わせたのは武藤。
このヘディングシュートは枠を外れます。

ガーナの入りも緩いのか、香川から良いボールが配給され、結構裏を突けるシーンが多かったですね。
良い流れの中で得点を奪えればという状況でしたが・・・。

ここでまだ日本は連携不足もあるのかもったいないプレー。
ガーナが簡単に裏に出したボール、長谷部と川島の連携が悪く、どちらもボールを触れずに相手に前に運ばれ、そこに飛び込んだ川島が相手を倒してしまいPK・・・。
これをきっちり決められてしまい、直前に監督、フォーメーションを変えてきた悪いところがはっきり見えてしまったのかもしれません。

前半も後半も、つまらないミスからあっさりと失点する日本。
これは内容とも少し違う、結構困った失点ですね。
はっきりと戦術的に原因を求められる失点であればよいですが、こういった何とも言えない失点は難しいですね。

点を取りにいくしかない日本は本田、山口を下げて岡崎と柴崎を投入。
前を2トップにして香川をトップ下にしたようです。
ところで、山口は本当に今日はダメでしたね・・・。
判断の遅さ、パススピードの遅さ、取られてはいけないところでのパスミス。
安泰なんて言われていましたが、これでは雲行きが怪しくなってきました。

後のない日本、得点が取れないまま時間は過ぎる中で最後の交代は長谷部を下げて井手口。
ここで4バックにして4-4-2になっていました。

ここからは日本が攻めるシーンは多いものの、やはりコンビネーションが合ってきません。
柴崎がかなり意識してと思いますが、早い球足のボールを前にバンバン出していましたが、2トップの岡崎と武藤の息が合わないシーンもありました。
ここに来て香川が消えている時間帯でもありましたね。

結局最後まで得点は生まれず。
0-2で日本を発つという前途多難を感じさせる一戦になりましたね。

■このままでは期待できないまま本番へ。

今日は監督交代して少しの期待感もあった試合でしたが、結果はさっぱりでしたね(笑)。
確かに前監督よりはパスを繋ぐシーンは多かったものの、結局チャンスそのものが作れていません。
一方で守備は相手の攻撃もそれほど圧力のあるものではありませんが、安い失点をした印象ですね。
1点目は壁の作り方にも問題があったでしょうし、2点目は単純なDFとGK間の連係ミス。
脱力してしまう失点シーンでした。

また、攻撃も個々のプレーが中心でなかなか連携した形も見えず。
W杯は強い相手ばかりですから、正直3バックはこのままでは厳しい印象ですね。
今日のプレーで見れば長谷部と柴崎のボランチで、今までどおりの4バックで勝負した方が良いように正直見えました。
粘り強く守備主体にハードワークし、一発に賭ける弱者の戦い方しか正直ムリなような気がしますが・・・。
今から攻撃の形をチームとして作るなんて正直不可能に近い気もします。
日本は元々チャンスメイクできる選手はいても、決めるところの選手が不足しているわけですから、個人の力に頼っても決定機はなかなか短時間で作れるようにはならないのではないでしょうか。

いずれにしても、今日の試合を見る限りあまり期待せず本番を迎えそうですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング