FC2ブログ

サッカー(特にセレッソ大阪)、漫画、アニメ、ネット上の面白いもの、趣味に関することを雑多に書き綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J1 第20節】 一向に改善されない攻撃、低迷する相手にも敗戦。 【セレッソ大阪VSサガン鳥栖】

C大阪 0―1 鳥栖
 [得点] 鳥栖:吉田


夏場の連戦で苦戦が続くセレッソ。
先日のミッドウィーク、神戸との一戦もパフォーマンスの向上が見られず、ドローとなっています。
中断明け3分2敗はかなりのブレーキですね。

見ているととにかく走れないという印象が残ります。
単純な走量ではなく、ここぞという攻守の場面でチームとして人数を掛けることができず、個人頼みになっている点が多いですね。

今日はフェルナンドトーレスの加入した鳥栖。
まだチームは浮上していませんが、こういった相手にセレッソはやられる印象もあります(笑)。

セレッソのスタメンには杉本とヤンドンヒョン。
この機能したところをほとんど見たことがない2トップがどうなるでしょうか。
ケガなのか、柿谷はベンチにも入っていませんでしたね。

■不用意な失点、機能しない攻撃。

双方ともあまりうまくいっていないチームですが、どちらかというとセレッソの方がボールを持っていたでしょうか。
ただ、フィニッシュのところまで至らず決定機は生まれません。
戻ってきた清武もまだいまいちという印象がありますね。

そんな中、セレッソは自らのミスで先制点を献上することに。
DFの裏に来たボールを木本がGKへ難しい浮かせたバックパスを送ってしまい、これがCKに。
すると、CKからのクロスは一旦弾くものの、セカンドボールを吉田にダイレクトのミドルシュートを決められてしまい、あっさり失点。
この対応も山口が中途半端な寄せでシュートを打たれてしまいましたね。
今日もまた嫌な展開で試合を進めることになりました。

セレッソはその後もなかなか効果的な攻撃を生み出すことができません。
2トップのメリットみたいなものがなかなか見られないんですよね・・・。

チャンスの作れない中、セットプレーから木本がどフリーのヘディングの場面があったものの、GKの正面に。
ここ最近、セットプレーくらいしか可能性がないだけに、きっちり決めておきたかったですね。

その後もセレッソは単発の攻撃しか出せず。
とにかく2トップが縦パスを引き出す場面がほとんどなく、鳥栖DFは常に前を向いてサイドから放り込まれるボールをはね返す場面ばかりだったように感じました。
一方の鳥栖もそれほど良いとは思いませんでしたが、金崎あたりが個の力でも点を取りそうな雰囲気はありましたね。

結局、試合は0-1で前半を終了。
セレッソは最近の試合と全く変わらず、手詰まりの攻撃に、低い位置でのミスも絡んで見ていてストレスのたまる試合でしたね・・・。

後半、セレッソは交代なく試合に入ります。

セレッソは清武からのクロスをヤンドンヒョンに合わせるプレーなどもあるものの、やはりチャンスは単発。
ボールを持った選手が、ボールを受けてからパスの出し先を考えているシーンが多いのが印象的でしたね・・・。
高木あたりを途中投入しない限り、チャンスも生まれなさそうな状況でした。

セレッソにとって決定機だったのは左サイド丸橋からのグラウンダーのクロスの場面。
マイナスに入ったボールに杉本が完全にフリーも、ダイレクトで右足のインサイドキックで狙ったシュートは枠の外・・・。
どう考えてもどこかで休ませた方が良いというパフォーマンスが続いていますが、ユン監督は使い続けていますね。

鳥栖のカウンターにヒヤヒヤしつつも、杉本にもう一度チャンス。
清武のクロスに対してDFの前に入り、ヘディングの場面も枠外。
入り方は良いですが・・・。
とにかくゴールが遠いですね。

苦しいセレッソはヤンドンヒョンを下げて山内を投入。
最近ユン監督に使われていますね。
前線にない「動き」を出してほしいところです。

直後、セレッソは大ピンチ。
鳥栖のゴールキックからトーレスがボールを逸らすと、金崎が抜け出してGKと1対1.
しかしここはキムジンヒョンがよく我慢してシュートブロック。
チームを救うセーブでした。

その後、セレッソは左サイドの清武からのクロスでチャンスが増えていた印象ですね。
前で潰れた裏に入った山内へのクロスも絶妙でしたが、フリーでのヘディングはバーの上・・・。

後のないセレッソは水沼を下げて高木を投入。
高木をそのまま右に入れましたね。
清武と逆にした方が良い気もしましたが、直後に清武と福満を替えたことにより、高木がいつもの左サイドへ。

セレッソは最後の時間帯にセットプレーを何度か仕掛けますが、ゴールが遠い。
高木のクロスがポストに当たり、跳ね返りを木本が押し込んだように見えましたが、ボールを抑えたところでハンド。

結局、試合はこのまま0-1で終了。
浮上の切っ掛けも見えないまま、中断明け未勝利が続くことになりましたね。

■夏場に崩れる原因は何か、将来に向けて分析を。

今日もまたストレスのたまる試合となりました。
攻守がバラバラな印象ですね。
一定の守備の固さはあるものの、とにかく攻撃の形、人が連動した動きが全くなく試合が停滞しっぱなし。
これではどこと試合しても勝ちは遠いですね・・・。

杉本は本当に休ませた方が良いですね。
ただ、その代わりもいないわけですが(笑)。
無理に2トップにせず、山村あたりを前に置いて2列目を3枚にすれば良い気もしますが、ユン監督はその形を取りませんね。
明らかに2列目の方に人材がいると思うのですが。
とにかく前線に流動性と動きがないだけに、意図的に作っていくことも大事と思いますが、守備の形と高さが失われることを気にしてのことでしょうか。
その割にセットプレーで毎回高さとは違うところで失点しているのは皮肉なことです。

これで上位からもずるずると落ちていっているセレッソ。
夏場の立て直しもできないほどの連戦の中、この原因が一体何なのか、チームはよく考えてほしいところです。
昨年も同じことがありました。
ユン監督が今までのチームよりも戦える、J1に定着できそうなチーム作りはしているだけに、この課題を乗り越えられればという気持ちもあります。

厳しい連戦の中、何とか立て直してほしいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。